言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 谷垣 勝己
 

谷垣 勝己

 
アバター
研究者氏名谷垣 勝己
 
タニガキ カツミ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ecc0bb03b75d7e823268e18c06e65e21.html
所属東北大学
部署材料科学高等研究所 材料物理
職名名誉教授
学位工学博士 物質工学専攻(横浜国立大学)
J-Global ID200901055820410464

研究キーワード

 
energy conversion functions ,thermoelectrics ,phonon ,electron ,magnetism ,transport (electric and thermal) ,superconductivity ,ナノ構造物質 分子半導体 超伝導 電気・熱伝導 磁性 電子物性 フォノン 熱電変換 エネルギー変換機能

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス / 
  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学 / 
  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学 / 
  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系 / 

経歴

 
1980年4月
 - 
1989年3月
日本電気(株)中央研究所   
 

学歴

 
 
 - 
1989年3月
横浜国立大学 工学研究科 
 
 
 - 
1980年3月
横浜国立大学 工学研究科 
 
 
 - 
1953年3月
横浜国立大学 工学部 
 

受賞

 
2000年10月
大阪科学技術財団, 大阪科学賞,ナノクラスタ物質の合成と物性
 
1993年3月
日本電気(株), NEC研究特別賞,フラーレンの研究開発
NEC基礎研究所物性グループ 
 

論文

 
 
下谷 秀和   谷垣 勝己   
応用物理   89(5) 278-2812020年   [査読有り]
<p>電流注入で駆動される無機半導体レーザーは小型軽量で低価格であることや変調が容易であることから通信や測定,光ディスクの読み書きなどさまざまな機器に応用されているが,新たな波長のレーザーの開発は容易ではない.その活性層を有機半導体に置き換えると,材料の設計自由度の高さからさまざまな波長のレーザーの開発が可能になると期待される.我々のグループでは有機単結晶電界効果トランジスタ構造を基にした電流駆動有機半導体レーザーの研究を行っている.本稿では,最近実現されたレーザー発振に起因すると考えられ...
 
Ichimura Kakeru   Matsushita Stephane Yu   Huynh Kim-Khuong   Tanigaki Katsumi   
APPLIED PHYSICS LETTERS   115(5) 2019年7月   [査読有り]
 
Shang Hui   Shimotani Hidekazu   Kanagasekaran Thangavel   Tanigaki Katsumi   
ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   11(22) 20200-202042019年6月   [査読有り]
 
Matsushita Stephane Yu   Huynh Kim-Khuong   Tanigaki Katsumi   
PHYSICAL REVIEW B   99(19) 2019年5月   [査読有り]
 
Huynh Kim-Khuong   Ogasawara Takuma   Kitahara Keita   Tanabe Yoichi   Matsushita Stephane Yu   Tahara Time   Kida Takanori   Hagiwara Masayuki   Arcon Denis   Tanigaki Katsumi   
PHYSICAL REVIEW B   99(19) 2019年5月   [査読有り]

MISC

 
 
Kim-Khuong Huynh   Takuma Ogasawara   Keita Kitahara   Yoichi Tanabe   Stephane Yu Matsushita   Time Tahara   Takanori Kida   Masayuki Hagiwara   Denis Arčon   Katsumi Tanigaki   
2018年11月   
We report the discovery of a novel giant magnetoresistance (GMR) phenomenon<br />
in a family of BaMnTexPnTex antiferromagnets (Pn stands for P, As, Sb,<br />
and Bi) with a parity-time symmetry. The resistivities of these materials are<br /...
 
Tatsunori Okada   Yoshinori Imai   Takahiro Urata   Yoichi Tanabe   Katsumi Tanigaki   Atsutaka Maeda   
2017年12月   
In order to clarify the electronic state and the mechanism of energy<br />
dissipations by the motion of the vortex core in the quantum limit, we measured<br />
the microwave complex conductivity of pure FeSe single crystals in the<br />
zero-fiel...
 
小笠原拓磨   北原慶太   HUYNH Khuong K   五十嵐馨   青山拓也   大串研也   田原大夢   木田孝則   萩原政幸   谷垣勝己   
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(2) ROMBUNNO.23aF21‐32017年9月   
 
田邉洋一   伊藤良一   伊藤良一   菅原克明   北條大介   越野幹人   藤田武志   相田努   XU Xiandong   HUYNH Khuong Kim   下谷秀和   阿尻雅文   高橋隆   高橋隆   谷垣勝己   谷垣勝己   青木秀夫   青木秀夫   CHEN Mingwei   
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(1) ROMBUNNO.17pB21‐102017年3月   
 
田邉洋一   伊藤良一   伊藤良一   菅原克明   北條大介   越野幹人   藤田武志   相田努   XU Xiandong   HUYNH Kim Khuong   下谷秀和   阿尻雅文   高橋隆   高橋隆   谷垣勝己   谷垣勝己   青木秀夫   青木秀夫   CHEN Mingwei   
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th ROMBUNNO.15p‐B6‐142017年3月   

書籍等出版物

 
 
谷垣勝己(担当:共著, 範囲:フラーレン誘導体・超伝導体の最近の状況(コラム欄担当))
共立出版      2016年6月1日   (ISBN:9784320044227)   
 
豊田直樹, 谷垣勝己(担当:共著)
   2010年8月25日      
 
谷垣勝己, 監修, 梶川武信(担当:共著, 範囲:クラスレートと熱電変換材料)
NTS      2008年8月      
 
谷垣勝己(担当:共著, 範囲:614頁-621頁:フラーレンの電子物性の薄膜電子素子への応用)
NTS出版      2007年8月      
 
谷垣勝己(担当:共著)
培風館      2005年6月      

講演・口頭発表等

 
 
電場駆動有機半導体レーザの特性
谷垣 勝己   カナガセカラン サンガベル   小貫 駿   三浦 大輝   下谷 秀和   
第79回応用物理学会秋季学術講演会   2018年9月20日   
 
電気輸送特性からみたA3C60のモット境界における電子状態
谷垣 勝己   松田 祐貴   平郡 諭   
第55回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム   2018年9月12日   
 
電流駆動有機半導体レーザの構造と物性
谷垣勝己   下谷秀和   Thangavel Kanagasekara   小貫駿   三浦大輝   
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月11日   
 
電気輸送および磁気特性からみたモット絶縁体領域のA3C60超電導体の電子状態
谷垣勝己   平郡諭   松田祐貴   
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月10日   
 
Giant magnetoresistance in magnetic multipolar BaMn2Pn2 (Pn = As, Sb, Bi)
K.-Khuong Huynh   T. Ogasawara   T. Tahara   T. Kida   M. Hagiwara   K. Tanigaki   
日本物理学会2018年秋季大会   2018年9月9日   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ物理学会
 
   
 
日本応用物理学会
 
   
 
日本物理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
幾何対称性と物質科学国際共同研究(0078)
研究期間: 2010年4月 - 現在
 
研究期間: 2008年10月 - 現在
 
研究期間: 2007年10月 - 現在
 
新規超伝導体の研究その他の研究制度
研究期間: 2000年4月 - 現在
 
ナノ構造材料の合成と物性科学研究費補助金
研究期間: 1980年4月 - 現在

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2005年12月10日 - 2005年12月11日
文部科学省の調査・企画研究の補助を受けて、ナノ構造物質の会議を東北大学マルチメディア棟で開催した。

メディア報道

 
 
2005年8月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
東北大学ーJozef Stefan Institute国際共同研究を推進する。クラスレート化合物におけるNMR実験をJozef Stefan研究所において実施する。また、他の研究グループとの競争状況を考慮して、3d鉄ニクタイド物質のDirac-cone状態の局所電子状態のNMRを用いた研究を、本年度に前倒して実施する。さらに、両機関の研究議論をより活性化させることを目的として、Jozef Stefan Instituteにおいて「物質の幾何対称性と物性」に関する講義と研究議論を実施する。
 
 
太陽電池を開拓するための、ナノ材料の開発および議論
 
 
2008年3月 - 2008年3月
ECO COSMOが行っているシラスバルーンに関して、東北大学工業会の依頼でアドバイスを行う。
 
 
イデアルスターの行っている内包フラーレン研究に関してアドバイスを行う。
 
 
石川播磨と横浜市立大学が行っているドラックデリバリ研究に関してアドバイスを行う。