言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 古川 善博
 

古川 善博

 
アバター
研究者氏名古川 善博
 
フルカワ ヨシヒロ
URLhttps://sites.google.com/view/yoshihirofurukawa/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
所属東北大学
部署大学院理学研究科・理学部 地学専攻
職名准教授
学位博士(理学)(東北大学)
J-Global ID200901029043717541

プロフィール

初期地球や初期太陽系で起こった,生命の起源に向けた化学進化の謎を解明するために,地球科学的な知見・手法と有機化学的・分析化学的手法を組み合わせて研究を行っています.

研究キーワード

 
核酸塩基 ,,アミノ酸 ,生命の起源 ,初期太陽系 ,初期地球

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 地球生命科学 / 
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
東北大学ディスティングイッシュトリサーチャー   
 
2017年10月
 - 
現在
東北大学 大学院理学研究科 准教授 
 
2013年4月
 - 
2017年10月
東北大学 大学院理学研究科 助教 
 
2014年2月
 - 
2014年5月
Foundation for Applied Molecular Evolution  客員外国研究員 
 
2009年2月
 - 
2013年3月
東北大学 大学院理学研究科 GCOE 助教 
 

学歴

 
 
 - 
2009年1月
東北大学 理学研究科 地学専攻
 
 
 - 
2004年3月
東北大学 理学部 地球物質科学科
 

委員歴

 
2021年10月
 - 
現在
日本地球化学会  理事
 
2020年8月
 - 
現在
生命の起原および進化学会  運営委員
 
2020年1月
 - 
現在
Geochemical Journal  副編集長
 

受賞

 
2017年4月
文部科学省, 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2014年9月
日本地球化学, 日本地球化学会奨励賞
 
2009年3月
青葉理学振興会, 青葉理学振興会賞
 

論文

 
 
Yuta Hirakawa   Takeshi Kakegawa   Yoshihiro Furukawa   
Scientific Reports   12(1)    2022年12月
<jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>Polymers of ribonucleotides (RNAs) are considered to store genetic information and promote biocatalytic reactions for the proto life on chemical evolution. Abiotic synthesis of ribonucleotide was successful...
 
Yasuhiro Oba   Yoshinori Takano   Yoshihiro Furukawa   Toshiki Koga   Daniel P. Glavin   Jason P. Dworkin   Hiroshi Naraoka   
Nature Communications      2022年12月
 
Yutaro Tanaka   Mihoko Maruyama   Atsushi Okada   Yoshihiro Furukawa   Koichi Momma   Yuki Sugiura   Rie Tajiri   Koichi P Sawada   Shunichi Tanaka   Kazufumi Takano   Kazumi Taguchi   Shuzo Hamamoto   Ryosuke Ando   Katsuo Tsukamoto   Masashi Yoshimura   Yusuke Mori   Takahiro Yasui   
Scientific reports   11(1) 16841-16841   2021年8月
The pathogenesis of kidney stone formation includes multi-step processes involving complex interactions between mineral components and protein matrix. Calcium-binding proteins in kidney stones have great influences on the stone formation. The spat...
 
Wataru Fujiya   Yoshihiro Furukawa   Haruna Sugahara   Mizuho Koike   Ken-ichi Bajo   Nancy L. Chabot   Yayoi N. Miura   Frederic Moynier   Sara S. Russell   Shogo Tachibana   Yoshinori Takano   Tomohiro Usui   Michael E. Zolensky   
EARTH PLANETS AND SPACE   73(1)    2021年6月
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) will launch a spacecraft in 2024 for a sample return mission from Phobos (Martian Moons eXploration: MMX). Touchdown operations are planned to be performed twice at different landing sites on the Phobos su...
 
Saeka Masuda   Yoshihiro Furukawa   Takamichi Kobayashi   Toshimori Sekine   Takeshi Kakegawa   
ASTROBIOLOGY   21(4) 413-420   2021年4月
Formaldehyde (FA) is an important precursor in the abiotic synthesis of major biomolecules including amino acids, sugars, and nucleobases. Thus, spontaneous formation of prebiotic FA must have been crucial for the chemical origin of life. The freq...

MISC

 
 
古川善博   
化学   75    2020年
 
 
古川 善博   
細胞工学   35(2) 107-110   2016年1月   
 
古川 善博   鈴木 千月香   小林 敬道   関根 利守   中沢 弘基   掛川 武   
日本惑星科学会秋期講演会予稿集   2014 "O6-05"   2014年9月
 
関根康人   高野淑識   矢野創   矢野創   船瀬龍   高井研   高井研   石原盛男   渋谷岳造   橘省吾   倉本圭   薮田ひかる   木村淳   古川善博   
日本惑星科学会誌 遊・星・人   21(3)    2012年

書籍等出版物

 
 
Yoshihiro Furukawa(担当:共著, 範囲:RNA Synthesis Before the Origin of Life)
Springer   2019年3月      
 
鳥海光弘, 他(担当:分担執筆, 範囲:冥王代地球の痕跡)
朝倉書店   2018年4月      

講演・口頭発表等

 
 
日本分子生物学会   2020年12月4日   [招待有り]
 
古川 善博   
Gordon Research Conference, Origin of life   2018年1月14日   [招待有り]
 
古川 善博   
Hayabusa symposium 2017   2017年12月   [招待有り]
 
古川 善博   
日本進化学会   2017年8月25日   [招待有り]
 
古川 善博   
Gordon Research Conference, Origin of Life   2014年1月   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
生命の起原および進化学会
 
   
 
日本地球化学会
 
   
 
ISSOL The International Astrobiology Society
 
   
 
Geochemical Society

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
初期太陽系で生成した糖とそのキラリティー:生命構成分子の新たな起源の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
古川 善博 大河内 直彦 力石 嘉人 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
初期地球物質が生命起源に果たした役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
掛川 武 古川 善博 小林 敬道 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
炭素質隕石の有機分子分布イメージングへの挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
古川 善博 中村 智樹 宇留野 晃 三枝 大輔 齋藤 律水 
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月

産業財産権

 
 
関根利守   中澤弘基   中澤暁   掛川武   古川善博   大原祥平   

メディア報道

 
 
朝日新聞   2020年6月   [新聞・雑誌]
 
日経新聞   2019年11月   [新聞・雑誌]
 
NHK   おはよう日本   2019年11月   [テレビ・ラジオ番組]
 
BBC World News   2019年11月   [テレビ・ラジオ番組]
 

その他

 
 
イメージング質量顕微鏡を用いて炭素質隕石に含まれる有機物の分布を明らかにする。
 
 
生命のRNAを構成するリボースや核酸塩基などの物質は初期地球の一般的な環境では生成や重合が難しいと考えられている。本研究では初期地球の様々な環境に対応した条件でこれらの生成を明らかにする。
 
 
高温高圧下での多環芳香族炭化水素の安定性と重合を明らかにすることにより地下深部での炭素循環に制約を与える
 
 
隕石の高速衝突では、隕石構成鉱物と初期地球の海洋、大気間での化学反応が起こることが知られている。本研究では初期地球に置けるこのような隕石の高速衝突がどのような有機物を生成したのかを明らかにする。