言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 大坪 和香子
 

大坪 和香子

 
アバター
研究者氏名大坪 和香子
 
 
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻 食品機能健康科学講座 動物資源化学分野
職名助教
学位博士(理学・Dr. rer. nat.)(マックスプランク国際研究大学院・マールブルク大学), 修士(生命科学)(東北大学大学院生命科学研究科), 学士(農学)(東北大学農学部)
科研費研究者番号00598203
J-Global ID201601013886940457

プロフィール

よく知られている環境中の、まだ知られていない微生物の多様性や機能に興味があります。 研究室HP:https://www.agri.tohoku.ac.jp/lacto/
https://tohokuagri.wixsite.com/lapc

研究キーワード

 
農芸化学 ,微生物群集構造 ,動物科学 ,腸内細菌 ,機能性食品 ,メタゲノム ,嫌気性細菌 ,プレバイオティクス ,プロバイオティクス ,食品微生物学 ,腸内細菌叢 ,環境微生物工学 ,微生物生態学 ,応用微生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 微生物生態学
  • ライフサイエンス / 応用微生物学 / 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 食品微生物学
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科  助教 
 
2018年9月
 - 
2019年6月
ワーゲニンゲン大学(オランダ)動物科学研究科 客員研究員   
 
2009年12月
 - 
2015年3月
東北学院大学 工学総合研究所 研究員   
 
2008年9月
 - 
2008年11月
東北大学大学院生命科学研究科 博士研究員   
 
2004年5月
 - 
2008年8月
マックスプランク陸生微生物学研究所   
 

学歴

 
 
 - 
2007年12月
マールブルク大学 Philipps-University Marburg  
 
 
 - 
2007年12月
マックスプランク国際研究大学院 (IMPRS-Mic)  
 
 
 - 
2004年3月
東北大学大学院 生命科学研究科 博士課程前期  
 
 
 - 
2002年3月
東北大学 農学部  
 

委員歴

 
2021年4月
   
 
東北畜産学会  会計幹事
 
2020年
 - 
2021年
Animals  Special Issue Editor
 
2020年
 - 
2021年
Frontiers in Microbiology  Topic Editor
 
2019年
   
 
日本無菌生物ノートバイオロジー学会  評議員
 

受賞

 
2021年3月
東北大学, 2020年度 東北大学優秀女性研究者賞「紫千代萩賞」,腸内細菌の多様性と機能性およびその有効利用の研究
大坪和香子 
 
2020年11月
日本ウマ科学会, 第33回学術集会 最優秀発表賞,同所飼育環境下のウマにおける腸内常在細菌の個体間伝播
大坪和香子 
 
2017年6月
日本無菌生物ノートバイオロジー学会, 佐々木正五賞
大坪和香子 
 
2016年9月
農学研究科, 平成28年度先端農学研究奨励賞
 

論文

 
 
Wakako Ikeda-Ohtsubo   Adrià López Nadal   Edoardo Zaccaria   Masahiko Iha   Haruki Kitazawa   Michiel Kleerebezem   Sylvia Brugman   
Frontiers in nutrition   7 67-67   2020年   [査読有り]
Fucoidan represents fucose-rich sulfated polysaccharides derived from brown seaweeds, which exerts various biological activities applicable for functional foods and therapeutic agents. The objective of the present study was to investigate in vivo ...
 
大坪 和香子   北澤 春樹   
東北畜産学会報   68(1) 1-7   2018年6月   
 
Wakako Ikeda-Ohtsubo   Sylvia Brugman   Craig H Warden   Johanna M J Rebel   Gert Folkerts   Corné M J Pieterse   
Frontiers in nutrition   5 90-90   2018年   [査読有り]
All multicellular organisms benefit from their own microbiota, which play important roles in maintaining the host nutritional health and immunity. Recently, the number of studies on the microbiota of animals, fish, and plants of economic importanc...
 
Wakako Ikeda-Ohtsubo   Jürgen F H Strassert   Tim Köhler   Aram Mikaelyan   Ivan Gregor   Alice C McHardy   Susannah Green Tringe   Phil Hugenholtz   Renate Radek   Andreas Brune   
Environmental microbiology   18(8) 2548-64   2016年9月   [査読有り]
Termite gut flagellates are typically colonized by specific bacterial symbionts. Here we describe the phylogeny, ultrastructure and subcellular location of 'Candidatus Adiutrix intracellularis', an intracellular symbiont of Trichonympha collaris i...

MISC

 
 
犬童 優樹   Zhou Binghui   Islam Md. Aminul   宮崎 綾子   大坪 和香子   須田 義人   麻生 久   Villena Julio   北澤 春樹   
日本畜産学会大会講演要旨集   126回 85-85   2019年9月   
 
友常 加惠   水野 滉也   周 冰卉   犬童 優樹   Villena Julio   Albarracin Leonardo   Islam Md. Aminul   西山 啓太   大坪 和香子   北澤 春樹   
日本畜産学会大会講演要旨集   126回 86-86   2019年9月   
 
湯澤 真央   佐藤 菜   小松 稜弥   高木 理宏   大坪 和香子   麻生 久   北澤 春樹   
ミルクサイエンス   68(2) 148-148   2019年8月   
 
友常 加惠   水野 滉也   周 冰卉   Albarracin Leonardo   Islam Md Aminul   西山 啓太   大坪 和香子   Villena Julio   佐々木 泰子   北澤 春樹   
ミルクサイエンス   68(2) 148-148   2019年8月   
 
土田 咲絵   大坪 和香子   須田 義人   北澤 春樹   
ミルクサイエンス   68(2) 150-150   2019年8月   

書籍等出版物

 
 
出島有紀子, 大坪和香子(担当:共著, 範囲:Internet-Age Parents and Children after the 2011 Earthquake and Tsunami)
University Press of Kentucky   2016年      

講演・口頭発表等

 
 
Lactobacillus plantarum CRL1506における抗ウイルス性イムノジェニクスの解明
舟橋 龍太郎   水野 滉也   友常 加恵   友清 帝   Md. Aminul Islam、Leonardo Albarracín   大坪 和香子   麻生 久   Julio Villena   北澤 春樹   
日本畜産学会第128回大会   2021年3月29日   
 
ウシ乳腺上皮細胞によるイムノバイオティクスの選抜・評価系構築
福山 皓太朗   高木 理宏   Md. Aminul Islam   Leonardo Albarracin   須田 義人   大坪 和香子   野地 智法   麻生 久   Julio Villena   北澤 春樹   
日本畜産学会第128回大会   2021年3月29日   
 
Immunododulatory properties and the genomic studies of immunobiotics and immunosynbiotic characterization
周 冰卉   犬童 優樹   Leonardo Albarracin   舛水 由季   Aminul Islam   大坪 和香子   麻生 久   Julio Villena   北澤 春樹   
日本畜産学会第128回大会   2021年3月29日   
 
同所飼育環境下のウマにおける腸内常在細菌の個体間伝播
大坪 和香子   Jasper   A.J. Eikelboom   山川雄大   米山裕   西村順子北澤春樹   
日本ウマ科学会第33回学術集会   2020年11月30日   
 
新規イムノバイオティクス候補となる酪農乳酸菌の 特異的検出・同定のための新規プライマーの開発
土田咲絵   大坪和香子   須田義人   北澤春樹   
日本乳酸菌学会2020年度大会   2020年11月27日   

所属学協会

 
 
   
 
日本農芸化学会
 
   
 
東北畜産学会
 
   
 
日本生物工学会
 
   
 
日本無菌生物ノートバイオロジー学会
 
   
 
日本乳酸菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
内在性抗菌因子PGRPに着目した育種と飼養の抗病性シナジー強化による健全畜産戦略
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
北澤 春樹 大坪 和香子 麻生 久 野地 智法 上西 博英 宮崎 綾子 宗田 吉広 須田 義人 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
オキナワモズクフコイダンによる腸管内酪酸産生細菌の増殖促進作用の解明
公益財団法人 ロッテ財団: 第7回(2020年度)奨励研究助成(A)
大坪和香子 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
家畜対応型の抗病性イムノバオティクス選抜・評価系の確立とその応用戦略
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
北澤 春樹 大坪 和香子 麻生 久 齋藤 忠夫 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
ヒトおよび動物腸管内に常在する細菌の機能解明
国立大学法人 東北大学: 平成30年度1期 研究大学強化促進事業「若手リーダー研究者海外派遣事プログラム」
研究期間: 2018年9月 - 2019年6月
 
複合的に炎症性腸疾患を予防する新機能性ヨーグルトの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
大坪 和香子 齋藤 忠夫 北澤 春樹 
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2014年10月15日
講演「ミクロな動物園 ~腸内微生物の豊かな個性~」
 
【その他】
 2012年10月19日
講演「インターネット時代における親と子:2011年三陸沖地震津波後」