言語の選択:
 

災害科学国際研究所

研究者リスト >> 寺田 賢二郎
 

寺田 賢二郎

 
アバター
研究者氏名寺田 賢二郎
 
Terada Kenjiro
URLhttp://www.cae.civil.tohoku.ac.jp/profile/terada/en/
所属東北大学
部署災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 計算安全工学研究分野
職名教授
学位PH.D.(Doctor of Philosophy)(ミシガン大学(アメリカ合衆国)), Master of Science and Engineering(ミシガン大学(アメリカ合衆国))
J-Global ID200901009129530842

研究キーワード

 
固体力学 ,応用力学 ,計算機支援工学 ,計算力学

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学 / 応用力学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント / 計算力学
  • 情報通信 / 計算科学 / 計算力学

経歴

 
2012年7月
 - 
現在
東北大学 災害科学国際研究所  教授 
 
1999年7月
 - 
2012年6月
東北大学 大学院 工学研究科 土木工学専攻  助教授(2007年より准教授に名称変更) 
 
1997年5月
 - 
1999年6月
東北大学 大学院 情報科学研究科  講師 
 
1996年4月
 - 
1997年4月
東京大学 大学院工学系研究科 船舶海洋工学専攻  助手 
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
ミシガン大学 機械工学及び応用力学科 応用力学専攻
 
 
 - 
1990年3月
名古屋大学 工学部 土木工学
 

受賞

 
2007年11月
日本機械学会・計算力学部門, 日本機械学会・計算力学部門 業績賞,計算力学部門における業績が認められた
 
2007年5月
日本計算工学会, 計算工学会論文賞,日本計算工学会論文集に投稿された論文「多重被覆モデリングによる有限被覆法 -非均質脆性材料の不連続面進展解析-」日本計算工学会論文賞に値すると認められた
車谷麻緒 寺田賢二郎 
 
2003年5月
日本計算工学会, 日本計算工学会論文賞,日本計算工学会論文集に掲載された論文「Kinematically correct formulation for two-scale finite deformation problems, Transaction of JSCES, Vol. 2, 53-62, 2000」が日本計算工学会論文賞に値すると認められた
寺田賢二郎 斉木功 松井和己 
 

論文

 
 
Risa Saito   Yuya Yamaguchi   Seishiro Matsubara   Shuji Moriguchi   Yasuko Mihara   Takaya Kobayashi   Kenjiro Terada   
International Journal of Solids and Structures   190 199-215   2020年5月   [査読有り]
© 2019 Elsevier Ltd In consideration of the dependence of resin properties on the degree of cure (DOC), a method of decoupled two-scale analysis of unidirectional fiber reinforced plastics (FRP) is proposed to simulate the curing process subjected...
 
Shinnosuke Nishi   Takayuki Yamada   Kazuhiro Izui   Shinji Nishiwaki   Kenjiro Terada   
International Journal for Numerical Methods in Engineering   121(6) 1218-1247   2020年3月   [査読有り]
 
外里 健太   小谷 拓磨   波多野 僚   高瀬 慎介   森口 周二   寺田 賢二郎   大竹 雄   
計算工学会論文集   p.20200003    2020年2月   [査読有り]
 
Seishiro Matsubara   Kenjiro Terada   Ryusei Maeda   Takaya Kobayashi   Masanobu Murata   Takuya Sumiyama   Kenji Furuichi   Chisato Nonomura   
Engineering Computations (Swansea, Wales)      2020年   [査読有り]
© 2020, Emerald Publishing Limited. Purpose: This study aims to propose a novel viscoelastic–viscoplastic combined constitutive model for glassy amorphous polymers within the framework of thermodynamics at finite strain that is capable of capturin...
 
石橋 奏   新宅 勇一   寺田 賢二郎   堤 成一郎   
溶接構造シンポジウム2019講演論文集   98-101   2019年12月   

MISC

 
 
中村 優真   高瀬 慎介   野島 和也   櫻庭 雅明   山口 裕矢   森口 周二   寺田 賢二郎   
東北地域災害科学研究   56 179-182   2020年3月   
 
菅野蓮華   森口周二   寺田賢二郎   林俊介   磯部有作   吉田郁政   
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   24 ROMBUNNO.B‐11‐03   2019年6月   
 
齋藤 理沙   山口 裕矢   森口 周二   三原 康子   小林 卓哉   寺田 賢二郎   
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   24    2019年5月   
 
吉田 昂平   山口 裕矢   森口 周二   寺田 賢二郎   
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   24    2019年5月   
 
山口裕矢   高瀬慎介   森口周二   寺田賢二郎   
計算工学講演会論文集   24 B-05-04   2019年5月   

書籍等出版物

 
 
寺田賢二郎(担当:監修)
森北出版株式会社   2012年6月29日      
 
寺田賢二郎, 中山 栄浩(担当:編集, 範囲:全206ページ中,第1章「材料のマクロな変形挙動」(pp.1-35))
共立出版   2010年3月      
森永正彦・古原 忠・戸田裕之 編
 
寺田賢二郎, 西村直志, 阿部和久, 樫山和男, 車谷麻緒, 渡辺育夢, 富山 潤, 岡澤重信(担当:共著, 範囲:第1話1頁~16頁,第2話17頁~29頁,第3話31頁~50頁, 第4話41頁~153頁)
丸善   2008年11月   (ISBN:9784621080221)   
 
寺田賢二郎(担当:単著, 範囲:16.3節pp.477-491「マルチスケール解析」)
朝倉書店   2007年6月   (ISBN:9784254231120)   
 
竹内則雄, 樫山和男, 寺田賢二郎(担当:共著)
2003年9月      

講演・口頭発表等

 
 
Finite Cover Method for Physically and Geometrically Nonlinear Problems
Second International Workshop Meshfree Methods for Partial Differential Equations   2003年9月15日   

所属学協会

 
 
   
 
非線形CAE協会
 
   
 
日本鉄鋼協会
 
   
 
材料学会
 
   
 
地盤工学会
 
   
 
日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
 
 
 
研究期間: 2013年4月 - 現在

産業財産権

 
 
原田 岳   藤内 誠   寺田賢二郎   進藤和弥   
 
 
石井惠三   松井和己   寺田賢二郎   西脇眞二   

その他

 
 
ゴム材料の微視的構造を考慮してその巨視的力学特性を把握するための数値最良試験の実施方法の開発とシステム化
 
 
ブレーキアセンブリーの接合部における表面の凹凸(アスペリティ)の数値モデルに対して数値実験を行い、その非線形・非弾性変形挙動を特徴付けることによりブレーキ鳴きのメカニズムを解明する。
 
 
多孔質セラミックス材料を奮迅フィルターに用いる事を前提に、その微視的幾何性状が巨視的透過特性とフィルター性能に及ぼす影響を調査する。
 
 
1方向周期性を有する大規模積層構造物に対して,均質化理論を拡張した理論を構築し,対応する数値解析技術を開発する.具体的には,燃料電池のセルスタック構造を対象として,精度検証を行うとともに,手法の有効性を確認する.
 
 
任意の追加の制約パラメータを導入することなく、チェッカーボードフリートポロジー最適化手法を提案する。 この目的は、固定設計領域における連続物質分配のための有限要素近似を導入することによって達成される。