言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 吉川 貴子
 

吉川 貴子

 
アバター
研究者氏名吉川 貴子
 
キッカワ タカコ
通称等の別名東北大学大学院医学系研究科
URLhttp://www.dev-neurobio.med.tohoku.ac.jp/
所属東北大学
部署大学院医学系研究科
職名助教
学位博士(医学)(東北大学 大学院医学系研究科)
科研費研究者番号90727851
J-Global ID201201049631348257

研究キーワード

 
包括脳ネットワーク

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 神経発生学

経歴

 
2021年7月
 - 
現在
東北大学 大学院医学系研究科 助教 プロミネントリサーチフェロー
 
2014年4月
 - 
2021年6月
東北大学 大学院医学系研究科 助教 
 
2013年10月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員 PD   
 
2012年4月
 - 
2013年9月
日本学術振興会 特別研究員 DC2   
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東北大学グローバルCOE「脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点」Research Assistant   
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年9月
東北大学 大学院医学系研究科 博士課程  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東北大学 大学院医学系研究科 修士課程  
 
2004年4月
 - 
2008年3月
埼玉大学 理学部 生体制御学科  
 

受賞

 
2021年
日本解剖学会 第67回東北・北海道連合支部学術集会「学会賞」
吉川 貴子 
 
2019年
東北大学 優秀女性研究者賞「紫千代萩賞」
吉川 貴子 
 
2017年
第13回 成体脳のニューロン新生懇談会「優秀演題賞」
吉川 貴子 
 
2013年
International Federation of University Women「Hegg Hoffet賞」
吉川 貴子 
 
2013年
大学女性協会「国内奨学生」
吉川 貴子 
 

論文

 
 
Ryuichi Kimura*, Yukiko U. Inoue*, Takako Kikkawa*, Misako Tatehana, Yuki Morimoto, Hitoshi Inada, Shinya Oki, Takayoshi Inoue, Noriko Osumi (*Co-first authors)   
Developmental dynamics   , in press   2021年9月   [査読有り]
 
Surangrat Thongkorn   Songphon Kanlayaprasit   Pawinee Panjabud   Thanit Saeliw   Thanawin Jantheang   Kasidit Kasitipradit   Suthathip Sarobol   Depicha Jindatip   Valerie W. Hu   Tewin Tencomnao   Takako Kikkawa   Tatsuya Sato   Noriko Osumi   Tewarit Sarachana   
Scientific Reports   11(1) 1241-1241   2021年1月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Our recent study has shown that prenatal exposure to bisphenol A (BPA) altered the expression of genes associated with autism spectrum disorder (ASD). In this study, we further investigated the effects of prenatal BPA exposu...
 
Kaichi Yoshizaki   Ryuichi Kimura   Hisato Kobayashi   Shinya Oki   Takako Kikkawa   Lingling Mai   Kohei Koike   Kentaro Mochizuki   Hitoshi Inada   Yasuhisa Matsui   Tomohiro Kono   Noriko Osumi   
EMBO reports   22(2)    2021年1月   [査読有り]
 
Cristine R. Casingal   Takako Kikkawa   Hitoshi Inada   Yukio Sasaki   Noriko Osumi   
Molecular Brain   13(1) 167-167   2020年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Corticogenesis is one of the most critical and complicated processes during embryonic brain development. Any slight impairment in corticogenesis could cause neurodevelopmental disorders such as Fragile X syndrome (FXS), of w...
 
Yo Yamada   Takeo Yoshikawa   Fumito Naganuma   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   Kazuhiko Yanai   
Neuropharmacology   175 108179-108179   2020年9月   [査読有り]
Histamine acts as a neurotransmitter to regulate various physiological processes. Brain histamine is synthesized from an essential amino acid histidine in a reaction catalysed by histidine decarboxylase (Hdc). Hdc-positive neurons exist mainly in ...

MISC

 
 
眞鍋柊   CHUN Seung Hee   越智翔平   吉川貴子   大隅典子   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd    2020年
 
吉川貴子   若松義雄   井上(上野)由紀子   鈴木久仁博   井上高良   大隅典子   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th    2020年
 
永井正義   永井正義   家村顕自   服部聡子   吉川貴子   萩原英雄   安澤隼人   木下賢吾   大隅典子   宮川剛   田中耕三   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd    2019年
 
Kaichi Yoshizaki   Ryuichi Kimura   Kentaro Mochizuki   Takako Kikkawa   Hitoshi Inada   Niroko Osumi   
EUROPEAN NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY   29 S831-S831   2019年
 
大隅 典子   木村 龍一   Mai Lingling   舘花 美沙子   吉川 貴子   望月 研太郎   稲田 仁   
DOHaD研究   8(3) 30-30   2019年   

書籍等出版物

 
 
吉川貴子, 大隅典子
脳科学辞典   2021年   
 
吉川貴子(担当:単著, 範囲:132 (1), 86)
東北医学会   2020年   
 
大隅典子, 吉川貴子(担当:共著, 範囲:神経幹細胞におけるPax6の機能, p40-44)
診断と治療社   2015年      
 
櫻井勝康, 吉川貴子, 大隅典子
脳科学辞典   2014年   
 
吉川貴子, 大隅典子(範囲:Pax6による神経幹細胞の分化制御」 251(12, 13) , 1118-1122)(範囲:「Pax6による神経幹細胞の分化制御」 251(12, 13) , 1118-1122)
医歯薬出版株式会社   2014年   

講演・口頭発表等

 
 
放射状グリア細胞における細胞周期因子Cyclin D2のmRNA輸送機構の解析:有胎盤類の大脳皮質拡大に寄与する可能性
吉川貴子   若松義雄   井上-上野由紀子   鈴木久仁博   井上高良   大隅典子   
日本解剖学会 第67回東北・北海道連合支部学術集会   2021年9月5日   
 
胎生期の神経前駆細胞内におけるmRNA調節メカニズム
吉川貴子   Cristine Casingal   Sharmin Naher   井上-上野由紀子   井上高良   大隅典子   
NPBPPP 2020合同年会   [招待有り]
 
mRNA transport of Cyclin D2 in radial glial cells during brain development.
Kikkawa, T.   
The 5th German-Japanize Retreat on Forebrain Development   2020年1月14日   
 
Dmrt genes control the development of Cajal-Retzius cells derived from specific origins in the cerebral cortex.
Kikkawa, T   Sakayori, N   Yuuki, H   Osumi, N   
第41回 日本神経科学大会   2018年7月26日   
 
Basally matters during corticogenesis.
Kikkawa, T   
The 4th German-Japanize Retreat on Forebrain Development   2017年9月12日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
解剖学・生理学序説 (東北大学)
 
   
 
発生学 (東北大学)
 
   
 
基礎ゼミ (東北大学)
 
   
 
脳解剖学 (東北大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本神経精神薬理学会
 
   
 
日本解剖学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
妊娠中の脂肪酸摂取が仔の摂食行動を制御する新規メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
酒寄 信幸 有田 誠 吉川 貴子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
細胞内mRNA輸送による有胎盤類の大脳皮質拡大メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
吉川 貴子 若松 義雄 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
ニューロン新生におけるPax6-FMRPフィードバック制御機構の性差
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
大隅 典子 稲田 仁 吉川 貴子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
大脳皮質構築過程における神経幹細胞特異的なRNA輸送・局在化機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
吉川 貴子 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
大学女性協会仙台支部 2013年10月5日
 
【運営参加・支援】
東北大脳科学グローバルCOE 2010年7月3日