言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 吉川 貴子
 

吉川 貴子

 
アバター
研究者氏名吉川 貴子
 
キッカワ タカコ
通称等の別名東北大学大学院医学系研究科
URLhttp://www.dev-neurobio.med.tohoku.ac.jp/
所属東北大学
部署大学院医学系研究科
職名助教
学位博士(医学)(東北大学 大学院医学系研究科)
科研費研究者番号90727851
J-Global ID201201049631348257

研究キーワード

 
包括脳ネットワーク

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 神経発生学

経歴

 
2021年7月
 - 
現在
東北大学 大学院医学系研究科 助教 プロミネントリサーチフェロー
 
2014年4月
 - 
2021年6月
東北大学 大学院医学系研究科 助教 
 
2013年10月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員 PD   
 
2012年4月
 - 
2013年9月
日本学術振興会 特別研究員 DC2   
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東北大学グローバルCOE「脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点」Research Assistant   
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年9月
東北大学 大学院医学系研究科 博士課程  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東北大学 大学院医学系研究科 修士課程  
 
2004年4月
 - 
2008年3月
埼玉大学 理学部 生体制御学科  
 

受賞

 
2022年
24th Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience「Best Poster award」
Takako Kikkawa 
 
2021年
日本解剖学会 第67回東北・北海道連合支部学術集会「学会賞」
吉川 貴子 
 
2019年
東北大学 優秀女性研究者賞「紫千代萩賞」
吉川 貴子 
 
2017年
第13回 成体脳のニューロン新生懇談会「優秀演題賞」
吉川 貴子 
 
2013年
International Federation of University Women「Hegg Hoffet賞」
吉川 貴子 
 

論文

 
 
Masayoshi Nagai#   Kenji Iemura#   Takako Kikkawa#   Sharmin Naher   Satoko Hattori   Hideo Hagihara   Koh ichi Nagata   Hayato Anzawa   Risa Kugisaki   Hideki Wanibuchi   Takaya Abe   Kenichi Inoue   Kengo Kinoshita   Tsuyoshi Miyakawa   Noriko Osumi   Kozo Tanaka ( #equally contribution)   
   2022年8月   [査読有り]
 
Mito Kanatsu-Shinohara   Honda Naoki   Takashi Tanaka   Misako Tatehana   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   Takashi Shinohara   
Stem Cell Reports      2022年8月   [査読有り]
 
Laarni Grace Corales   Hitoshi Inada   Kotaro Hiraoka   Shun Araki   Shinya Yamanaka   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   
Journal of Anatomy      2022年5月   [査読有り]
 
Shohei Ochi   Shyu Manabe   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   
23(11) 6115-6115   2022年5月   [査読有り]
 
Takako Kikkawa*, Noriko Osumi (*corresponding author)   
Frontiers in Neuroscience   15    2021年12月   [査読有り]
The <italic>Dmrt</italic> genes encode the transcription factor containing the DM (doublesex and mab-3) domain, an intertwined zinc finger-like DNA binding module. While <italic>Dmrt</italic> genes are mainly involved in the sexual development of ...

MISC

 
 
吉川貴子   若松義雄   井上(上野)由紀子   鈴木久仁博   井上高良   大隅典子   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   127th (CD-ROM)    2022年
 
MAINS-SHEARD John   TATEHANA Misako   INADA Hitoshi   INADA Hitoshi   KIKKAWA Takako   KIMURA Ryuichi   INOUE Yukiko   MORIMOTO Yuki   OKI Shinya   INOUE Takayoshi   OSUMI Noriko   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   44th    2021年
 
眞鍋柊   CHUN Seung Hee   越智翔平   吉川貴子   大隅典子   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd    2020年
 
吉川貴子   若松義雄   井上(上野)由紀子   鈴木久仁博   井上高良   大隅典子   
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   125th    2020年
 
永井正義   永井正義   家村顕自   服部聡子   吉川貴子   萩原英雄   安澤隼人   木下賢吾   大隅典子   宮川剛   田中耕三   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd    2019年

書籍等出版物

 
 
吉川貴子, 大隅典子
脳科学辞典   2021年   
 
吉川貴子(担当:単著, 範囲:132 (1), 86)
東北医学会   2020年   
 
大隅典子, 吉川貴子(担当:共著, 範囲:神経幹細胞におけるPax6の機能, p40-44)
診断と治療社   2015年      
 
櫻井勝康, 吉川貴子, 大隅典子
脳科学辞典   2014年   
 
吉川貴子, 大隅典子(範囲:Pax6による神経幹細胞の分化制御」 251(12, 13) , 1118-1122)(範囲:「Pax6による神経幹細胞の分化制御」 251(12, 13) , 1118-1122)
医歯薬出版株式会社   2014年   

講演・口頭発表等

 
 
吉川貴子   若松義雄   井上-上野由紀子   鈴木久仁博   井上高良   大隅典子   
日本解剖学会 第67回東北・北海道連合支部学術集会   2021年9月5日   
 
吉川貴子   Cristine Casingal   Sharmin Naher   井上-上野由紀子   井上高良   大隅典子   
NPBPPP 2020合同年会   [招待有り]
 
Kikkawa, T.   
The 5th German-Japanize Retreat on Forebrain Development   2020年1月14日   
 
Kikkawa, T   Sakayori, N   Yuuki, H   Osumi, N   
第41回 日本神経科学大会   2018年7月26日   
 
Kikkawa, T   
The 4th German-Japanize Retreat on Forebrain Development   2017年9月12日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
解剖学・生理学序説 (東北大学)
 
   
 
発生学 (東北大学)
 
   
 
基礎ゼミ (東北大学)
 
   
 
脳解剖学 (東北大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本神経精神薬理学会
 
   
 
日本解剖学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
妊娠中の脂肪酸摂取が仔の摂食行動を制御する新規メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
酒寄 信幸 有田 誠 吉川 貴子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
神経発達障害の性差を生み出す脳発生プログラムの解明
東北大学: 学際科学フロンティア研究所 領域創成研究プログラム
吉川貴子 
研究期間: 2022年6月 - 2024年3月
 
細胞内mRNA輸送による有胎盤類の大脳皮質拡大メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
吉川 貴子 若松 義雄 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
ニューロン新生におけるPax6-FMRPフィードバック制御機構の性差
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
大隅 典子 稲田 仁 吉川 貴子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 

社会貢献活動

 
 
【講師】
大学女性協会仙台支部 2013年10月5日
 
【運営参加・支援】
東北大脳科学グローバルCOE 2010年7月3日