言語の選択:
 

高度教養教育・学生支援機構

研究者リスト >> 上原 聡
 

上原 聡

 
アバター
研究者氏名上原 聡
 
ウエハラ サトシ
URLhttp://www.intcul.tohoku.ac.jp/research/staff/上原-聡
所属東北大学
部署高度教養教育・学生支援機構 教育内容開発部門 言語・文化教育開発室
職名教授
学位言語学博士(米国ミシガン大学)
その他の所属大学院国際文化研究科
J-Global ID200901017974574070

研究キーワード

 
主観性 ,視点 ,対照言語学 ,語用論 ,談話分析 ,日本語教育 ,言語類型論 ,認知言語学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本語教育 / 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 談話分析・対照言語学
  • 人文・社会 / 言語学 / 認知言語学・言語類型論

学歴

 
 
 - 
1993年5月
ミシガン大学大学院 言語学 言語学
 

委員歴

 
2010年11月
   
 
日本言語学会第141回大会 実行委員会  大会実行委員長
 

論文

 
 
Kingkarn Thepkanjana   Satoshi Uehara   
VERB-VERB COMPLEXES IN ASIAN LANGUAGES   499-520   2021年2月   [査読有り][招待有り]
 
上原聡   
政大日本研究   18 219-251   2021年1月   [招待有り]
 
カウィーチャールモンコン   サリンラット   上原聡   
KLS Selected Papers   1 25-36   2019年6月   [査読有り]
 
スィリアチャー ロイケオ   上原聡   
KLS Selected Papers   1 135-146   2019年6月   [査読有り]
 
王安   上原 聡   
日本認知言語学会論文集   19 11-23   2019年4月   [査読有り]

MISC

 
 
佐藤勢紀子   上原聡   副島健作   虫明美喜   押谷裕子   
東北大学言語・文化教育センター年報   (1) 1-10   2016年3月   
 
押谷祐子   虫明美喜   上原 聡   中村 渉   副島健作   佐藤勢紀子   
高等教育開発推進センター紀要   (9) 115-124   2014年3月   
 
佐藤勢紀子   末松和子   曽根原理   桐原健真   上原聡   福島悦子   虫明美喜   押谷祐子   
高等教育開発推進センター紀要   (6) 143-156   2011年3月   
 
佐藤勢紀子   上原聡   福島悦子   中村渉   関根勉   押谷祐子   二階堂秀夫   白石茂典   田中秀樹   行方義忠   
高等教育開発推進センター紀要   (4) 245-251   2009年3月   [査読有り]
 
佐藤勢紀子   上原聡   福島悦子   中村渉   二階堂秀夫   安西従道   白石茂典   田中秀樹   
高等教育開発推進センター紀要   (3) 325-334   2008年3月   

書籍等出版物

 
 
上原聡, 薄井宏美, 佐藤勢紀子, 佐藤保子, 副島健作, 林雅子, 虫明美喜(担当:共著)
東北大学出版会   2020年3月   
 
上原 聡(担当:単著)
東北大学高度教養教育学生支援機構   2018年3月      
 
中村芳久, 上原聡(担当:共編者(共編著 者))
開拓社   2016年11月      
 
Tadao Miyamoto, Naoyuki Ono, Kingkarn Thepkanjana, Satoshi Uehara(担当:共編者(共編著 者))
Hituzi Syobo Publishing   2012年7月30日   (ISBN:9784894766075)   
 

講演・口頭発表等

 
 
日本と東アジアの言語の特徴としての代名詞省略―主観的把握における異同とその周辺―
上原 聡   
台湾国際シンポジウム「東アジア漢字文化の伝承と革新」   2020年10月17日   国立政治大学日本語文学科   
 
感情表現の構文パターンと感情の捉え方に見る言語表現の多様性と共通点―日韓中英独語を対象に―
王安   上原聡   
日本認知言語学会第20回全国大会   2019年8月6日   
 
中国語の形容詞が持つ「主観性」を考える―性質形容詞とその重ね型を中心に―
王安   上原聡   
日本認知言語学会第19回全国大会   2018年9月8日   
 
日本語の授与動詞の意味拡張に関する一考察―構文的アプローチに基づくコーパス分析―
カウィーチャールモンコン   サリンラット   上原 聡   
関西言語学会第43回大会   2018年6月10日   
 
日タイ語の自称詞使用に関するコーパス分析―自称詞の種類とsubjectivityに注目して―
スィリアチャー ロイケオ   上原聡   
関西言語学会第43回大会   2018年6月10日   

所属学協会

 
 
   
 
日本言語学会
 
   
 
日本語教育学会
 
   
 
社会言語科学会
 
   
 
日本語学会
 
   
 
日本語教育学会(Association of Teachers of Japanese)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 1997年6月 - 現在
 
 
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2000年1月 - 現在
世界の日本語教育担当者の間で、それぞれ開発した日本語教材を共有・研究できるように常時インターネットサーバ上に備える
 
【その他】
 2013年6月1日
ワークショップの資料を提供し、当日参加した。
 
 
【その他】
 2011年9月1日 - 2012年3月31日
カレントトピックス「歌に学ぶ日本の言葉と心—国際共修ゼミー」に高校生を受け入れた。
 
【その他】
 2008年6月14日 - 2010年6月13日
仙台国際交流協会の主催の、仙台市の日本語ボランティアを育成する講座で、外国人に日本語を教育する上での文法の教え方を教授する。

その他

 
 
在開講されている国際共修科目「歌に学ぶ日本の言葉と心」の開講3年間の成果を、日本人学生・留学生双方にとってのより効果的な異文化・国際理解力の涵養とコミュニケーション力の育成の観点から総括し、調査研究,教材開発,資料収集等を行うことにより授業のさらなる改善と充実を目指す。
 
 
日本語レキシコンの特徴・特色を明らかにする。
 
 
 
2005年11月 - 2005年11月
台湾語の中に多く日本語からの借用語が存在し、植民地時代から残っている、あるいは最近の借用語など分析し、言語借用のメカニズムを研究する。
 
 
中国北京の標準中国語と台湾の標準中国語と対照などを中心に中国語方言間の音声や文法的な違いなどをデータをもとに研究する。