言語の選択:
 

サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

研究者リスト >> 岩田 錬
 

岩田 錬

 
アバター
研究者氏名岩田 錬
 
イワタ レン
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/05d29532defc005ac37ab193b5a0b758.html
所属東北大学
部署サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
職名
学位理学博士(東京大学), 理学修士(The University of Tokyo)
J-Global ID200901072376417742

研究キーワード

 
マイクロスケール合成 ,マイクロリアクター合成 ,サイクロトロン ,PET ,自動合成 ,標識合成 ,放射性薬剤

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学 / 放射化学
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 核薬学

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 研究教授 
 
2015年4月
 - 
現在
東北大学  名誉教授 
 
2002年7月
 - 
2015年3月
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター  教授 
 
1999年10月
 - 
2002年6月
東北大学大学院工学研究科 量子エネルギー専攻 助教授 
 
1993年8月
 - 
1999年9月
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(CYRIC)  助教授 
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1974年3月
東京大学 理学系研究科 化学
 
1970年4月
 - 
1972年3月
東京大学 理学部 化学
 
1968年4月
 - 
1970年3月
東京大学 教養学部理科一類 
 

委員歴

 
2005年
 - 
2017年
NMCC共同利用委員会  委員
 
2001年10月
 - 
2015年3月
日本核医学会  評議員
 
2007年5月
 - 
2013年5月
Society of Radiopharmaceutical Sciences  Board member
 
2007年5月
 - 
2013年
Society of Radiopharmaceutical Sciences  理事
 
2003年2月
 - 
2006年12月
IUPAC Task group on terminology, quantities and units concerning production and applications of radionulcides in radiopharmaceutical and radioanalytical chemistry  committee member
 

受賞

 
1999年6月
武田科学振興財団, 武田科学振興財団研究助成金,PETによるヒスタミンH3レセプター研究を目的とした新しいF-18-標識薬剤の開発
岩田 錬 谷内一彦 
 
1983年10月
日本核医学会, 日本核医学会賞,陽電子放出核種標識薬剤自動合成装置の開発
 

論文

 
 
Takahiro Morito   Ryuichi Harada   Ren Iwata   Yiqing Du   Nobuyuki Okamura   Yukitsuka Kudo   Kazuhiko Yanai   
Scientific Reports   11(1)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Brain positron emission tomography (PET) imaging with radiolabelled proteins is an emerging concept that potentially enables visualization of unique molecular targets in the brain. However, the pharmacokinetics and protein r...
 
清水 悠暉   原田 龍一   Lerdsirisuk Pradith   堵 怡青   工藤 幸司   石川 洋一   岩田 錬   岡村 信行   谷内 一彦   古本 祥三   
JSMI Report   14(2) 87-87   2021年5月
 
Pradith Lerdsirisuk   Ryuichi Harada   Yoshimi Hayakawa   Yuki Shimizu   Yoichi Ishikawa   Ren Iwata   Yukitsuka Kudo   Nobuyuki Okamura   Shozo Furumoto   
Nuclear Medicine and Biology   93 11-18   2021年2月   [査読有り]
© 2020 Elsevier Inc. Introduction: [18F]THK-5351 was originally developed as a positron emission tomography (PET) imaging tracer for the detection of accumulated tau proteins, the pathological hallmark of Alzheimer's disease (AD). However, clinica...
 
Ren Iwata   Kazunori Terasaki   Yoichi Ishikawa   Ryuichi Harada   Shozo Furumoto   Kazuhiko Yanai   Claudio Pascali   
Applied Radiation and Isotopes   166 109361-109361   2020年12月   [査読有り]
When applied to a radiosynthesis, a microscale approach can help to save precursor and improve yields. Thus, a 5-10 μL microscale method based on a concentration procedure was developed and applied to the radiosynthesis of [18F]FET and [18F]fallyp...
 
Ryuichi Harada   Yoshimi Hayakawa   Michinori Ezura   Pradith Lerdsirisuk   Yiqing Du   Yoichi Ishikawa   Ren Iwata   Miho Shidahara   Aiko Ishiki   Akio Kikuchi   Hiroyuki Arai   Yukitsuka Kudo   Kazuhiko Yanai   Shozo Furumoto   Nobuyuki Okamura   
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine      2020年7月   [査読有り]
Reactive astrocytes play a key role in the pathogenesis of various neurodegenerative diseases. Monoamine oxidase-B (MAO-B) is one of the promising targets for the imaging of astrogliosis in the human brain. A novel selective and reversible MAO-B t...

MISC

 
 
Lerdsirisuk Pradith   原田 龍一   早川 佳実   清水 悠暉   石川 洋一   岩田 錬   岡村 信行   古本 祥三   
核医学   56(Suppl.) S143-S143   2019年10月   
 
谷内 一彦   原田 龍一   谷内 亜衣   吉川 雄朗   古本 祥三   岩田 錬   
JSMI Report   12(2) 97-97   2019年5月   
 
谷内 一彦   原田 龍一   谷内 亜衣   吉川 雄朗   古本 祥三   岩田 錬   
JSMI Report   12(2) 97-97   2019年5月   
 
谷内 亜衣   原田 龍一   岩田 錬   吉川 雄朗   古本 祥三   谷内 一彦   内藤 剛   海野 倫明   亀井 尚   石田 孝宜   
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PS-3   2019年4月   
 
谷内 亜衣   原田 龍一   岩田 錬   吉川 雄朗   古本 祥三   谷内 一彦   内藤 剛   海野 倫明   亀井 尚   石田 孝宜   
日本外科学会定期学術集会抄録集   119回 PS-110   2019年4月   

書籍等出版物

 
 
佐治英郎, 前田 稔, 小島周二編(担当:共著, 範囲:第4章 天然の放射性核種と人工放射性核種の製造)
南江堂   2011年9月1日      
 
Kiichi Ishiwata, Kazuo Kubota, Tadashi Nariai, Ren Iwata(担当:単著, 範囲:Whole-body tumor imaging: O-[11C]emthyl-L-tyrosine/positron emission Tomography, pp.175-179)
Elsevier   2008年3月      
 
岩田 錬(担当:単著, 範囲:第5章 PETによる生体機能の画像化と疾患診断第2節放射性薬剤合成1.PET核種の製造と標識診断プローブの合成・品質管理)
NTS   2007年6月25日      
 
後藤順一, 片山善章(担当:共著, 範囲:第1章5 ポジトロン・エミッション・トモグラフィ- 44頁~49頁)
南江堂   2005年4月10日      
 
渡邉一夫, 松澤大樹, 石井慶造, 伊藤正敏(担当:単著, 範囲:第1章「PETトレーサー開発の現況」 41頁~51頁)
脳神経疾患研究所   2005年3月27日      

講演・口頭発表等

 
 
薬学教育講演 PET診断用プローブ自動合成装置の開発
第51回日本核医学会学術総会   2011年10月27日   
 
1.RI分子プローブの新しい合成技術の開発 18F-標識分子プローブ合成用マイクロリアクター
第5回放医研分子イメージング研究センターシンポジウム   2010年11月29日   
 
がんの分子イメージング PET診断用腫瘍イメージングプローブの開発
第61回日本気管食道科学会総会   2009年11月5日   
 
優れたPET薬剤を創出するために 1.PET薬剤自動合成システム
第48回日本核医学会学術総会   2008年10月26日   
 
PET診断用標識プローブ開発の現状と将来
第75回みちのく核医学会   2008年9月26日   

所属学協会

 
 
   
 
日本アイソトープ協会
 
   
 
Society of Radiopharmaceutical Sciences
 
   
 
日本核医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
18F標識プローブの高効率マイクロスケール自動合成プラットフォームの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岩田 錬 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
18F-標識PETプローブの次世代型マイクロスケール自動合成装置の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岩田 錬 寺崎 一典 石川 洋一 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
微少空間での放射性金属核種の電気化学的濃縮とペプチド標識
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
岩田 錬 石川 洋一 高橋 和弘 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
18F-標識プローブライブラリーの新たな展開:[18F]CF3Brの合成と利用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
岩田 錬 古本 祥三 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
^<18>F-標識PETプローブ合成用トータルマイクロリアクターシステムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岩田 錬 古本 祥三 高橋 和弘 小関 英一 斎木 秀和 
研究期間: 2010年 - 2012年

産業財産権

 
 
岩田 錬   小関英一   中西博昭   坂本勝正   山原 亮   

その他

 
 
微量スケールでの合成が要求される18F-標識ペプチド・タンパク質合成に特化したマイクロリアクター合成システムの開発
 
 
[18F]フッ化物イオンによる求核反応において脱離性に優れる置換基を探索する。また、マイクロリアクター等を利用した自動合成システムの開発を行う。
マイクロリアクターを活用した分子プローブの合成に関する基盤技術の確立
PET核種のプローブへの効率的な導入法を検討する。得られたデータを工学分野にフィードバックし、反応に適した形状のマイクロチップの創製を試みる。さらに複数のマイクロリアクターを組み合わせ、ナノデバイスとしてキット式小型自動合成装置を開発する。
 
 
短寿命RIである18F(半減期110分)を用いたPET(Positron Emission Tomography)診断では、施設内で18Fにて標識した診断プローブを迅速に合成する必要がある。また、限られた管理区域内の高価な放射線遮蔽セル内に設置することから、合成システムの自動化と小型化が望まれている。MEMS技術を応用したマイクロリアクターはその可能性を有しており、世界の複数の研究機関にて既に開発が進んでいる。その重要な開発課題として、原料の18Fイオンの捕捉、濃縮技術がある。そこで、立命館大学で培った、化学的に安定で導電性を有しデバイス化に適した微細炭素電極を適用して、オリジナリティーを有する新規で世界に例を見ない18Fイオンの捕捉&濃縮デバイスを顕在化ステージにて開発し、実用化に向けて道を拓く。
 
 
PET診断薬剤であるメチオニン・コリン等を連続的に合成するシステムを構築する装置開発研究
 
 
種々の18F-標識薬剤を開発する目的で、その標識前駆体である18F-標識臭化フルオロメチルとヨウ化フルオロエチルを合成する自動合成装置を開発した。これを用いて18F-標識フルオロコリンを合成し、評価する。