言語の選択:
 

農学研究科

研究者リスト >> 阿部 敬悦
 

阿部 敬悦

 
アバター
研究者氏名阿部 敬悦
 
アベ ケイエツ
URLhttps://sites.google.com/view/tohoku-applied-microbio
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻
職名教授
学位博士(農学)(東京大学)
J-Global ID200901040903495251

研究キーワード

 
応用微生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 応用生物化学 / 遺伝子機能推定
  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学 / 生物変換
  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学 / シグナル伝達
  • ライフサイエンス / 応用微生物学 / 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
東北大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
現在
日本農芸化学会  財務担当理事
 
2015年5月
 - 
現在
日本農芸化学会  財務担当理事
 
2013年4月
 - 
現在
(公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団 研究助成選考員会  選考委員
 
2013年4月
 - 
現在
(公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団 研究助成選考員会  選考委員
 
2011年9月
 - 
現在
日本乳酸菌学会  学会英文誌editor
 

受賞

 
2018年3月
日本農芸化学会, 日本農芸化学会英文誌BBB論文賞,Escherichia coli yjjPB genes encode a succinate transporter important for succinate production.
Fukui K Nanatani K Hara Y Yamakami S Yahagi D Chinen A Tokura M K. Abe 
 
2008年3月
日本農芸化学会, 日本農芸化学会英文誌BBB論文賞,The β-1,3-Exoglucanase Gene exgA (exg1) of Aspergillus oryzae is required to catabolise the Extracellular Glucan and induced in Growth on Solid Surface.
Koichi Tamano Yuki Satoh Tomoko Ishii Yasunobu Teraayashi Shinsaku Ohtaki Motoaki Sano Tadashi Takahashi Yasuji Koyama Osamu Mizutani Keietsu Abe Masayuki Machida 
 
2007年9月
日本醸造家王会, 日本醸造協会特別表彰,麹菌ゲノム解析
麹菌ゲノム解析コンソーシアム(含む東北大 阿部敬悦 
 
2003年9月
日本醸造協会, 日本醸造協会技術賞,麹菌のEST解析
麹菌EST解析コンソーシアム 
 

論文

 
 
Takumi Tanaka   Yuki Terauchi   Akira Yoshimi   Keietsu Abe   
Microorganisms   10(8)    2022年7月
Hydrophobins are small amphipathic proteins conserved in filamentous fungi. In this review, the properties and functions of Aspergillus hydrophobins are comprehensively discussed on the basis of recent findings. Multiple Aspergillus hydrophobins h...
 
Akari Miyamoto   Takashi Yamanaka   Satomi Suzuki   Kota Kunii   Kenichiro Kurono   Akira Yoshimi   Masafumi Hidaka   Satoshi Ogasawara   Kei Nanatani   Keietsu Abe   
Journal of biochemistry      2022年7月
The aspartate:alanine exchanger family of membrane transporters includes industrially important transporters such as succinate exporter and glutamate exporter. No high-resolution structure is available from this family so far, and the transport me...
 
Akira Yoshimi   Ken Miyazawa   Moriyuki Kawauchi   Keietsu Abe   
Journal of Fungi   8(5) 435-435   2022年4月
Signal transduction pathways regulating cell wall integrity (CWI) in filamentous fungi have been studied taking into account findings in budding yeast, and much knowledge has been accumulated in recent years. Given that the cell wall is essential ...
 
Yuki Terauchi   Megumi Nagayama   Takumi Tanaka   Hiroki Tanabe   Akira Yoshimi   Kei Nanatani   Hiroshi Yabu   Toshihiko Arita   Takeshi Higuchi   Tomoshi Kameda   Keietsu Abe   
Applied and Environmental Microbiology   88(6)    2022年3月   [査読有り]
The adsorption kinetics of hydrophobins to solid surfaces and self-assembled structures formed by hydrophobin molecules have been studied mostly independently. In this report, we combined the kinetic analysis of hydrophobin RolA adsorption onto so...
 
Ken Miyazawa   Takashi Umeyama   Yasutaka Hoshino   Keietsu Abe   Yoshitsugu Miyazaki   
Microbiology Spectrum   10(1)    2022年2月   [査読有り]
Filamentous fungi generally form hyphal pellets in liquid culture. This property prevents filamentous fungi to apply the methods used for unicellular organisms such as yeast and bacteria.

MISC

 
 
小泉亜未   尾形慎   矢野成和   宮澤拳   吉見啓   吉見啓   佐野元昭   日高將文   仁平高則   中井博之   木村聡   岩田忠久   阿部敬悦   阿部敬悦   
応用糖質科学   12(1)    2022年
 
齋藤有美   寺内裕貴   吉見啓   田中拓未   田中拓未   石崎裕也   三ツ石方也   藪浩   藪浩   阿部敬悦   
日本生物工学会大会講演要旨集   73rd    2021年
 
井田大輝   齋藤有美   寺内裕貴   田中拓未   吉見啓   石崎裕也   三ツ石方也   藪浩   藪浩   阿部敬悦   
日本生物工学会大会講演要旨集   73rd    2021年
 
竹内歩   宮澤拳   吉見啓   吉見啓   阿部敬悦   阿部敬悦   
日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集   156th (CD-ROM)    2021年
 
蒲池悠佳   宮澤拳   吉見啓   吉見啓   日高將文   中島佑   阿部敬悦   阿部敬悦   
日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集   156th (CD-ROM)    2021年

書籍等出版物

 
 
田中拓末, 中島春紫, 阿部敬悦(担当:共著, 範囲:麹菌由来界面活性タンパク質 (ハイドロフォービン)の特性とその応用技術)
CMC出版   2018年1月      
 
阿部敬悦, 上原健二, 高橋 徹, 大滝真作, 前田 浩, 山形洋平, 五味勝也, 長谷川史彦(担当:共著, 範囲:麹菌固体醗酵システムによる新規バイオプロセスへの挑戦 pp100-108)
日本醸造協会   2012年      
 
高橋 徹, 阿部直樹, 阿部敬悦(担当:共著, 範囲:微生物ゲノム科学を用いた生分解性プラスチックのリサイクル)
産業調査会   2012年      
 
阿部直樹, 高橋 徹, 阿部敬悦(担当:共著, 範囲:放線菌Amycolatopsis sp. K104-1株由来のポリ乳酸分解酵素を用いたポリ乳酸(PLA)リサイクル技術の構築)
産業調査会   2012年      
 
阿部直樹, 阿部敬悦(担当:共著, 範囲:3.6 微生物学分野の文献調査法 pp. 99-108)
朝倉書店   2011年      

講演・口頭発表等

 
 
菅原亜寿美   吉見啓   庄司文夫   中山真由美   藤岡智則   河合清   萩原大祐   片山拓也   堀内裕之   梅山英明   阿部敬悦   
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
 
大沢千晶   田中拓未   七谷圭   吉見啓   阿部敬悦   
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
 
小泉亜末   矢野重和   宮澤 拳   吉見 啓   佐野元昭   阿部敬悦   
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
 
宮澤 拳   吉見 啓   矢野成和   笠原紳   阿部敬悦   
日本生物工学会北日本支部シンポジウム2017福島   2017年12月25日   
 
増田歩   七谷圭   勝部哲   米山裕   阿部敬悦   
日本生物工学会北日本シンポジウム2017福島   2017年12月25日   

所属学協会

 
 
   
 
日本生物工学会
 
   
 
日本乳酸菌学会
 
   
 
日本農芸化学会
 
   
 
アメリカ微生物学会(American Society for Microbiology)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2002年2月 - 現在
 
研究期間: 2000年4月 - 現在
 

産業財産権

 
 
 
 
久保崇   町田雅之   梅村舞子   阿部敬悦   吉見啓   藤岡智則   山口滋   河合清   
 
 
北本勝ひこ   有岡学   山口庄太郎   町田雅之   阿部敬悦   五味勝也   浅井潔   佐野元昭   金大心   長崎英樹   細山哲   秋田修   小笠原直樹   久原哲   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2014年1月28日
東北大学イノベーションフェアの農学研究科のブースで、糸状菌の産業利用技術開発について展示した。
 
【その他】
 2013年11月29日
「微生物を用いる古くて新しい農産加工技術ー 発酵醸造 ー」というタイトルで、醗酵醸造産業での微生物利用について紹介した。(花巻農業高校)
 
【情報提供】
日経産業新聞 2013年4月12日
糸状菌の界面活性蛋白質で被覆した金属ナノ粒子が、樹状細胞やマクロファージの認識を回避し、imagingやDDSへの応用する可能性を示した研究
 
【その他】
 2012年3月15日
免疫応答回避性ステルスナノ粒子に関する展示を行った。
 
【その他】
 2011年8月24日
宮城県民大学の講師として、2回講義を行った。

その他

 
 
2015年4月 - 2015年4月
コンポスト環境中の微生物相に関する、以下の研究・教育を実施する。
1)先行してコンポストより分離された有用新奇放線菌の分子系統解析、ゲノム解析、ゲノム中の有用物質生産関連遺伝子の解析
2)コンポスト中の微生物相のメタゲノム解析と新奇放線菌の分離
3)有用物質生産性放線菌を対象とする有用物質生産を目指した代謝・生化学解析
 
 
細胞壁多糖成分を改変した麹菌を用いた機能性甘酒の開発研究
 
 
豆乳発酵用の乳酸菌の糖代謝とアミノ酸代謝を解析する。
 
 
食肉をある種の糸状菌で発酵し熟成させるプロセス開発を行う。
 
 
ワカメの養殖残渣の豚への飼料化応用に関する研究。