言語の選択:
 

文学研究科

研究者リスト >> 後藤 斉
 

後藤 斉

 
アバター
研究者氏名後藤 斉
 
ゴトウ ヒトシ
URLhttp://www2.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/gothitj.html
所属東北大学
部署大学院文学研究科・文学部 総合人間科学専攻 心理言語人間学講座 言語学分野
職名教授
学位文学修士(東北大学)
科研費研究者番号90162156
J-Global ID200901035418793186

研究キーワード

 
ロマンス語学 ,言語学史 ,エスペラント学 ,コロケーション ,日本語コーパス

研究分野

 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
日本ロマンス語学会  会長
 
1997年5月
 - 
現在
日本ロマンス語学会  理事
 
2009年4月
 - 
2021年3月
日本言語学会  評議員
 
2009年4月
 - 
2021年3月
日本言語学会  評議員
 
2015年5月
 - 
2019年5月
日本ロマンス語学会  副会長
 

受賞

 
2014年10月
一般財団法人日本エスペラント協会, 小坂賞,『日本エスペラント運動人名事典』の編纂
柴田巌 後藤斉 
 
2014年8月
世界エスペラント協会, Diplomo pro Elstara Agado,pro la verko Biografia leksikono de la japana Esperanto-movado
 
2006年10月
財団法人日本エスペラント学会, 小坂賞,高度な学習辞典としての「エスペラント日本語辞典」の編集・刊行
エスペラント日本語辞典編集委員会 
 

書籍等出版物

 
 
後藤 斉(担当:共編者(共編著 者))
Mondial   2018年7月   (ISBN:9781595693785)   
 
後藤 斉(担当:単著)
日本エスペラント協会   2015年10月10日   (ISBN:9784888870894)   
 
後藤 斉(担当:単著)
日本エスペラント協会   2015年10月10日      
 
後藤 斉(担当:編集)
日本エスペラント協会   2015年10月1日   (ISBN:9784888870917)   
 
柴田巌, 後藤斉編, 峰芳隆監修(担当:共編者(共編著 者))
ひつじ書房   2013年10月3日   (ISBN:9784894766648)   

論文

 
 
後藤斉   
吉野作造研究   17 1-13   2021年4月   [招待有り]
 
後藤 斉   
東北大学大学院文学研究科講演・出版企画委員会編『ハイブリッドな文化』, 東北大学出版会, 2019.   75-119   2019年3月   [査読有り][招待有り]
 
後藤 斉   
En La Mondon Venis Nova Lingvo. Festlibro Por La 75-Jariĝo de Ulrich Lins   1-14   2018年7月   [招待有り]
 
後藤 斉   
日本語学   37(5) 158-169   2018年5月   [招待有り]
 
後藤 斉   
鈴木岩弓・小林隆編,『柳田國男と東北大学』, 東北大学出版会, 2018.   177-206   2018年4月   [招待有り]

MISC

 
 
後藤斉   
エスペラントの世界   46(3) 4-5   2020年7月   [招待有り]
 
後藤斉   
『日本エスペラント協会(JEI)100年史 ―日本エスペラント学会から協会へ―』   100-102   2020年3月   [招待有り]
 
後藤斉   小泉政利編著   
『ここから始める言語学プラス統計分析』   195-208   2016年4月   
 
佐藤武義   前田富祺他編   
日本語大事典      2014年11月   
 
後藤斉   
エスペラント   82(11) 5-7   2014年11月   

講演・口頭発表等

 
 
Pli kaj pli da krudmaterialoj por historiaj esploroj, kaj ...
Esperantologia Konferenco 2015   2015年7月30日   
 
エスペラントづいた柳田國男
柳田國男五十年祭記念シンポジウム「柳田國男と東北大学」   2011年11月19日   
 
バイリンガルのL2(第二言語)習得における. L1(第一言語)使用への影響について
金春香   
第2回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2011年8月23日   
 
コロケーションを考えるためのいくつかの視点
日本エスペラント学会 2010 年度研究発表会   2010年10月9日   
 
ワークショップ「中世研究における電子テクストの現状と将来性―中世南仏語文学データベース(COM)刊行に寄せて」
日本フランス語フランス文学会2007年度秋季大会   2007年11月10日   

社会貢献活動

 
 
【講師】
東北大学大学院文学研究科 紅葉の賀2020 2020年11月3日
大槻文彦(1847~1928)は日本初の近代的国語辞典『言海』(1889-91)を編纂した。斎藤秀三郎(1866~1929)は『熟語本位英和中辞典』(1915)などを著した。どちらも時代を代表する辞典で、現在に通じる価値を持っている。明治から大正にかけて活躍したこの二人の辞書編纂者がいずれも仙台ゆかりの人物であることは興味深く、紅葉の賀にことよせて紹介を試みたい。
二人には類似点もあるが、対照を示す点もある。特に文芸に対する態度は大きく異なっている。
 
【講師】
吉野作造記念館 企画展記念講座 2020年3月15日
 
【講師】
学都仙台コンソーシアム 学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス公開講座「講座仙台学2020」 2020年2月8日
 
【講師】
学都仙台コンソーシアム 学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス公開講座「講座仙台学2020」 2020年1月18日
大槻文彦(1847~1928)は明治期に日本初の近代的国語辞典『言海』(1889-91)を編纂した国語学者として知られている。しかし、大槻の知的関心は国語辞典と日本語文法の編纂を軸としながらも、多方面にわたってからみあっていたのだ。大槻は校長として2度仙台に赴任したほか、教育の分野で様々な貢献をした。中学校での教え子、吉野作造からは終生にわたって敬愛を受けた。この講義ではこの二つの観点から大槻のマルチな活動に迫ろうと思う。
 
【講師】
日本エスペラント協会 第106回日本エスペラント大会 2019年10月14日

メディア報道

 
 
河北新報   2006年11月   [新聞・雑誌]

所属学協会

 
 
   
 
言語処理学会
 
   
 
英語コーパス学会
 
   
 
日本ロマンス語学会
 
   
 
日本言語学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2006年6月 - 現在
 
研究期間: 1997年4月 - 現在
 
研究期間: 1997年4月 - 現在
 
研究期間: 1997年4月 - 現在