言語の選択:
 

研究者業績

研究者リスト >> 伊藤 高敏
 

伊藤 高敏

 
アバター
研究者氏名伊藤 高敏
 
イトウ タカトシ
URLhttp://www.ifs.tohoku.ac.jp/geo/
所属東北大学
部署流体科学研究所 附属未到エネルギー研究センター 地殻環境エネルギー研究分野
職名教授
学位博士(工学)(東北大学)
J-Global ID200901048202122460

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 固体地球物理学
  • エネルギー / 地球資源工学、エネルギー学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料 / 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
日本機械学会  東北支部計算力学部門代議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本機械学会  東北支部計算力学部門代議員
 
2012年9月
 - 
現在
地盤工学会 水圧破砕による初期地圧測定法の基準化検討委員会  委員長
 
2012年9月
 - 
現在
地盤工学会 水圧破砕による初期地圧測定法の基準化検討委員会  委員長
 
2012年4月
 - 
現在
資源素材学会 東北支部  常議員
 

受賞

 
2010年6月
American Rock Mechanics Association, 2010 Award for Research in Rock Mechanics
 
2008年6月
岩の力学連合会, 岩の力学連合会賞(論文賞)
 
2007年11月
日本地熱学会, 日本地熱学会論文賞
伊藤高敏 渡邉 恒 D. Swenson 林一夫 
 
1995年4月
日本機械学会, 日本機械学会賞 研究奨励賞
 
1991年1月
財団法人機器研究会, (財)機器研究会 研究奨励賞
 

論文

 
 
Yasuo Yabe   Shuhei Abe   Gerhard Hofmann   Dave Roberts   Halil Yilmaz   Hiroshi Ogasawara   Takatoshi Ito   Akio Funato   Masao Nakatani   Makoto Naoi   Raymond Durrheim   
PURE AND APPLIED GEOPHYSICS      2022年4月
In December 2007, an Mw2.2 earthquake occurred in a gabbroic dike at 3.3 km depth in a deep gold mine in South Africa. The fore- and aftershock activity was analyzed in an effort to understand the preparation and generation processes of earthquake...
 
小笠原 宏   美間 良大   石田 亮壮   Siyanda MNGADI   東 充也   矢部 康男   船戸 明雄   伊藤 高敏   中谷 正生   Raymond DURRHEIM   
材料   71(3) 259-264   2022年3月
 
Bailong Liu   Anna Suzuki   Noriaki Watanabe   Takuya Ishibashi   Kiyotoshi Sakaguchi   Takatoshi Ito   
Renewable Energy   184 56-67   2022年1月   [査読有り]
 
Anna Suzuki   Miyuki Miyazawa   James M. Minto   Takeshi Tsuji   Ippei Obayashi   Yasuaki Hiraoka   Takatoshi Ito   
Scientific Reports   11(1)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Topological data analysis is an emerging concept of data analysis for characterizing shapes. A state-of-the-art tool in topological data analysis is persistent homology, which is expected to summarize quantified topological ...
 
Y. Mukuhira   M. C. Fehler   T. Ito   H. Asanuma   M. O. Häring   
Geophysical Research Letters   48(8)    2021年4月   [査読有り]
Like natural seismicity, induced seismicity caused by injection also shows a power law size distribution, and its gradient b-value is used for seismic hazard analysis. Despite the well-known result that b-value is negatively correlated with differ...

MISC

 
 
伊藤高敏   横山佳祐   熊澤明信   手塚和彦   小川浩司   横山幸也   船戸明雄   
資源・素材(Web)   2020    2020年
 
手塚和彦   山本俊也   伊藤高敏   小川浩司   横山幸也   船戸明雄   
石油技術協会誌(CD-ROM)   85(1-6)    2020年
 
渡邉則昭   坂口清敏   平野伸夫   鈴木杏奈   後藤遼太   三浦崇宏   BAILONG Liu   伊藤高敏   駒井武   土屋範芳   渡邉教弘   石橋琢也   浅沼宏   
日本地熱学会学術講演会講演要旨集   2019 35-35   2019年11月   
 
Suzuki Anna   Miyazawa Miyuki   Ito Takatoshi   
Proceedings of the 16th International Conference of Flow Dynamics   598-599   2019年11月   
 
熊澤明信   伊藤高敏   船戸明雄   手塚和彦   横山幸也   
資源・素材(Web)   2019    2019年

書籍等出版物

 
 
Ito, T(担当:単著, 範囲:1~1219)
ISRM Specialized Conference 2013   2013年8月      
 
Maruyama, S, Kobayashi, H, Maruta, K, Mizusaki, J, Nitsuma, H, Ito, T, Yamamoto, K, Aoyagi, R, Suekane, T, Akaku, K, Hashida, T(担当:共著, 範囲:Chapter 6 (Multiscale Flow and its Control for CO2 Geological Storage) pp.165-240)
Tohoku University Press   2008年3月      
 
伊藤高敏他(担当:共著, 範囲:13・13 ひずみおよび応力の測定)
2005年4月25日      

講演・口頭発表等

 
 
Suzuki, A   Hasegawa, R   Hienuki, S   Kubota, H   Ito, T   
47th Stanford Geothermal Workshop   
 
鈴木杏奈   長谷川諒   稗貫峻一   窪田ひろみ   伊藤高敏   
第8回東北大学若手研究者アンサンブルワークショップ   
 
長谷川諒   鈴木杏奈   伊藤高敏   稗貫峻一   窪田ひろみ   
日本地熱学会令和3年学術講演会   
 
椋平祐輔   伊藤高敏   岡本京祐   石橋琢也   浅沼宏   熊野裕介   森谷祐一   Meihua Yang   Kangnan Yan   Yunhei Zuo   Justin Rubinstein   Markus O. Häring   
日本地熱学会令和3年学術講演会   
 
青木晃司   椋平祐輔   伊藤高敏   
日本地熱学会令和3年学術講演会   

所属学協会

 
 
   
 
米国地球物理学会(American Geophysical Union)NIA
 
   
 
岩の力学連合会
 
   
 
米国地熱学会(Geothermal Resources Council)
 
   
 
日本地熱学会
 
   
 
資源・素材学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 1989年4月
 
研究期間: 1989年4月

産業財産権

 
 
伊藤 高敏   玉川 哲也   
 
伊藤高敏   手塚和彦   玉川哲也   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2009年9月18日
宮城県の県民を対象とする生涯学習活動支援の一環として講座「流れを科学する」の「地下のながれ」を担当

その他

 
 
地殻空間の利用ならびに地球物理に関わる諸現象の解明には地殻に作用する応力を定量的に評価できることは必要である。また、応力成分の内の水平面内に作用する最小値については、その評価手法が確立している。しかしながら、最大値については特に大深度に適用できる実用的手段は未だにない。本研究は、コアの変形を利用して、この課題解決を目指すものである。
 
 
2007年10月 - 2007年10月
海底掘削孔内での高精度・高忠実度な性能をもつ応力・歪・傾斜・地震等の計測を可能にするため、陸上掘削孔で共同試験観測を行い、IFREEおよび東北大学の持てる技術・ノウハウを集結して比較検討・評価を行うことを目的とする。
 
 
人工未固結堆積物試料内におけるフラクチャ形成・進展と流体挙動に関する実験
 
 
人工未固結堆積物試料内におけるフラクチャ形成・進展実験
 
 
堆積軟岩層を対象にした応力環境評価技術の開発