言語の選択:
 

農学研究科

研究者リスト >> 安藤 杉尋
 

安藤 杉尋

 
アバター
研究者氏名安藤 杉尋
 
 
URLhttps://www.agri.tohoku.ac.jp/ppathol/index.html
所属東北大学
部署農学研究科  応用生命科学専攻 植物機能科学講座 植物病理学分野
職名准教授
学位博士(理学)(筑波大学)
J-Global ID200901056511589510

研究キーワード

 
有機農業 ,植物免疫プライミング ,キュウリモザイクウイルス ,イネいもち病 ,雌雄性 ,植物ホルモン ,アブラナ科野菜根こぶ病

研究分野

 
  • 環境・農学 / 植物保護科学 / 
  • 環境・農学 / 植物保護科学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学 農学研究科 准教授 
 
2009年
 - 
2013年3月
東北大学 農学研究科 助教 
 
2006年
 - 
2008年
農業生物資源研究所 特別研究員   
 
2003年
 - 
2005年
日本学術振興会 特別研究員 (PD)   
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
筑波大学 生物科学研究科 生物物理化学専攻
 
1992年4月
 - 
1996年3月
筑波大学 第二学群 生物
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
2017年4月
日本植物病理学会  大会運営委員
 
2016年12月
 - 
2017年3月
日本植物病理学会  プログラム編成委員
 
2010年12月
 - 
2011年3月
日本植物生理学会  プログラム編成委員
 
2010年3月
   
 
The 6th International Symposium on Solanaceae Genome Research 2010  実行委員
 

論文

 
 
Daiki Tsukidate   Keisuke Takashima   Shota Sasaki   Shuhei Miyashita   Toshiro Kaneko   Hideki Takahashi   Sugihiro Ando   
PLOS ONE   17(6) e0269863-e0269863   2022年6月   [査読有り]
Reactive nitrogen species (RNS) play an important role in plant immunity as signaling factors. We previously developed a plasma technology to partially convert air molecules into dinitrogen pentoxide (N2O5), an RNS whose phys...
 
Sugihiro Ando   Masami Kasahara   Naoto Mitomi   Tom A. Schermer   Erika Sato   Shigenobu Yoshida   Seiya Tsushima   Shuhei Miyashita   Hideki Takahashi   
Journal of Plant Pathology      2022年2月   [査読有り]
 
Toshiro Kaneko   Hiromitsu Kato   Hideaki Yamada   Muneaki Yamamoto   Tomoko Yoshida   Pankaj Attri   Kazunori Koga   Tomoyuki Murakami   Kazuyuki Kuchitsu   Sugihiro Ando   Yasuhiro Nishikawa   Kentaro Tomita   Ryo Ono   Tsuyohito Ito   Atsushi M. Ito   Koji Eriguchi   Tomohiro Nozaki   Takayoshi Tsutsumi   Kenji Ishikawa   
Japanese Journal of Applied Physics   61 SA0805   2022年1月   [査読有り]
 
Hideki Takahashi   Midori Tabara   Shuhei Miyashita   Sugihiro Ando   Shuichi Kawano   Yoshinori Kanayama   Toshiyuki Fukuhara   Richard Kormelink   
FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   12 779925   2022年1月   [査読有り]
A cucumber mosaic virus isolate, named Ho [CMV(Ho)], was isolated from a symptomless Arabidopsis halleri field sample containing low virus titers. An analysis of CMV(Ho) RNA molecules indicated that the virus isolate, besides the usual cucumovirus...
 
Derib A. Abebe   Sietske van Bentum   Machi Suzuki   Sugihiro Ando   Hideki Takahashi   Shuhei Miyashita   
Communications Biology   4(1) 947   2021年12月   [査読有り]
Land plant genomes carry tens to hundreds of Resistance (R) genes to combat pathogens. The induction of antiviral R-gene-mediated resistance often results in a hypersensitive response (HR), which is characterized by virus containment in the initia...

MISC

 
 
安藤杉尋   佐々木稜太   高橋英樹   
土づくりとエコ農業   51(552) 38-42   2019年9月   [招待有り]
 
高橋英樹   中保一浩   宮下脩平   安藤杉尋   瀬尾茂美   
日本植物病理学会報   85(1) 44   2019年2月   
 
安藤杉尋   高橋英樹   
微生物農薬開発戦略のイノベーションと微生物群衆構造に着眼した生物的防除研究の動向 バイオコントロール研究会レポート   15 41-47   2018年3月   
 
安藤杉尋   高橋英樹   
有機農業者研究会議2018資料集   71-76   2018年   
 
安藤杉尋   高橋英樹   
有機農業資料集   4-1-4-10   2018年   

講演・口頭発表等

 
 
安藤杉尋   築舘大輝   高島圭介   佐々木渉太   宮下脩平   金子俊郎   高橋英樹   
第31回日本MRS年次大会   2021年12月13日   [招待有り]
 
武田萌   安藤杉尋   高橋英樹   宮下脩平   
令和3年度日本植物病理学会東北部会   2021年10月12日   
 
高橋英樹   徐楠   宮下脩平   安藤杉尋   
令和3年度日本植物病理学会東北部会   2021年10月12日   
 
宮下脩平   Derib A Abebe   安藤杉尋   高橋英樹   
令和3年度日本植物病理学会東北部会   2021年10月12日   
 
金井塚文音   佐々木稜太   宮下脩平   安藤杉尋   高橋英樹   
令和3年度日本植物病理学会東北部会   2021年10月12日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
植物保護学 (東北大学農学部)
 
   
 
生命科学A (東北大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本植物生理学会
 
   
 
日本植物病理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
植物免疫におけるRNAサイレンシング機構のプライミング
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
安藤 杉尋 大谷 峻 小関 彩恵子 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
ウイルス・卵菌複合抵抗性を支配する植物免疫受容体の機能解明と防除応用への分子基盤
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
高橋 英樹 安藤 杉尋 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
 
キメラ抵抗性遺伝子を用いたウイルス・卵菌類複合抵抗性の分子機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
高橋 英樹 安藤 杉尋 
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
 
生物的・非生物的ストレスと病害抵抗性のクロストークに関わるタンパク質因子の探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
安藤 杉尋 
研究期間: 2011年 - 2012年
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2017年2月12日
植物免疫システムの活用化について
植物の病気ってなんだろう-植物病原微生物と人間の不思議な関係

仙台市市民活動サポートセンター 研修室5

メディア報道

 
 
テレビ朝日   2017年8月   [テレビ・ラジオ番組]
いもち病の発生の可能性について

その他

 
 
本研究は有機農業における病害抑制効果を有機栽培育苗土に含まれる機能微生物およびその多様性の観点から解明しようとするものである。