言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 多田 千佳
 

多田 千佳

 
アバター
研究者氏名多田 千佳
 
タダ チカ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/47a34da9236a70f3aea0966e49717c78.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻 動物生産科学講座 動物環境システム学分野
職名准教授
学位博士(筑波大学)
J-Global ID200901001846728842

研究キーワード

 
環境微生物 ,バイオエネルギー ,有機性廃棄物処理

研究分野

 
  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術 / 
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / 
  • 環境・農学 / 環境動態解析 / 

経歴

 
2009年2月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科  准教授 
 
2008年4月
 - 
2009年1月
(独)産業技術総合研究所バイオマス研究センター  特別研究員 
 
2005年4月
 - 
2008年3月
沖縄工業高等専門学校生物資源工学科  助手、助教 
 
2002年4月
 - 
2005年3月
(独)産業技術総合研究所エネルギー利用部門  特別研究員 
 
1999年4月
 - 
2001年3月
(財)茨城県科学技術振興財団霞ヶ浦水質浄化プロジェクト  研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
筑波大学 大学院農学研究科 応用生物化学専攻
 
 
 - 
1998年3月
東北大学 大学院農学研究科 畜産学専攻
 
 
 - 
1996年3月
東北大学 農学部 応用動物科学系
 

委員歴

 
2021年2月
 - 
現在
仙台市環境影響評価審査会委員
 
2020年4月
 - 
現在
仙台市廃棄物対策審議委員会委員
 
2018年4月
 - 
現在
大崎市バイオマス産業都市委員会
 
2017年
 - 
現在
バイオマス科学会議実行委員会
 
2016年3月
 - 
現在
広瀬川創生プラン策定推進協議会  委員
 

受賞

 
2015年12月
環境省, グットライフアワード 環境大臣賞特別賞,エネカフェメタンを中心としたバイオマスエネルギー生産と資源循環
東北大学大学院農学研究科 
 
2015年3月
NPO法人 環境エネルギー技術研究所, 第6回研究奨励賞受賞者,小型メタン発酵によるバイオマス資源循環に関する研究
 
2013年6月
Japan Society on Water Environment, WET Excellent Presentation Award
 
2012年1月
財団法人みやぎ産業科学振興基金, 第12回財団法人みやぎ産業科学振興基金研究奨励賞,バイオマス循環・低炭素社会を目指した有機性廃棄物処理
 
2007年8月
独立行政法人国立高等専門学校機構, 平成19年度教育教員研究集会 独立行政法人国立高等専門学校機構理事長賞
平山けい 田邊俊朗 多田千佳 
 

論文

 
 
Shuhei Takizawa   Ryoki Asano   Yasuhiro Fukuda   Yasunori Baba   Chika Tada   Yutaka Nakai   
Animal Science Journal   92(1)    2021年10月   [査読有り]
 
Riku Sakurai   Shuhei Takizawa   Yasuhiro Fukuda   Chika Tada   
PLOS ONE   16(9) e0257651-e0257651   2021年9月   [査読有り]
Scum is formed by the adsorption of long-chain fatty acids (LCFAs) onto biomass surface in anaerobic digestion of oily substrates. Since scum is a recalcitrant substrate to be digested, it is disposed via landfilling or incineration, which results...
 
K. Seiwa   D. Kunii   K. Masaka   S. Hayashi   C. Tada   
Forest Ecology and Management   498    2021年   [査読有り]
 
Shuhei Takizawa   Ryoki Asano   Yasuhiro Fukuda   Mengjia Feng   Yasunori Baba   Kenichi Abe   Chika Tada   Yutaka Nakai   
FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   11 603818-603818   2020年12月
Treatment with rumen microorganisms improves the methane fermentation of undegradable lignocellulosic biomass; however, the role of endoglucanase in lignocellulose digestion remains unclear. This study was conducted to investigate endoglucanases c...
 
Chol Gyu Lee   Yasunori Baba   Ryoki Asano   Yasuhiro Fukuda   Chika Tada   Yutaka Nakai   
JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING   130(2) 137-141   2020年8月   [査読有り]
We had developed a new pretreatment system using cow rumen fluid to improve the methane production from lignocellulosic substrates. However, the pretreatment conditions differ from the in-situ rumen environment, therefore different microbes may be...

MISC

 
 
 
上田 祐未   桑原 衛   多田 千佳   
熱帯農業研究   13(1) 49-53   2020年
 
瀧澤 修平   阿部 憲一   福田 康弘   多田 千佳   中井 裕   
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   30 269-269   2019年
<p>食肉処理場でウシの第一胃液(ルーメン液)は廃水として処理されるが,これを植物系バイオマスの前処理に用いることで、効率的なメタン発酵が可能となった。だが多量のルーメン液の運搬は膨大なエネルギーを要する。本研究は、凝結凝集法によってルーメン液から微生物を回収し、その回収効率および回収したルーメン微生物の植物系バイオマス分解活性を解析した。鉄系凝結剤と石膏系凝集剤を用いた凝結凝集法により、ルーメン液中の固形物の約96%が凝集された。凝集物にはルーメン微生物が高効率に凝集され、エンドグルカナ...
 
遠藤雅也   多田千佳   
日本水処理生物学会誌 別巻   (39)    2019年
 
瀧澤修平   浅野亮樹   福田康弘   多田千佳   中井裕   
日本畜産学会大会講演要旨   125th    2019年

書籍等出版物

 
 
多田, 千佳, 米林, 宏昌
農山漁村文化協会   2020年2月   (ISBN:9784540192036)
 
多田千佳, 中野和典(担当:共著, 範囲:第1章排熱を活用した小規模メタン発酵による分散型エネルギー生産と地域循環システムの構築)
恒星社厚生閣   2017年3月30日      
 
多田千佳, 中井裕ら(担当:共著, 範囲:第2章-3, 第2章-4, 第6章-6)
2015年7月      
 
中井裕ら編著, 多田, 一部担当(担当:共著)
2013年      

講演・口頭発表等

 
 
Material experiments for making methanogen cathode microbial fuel cell using 3D printer
多田千佳   
2021年6月23日   [招待有り]
 
The study of anaerobic digestion for recycling waste from the agricultural field and food garbage
多田千佳   
2020年7月2日   
 
Change in Cellulase Activity during Pretreatment with Rumen Fluid for the Anaerobic Digestion of Lignocellulosic Biomass.
多田 千佳   
Water and Environment Technology Conference 2018   2018年7月14日   
 
Suppression of bacterial wilt disease using anaerobic digester effluent.
多田 千佳   
The Water and Environment Technology Conference 2018   2018年7月14日   
 
Electricity Generation with a Fed-Batch Type and a Continuous Type Methanogen Cathode Microbial Fuel Cell.
Water and Environment Technology Conference 2018.   2018年7月14日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
化学 (沖縄工業高等専門学校)
 
   
 
生物資源工学セミナー (沖縄工業高等専門学校)
 
   
 
復興農学センター (東北大学と社会人)
 
   
 
AMB 留学生に向けての講義 (東北大学)
 
   
 
農と農学 (東北大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本畜産環境学会
 
   
 
日本畜産学会
 
   
 
日本エネルギー学会
 
   
 
日本水環境学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
CO2直接供給型バイオカソード微生物燃料電池による高速メタン変換・循環システム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
多田 千佳 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
 
農工連携による離島漁村集落のオフグリッドに向けた炭素・窒素の島内循環への挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
大風 翼 多田 千佳 米澤 千夏 川島 範久 
研究期間: 2019年6月 - 2022年3月
 
メタン菌の付着機構解明による先端的コーティング配置技術の開発と高性能電極の試作
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)
多田 千佳 関口 貴子 高橋 英志 
研究期間: 2017年6月 - 2021年3月
 
機能性ルーメン微生物群集の高密度・コンパクト化による非食用バイオマスのメタン発酵
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
中井 裕 多田 千佳 福田 康弘 馬場 保徳 阿部 憲一 浅野 亮樹 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月

産業財産権

 
 
 
 
多田 千佳   山家 智之   白石 泰之   圓山 重直   
 
 
澤山 茂樹   ミヤウ シャヒデゥラ エムディー   多田 千佳   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2016年3月26日 - 2016年3月27日
地熱を活用した試みでの生産物を紹介するマルシェ
当方は、エネカフェでできた液肥を配布、エネカフェのしくみの展示
 
【その他】
 2016年3月24日
エネカフェメタンの試みについてご紹介
 
【その他】
 2016年3月5日 - 2016年3月6日
エネカフェでできた液肥の散布、エネカフェのご紹介
 
【その他】
 2016年2月27日
バイオガスでお湯を沸かすと液肥をつかった夢の発表会、自分でつくった液肥を花壇に散布
 
【その他】
 2016年2月20日
エネカフェメタンのこれまでの取り組みと、今後のエネルギー生産、資源循環への展望について講演

メディア報道

 
 
日本海新聞   広域(20)   2020年12月   [新聞・雑誌]
 
北陸中日新聞   2020年6月   [新聞・雑誌]
 
北陸中日新聞   9   2020年3月   [新聞・雑誌]
 
 
河北新報   2017年3月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
2015年7月 - 2015年7月
 
 
水産加工地域における、魚のアラや排水汚泥を用いて、工場からの排熱を活用しながら小型のメタン発酵システムで、バイオガス生産し、発電、そして、消化液を人工湿地で浄化する、災害にも対応可能なシステムとして地域分散型エネルギー生産を行うものである。
 
 
課題3「再生可能エネルギーを中心とし、人・車等のモビリティ(移動体)の視点を加えた都市の総合的なエネルギー管理システムの構築のための研究開発」
3-5-2 温泉熱を利用したEMS小型・高効率メタン発酵法の開発
温泉熱を活用した小型メタン発酵装置による高効率なメタン生成条件の検討し、そこで得られたバイオガスをエネルギー利用することを検討、発電した電気は蓄電池へ充電することで、エネルギー運搬につなげる
 
 
水産加工工場からの排熱を活用した小型メタン発酵によるバイオマスエネルギー生産と、生産したバイオガスを利用した発電を行う。また、得られる消化液の排水処理には、電気を使用しない人工湿地による排水処理を行う。さらに、消化液を用いた養殖用の微細藻類の培養への利用についても検討する。
 
 
水産加工工場の排熱を利用した小型メタン発酵装置による分散型エネルギー生産と地域資源循環の可能性を調査する研究