言語の選択:
 

災害科学国際研究所

研究者リスト >> 五十子 幸樹
 

五十子 幸樹

 
アバター
研究者氏名五十子 幸樹
 
イカゴ コウジユ
URLhttps://sites.google.com/site/ikagolab/home
所属東北大学
部署災害科学国際研究所 災害評価・低減研究部門 地震工学研究分野
職名教授
学位博士(工学)(京都大学)
科研費研究者番号20521983
ORCID ID0000-0003-0350-0142
J-Global ID200901068233969992

研究キーワード

 
速度依存型ダンパー ,制振構造 ,免震構造 ,逆問題 ,エネルギー変分原理 ,最適設計

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料 / 

経歴

 
2013年2月
 - 
現在
災害科学国際研究所  教授 
 
2008年6月
 - 
2013年1月
東北大学工学研究科・工学部  准教授 
 
2005年1月
 - 
2008年5月
株式会社日建設計  構造設計主管 
 
1992年4月
 - 
2004年12月
株式会社日建設計   
 

学歴

 
 
 - 
2005年9月
京都大学 工学研究科 建築学専攻
 
 
 - 
1992年3月
京都大学 工学部 建築系学科
 

委員歴

 
2021年4月
 - 
現在
日本建築学会  構造委員会振動制御小委員会主査
 
2016年4月
 - 
現在
(財)福島県建築安全機構  構造計算適合性判定技術監視委員会副委員長
 
2010年4月
 - 
2021年3月
日本建築学会  構造委員会振動制御小委員会
 
2018年11月
 - 
2019年3月
国立大学法人室蘭工業大学  国立大学法人室蘭工業大学外部評価委員
 
2018年9月
 - 
2018年12月
公益社団法人日本地震工学会  第15回日本地震工学シンポジウム運営委員会委員
 

受賞

 
2016年9月
日本学術振興会, 平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰
 
2015年5月
一般社団法人日本建築学会, 2015年日本建築学会著作賞,免震建物や超高層建物など、一般建築物と比較して大地震時に応答変位が過大となる構造物を対象とし、応答変位そのものを抑制する「変位制御設計」に関し、著者が長年精力的に取り組んで来た研究成果をまとめた著作である。本書で提案された先駆的な「変位制御設計」の社会的な重要性はますます高まっていくと考えられ、その理論的な基盤となるべき非常に優れた著作である。
井上範夫 五十子幸樹 
 
2013年2月
Architectural Institute of Japan, Architectural Institute of Korea, and Architectural Society of China., Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Best Papaer Award 2012,Journal of Asian Architecutre and Building Engineering 2012年度最優秀論文賞
五十子幸樹 杉村義文 斉藤賢二 井上範夫 
 

論文

 
 
Hao Luo   Kohju Ikago   
Earthquake Engineering & Structural Dynamics      2021年4月   [査読有り]
 
Keivan, A.   Zhang, R.   Keivan, D.   Phillips, B.M.   Ikenaga, M.   Ikago, K.   
Journal of Earthquake Engineering   1-24   2020年   [査読有り]
 
Luo, H.   Ikago, K.   Chong, C.   Keivan, A.   Phillips, B.M.   
Engineering Structures   181 324-335   2019年   [査読有り]
 
Asai, T.   Araki, Y.   Ikago, K.   
Structural Control and Health Monitoring   25(2)    2018年   [査読有り]
This paper investigates the validity of the tuned inertial mass electromagnetic transducer (TIMET) applied to building structures subjected to seismic motions. The TIMET is a device inspired by two innovative structural control devices proposed re...
 
Keivan, A.   Phillips, B.M.   Ikago, K.   
Engineering Structures   167 256-271   2018年   [査読有り]
This paper proposes an adaptive approach to achieve an accurate causal realization of rate-independent linear damping (RILD). RILD provides direct control over displacement, a benefit to low-frequency structures subjected to earthquake ground moti...

MISC

 
 
五十子 幸樹   
制振技術   (43) 2-6   2021年4月   
 
五十子幸樹   
翠巒      2020年1月   
 
五十子 幸樹   
鉄鋼技術   32(377) 48-49   2019年10月   
 
五十子幸樹   
建築雑誌   131(1681) 26-27   2016年4月   
 
五十子幸樹   
MENSHIN   92 1-2   2016年4月   

書籍等出版物

 
 
井上範夫, 五十子幸樹(担当:共著, 範囲:2章11頁~22頁、4章、5章87頁~134頁)
丸善出版   2012年12月25日   (ISBN:9784621086308)   

講演・口頭発表等

 
 
A nonlinear cable bracing inerter system for vibration control
Ban X L   Xue S T   Kang J F   Ikago K   Xie L Y   
8th Asia-Pacific Workshop on Structural Health Monitoring   2021年12月9日   
 
Dynamic reliability of nonlinear structural system with uncertain parameters of passive damper
Dawei Li   Hesheng Tang   Kohju Ikago   Songtao Xue   
17th World Conference on Earthquake Engineering   2021年   
 
Real-time Hybrid Simulation of a Variable Orifice Damper Incorporated into Base Isolated Building
Kohju Ikago   Iori Fukuda   Hao Luo   Dawei Li   Hideto Kanno   Norio Hori   
17th World Conference on Earthquake Engineering   2021年   
 
Development of variable mass effect by rotary inertial damper using a hydraulic gear motor
Masahiro Ikenaga   Hidenori Kida   Shigeki Nakaminami   Kohju Ikago   Norio Inoue   
17th World Conference on Earthquake Engineering   2021年   
 
A generalized model of approximated rate-independent linear damping incorporated into base-isolated structure
Hao Luo   Kohju Ikago   
17th World Conference on Earthquake Engineering   2021年   

所属学協会

 
 
   
 
米国土木学会
 
   
 
日本地震工学会
 
   
 
社団法人日本建築学会

Works(作品等)

 
 
 
 
 
2003年1月   建築作品
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2003年4月 - 現在
 
 
免震構造物高性能化のための革新的ダイナミック・マス・ダンパーの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
五十子 幸樹 GUO XUEYUAN 
研究期間: 2020年11月 - 2023年3月
 
免震機能を有する構造物の過大変位抑制効果を検証する非線形振動台実験の高性能制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
榎田 竜太 梶原 浩一 五十子 幸樹 池永 昌容 郭 佳 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
超高層の耐震設計に死角はないか?―漸増ねじれ倒壊とそのカラクリ―
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
荒木 慶一 五十子 幸樹 長江 拓也 西村 勝尚 前田 宜浩 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月

産業財産権

 
 
荒木慶一   大森俊洋   須藤祐司   聲高裕治   五十子幸樹   貝沼亮介   石田清仁   草間知枝   

社会貢献活動

 
 
【講師】
NTTファシリティーズ総合研究所 オンラインセミナー (シーバンスN館) 2021年12月10日 - 2021年12月10日
 
【講師】
日本振動技術協会 建築・土木用制振ダンパの応用展開 (江東公会堂) 2020年12月10日 - 2020年12月10日
 
 
【その他】
東北大学 オープンキャンパス模擬講義 (東北大学) 2019年7月30日 - 2019年7月31日
 
【講師】
東北工業大学 東北工業大学主催パリVal de Seine建築大学との国際ワークショッ (東北工業大学) 2019年4月18日

メディア報道

 
 
朝日新聞   朝日小学生新聞   2019年12月   [新聞・雑誌]
 
北海道新聞社   北海道新聞   日刊   2018年11月   [新聞・雑誌]
 
河北新報社   河北新聞   朝刊   2018年9月   [新聞・雑誌]
 
河北新報社   2012年5月   [新聞・雑誌]
日本の耐震工学、免震構造・制振構造について、エッセイ風に解説
 
建設産業新聞   2012年4月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
長周期構造物の変位制御設計に有効な複素減衰を近似するパッシブデバイスを開発する.
 
 
P-Delta効果と呼ばれる幾何学的非線形効果に伴う高層建築物の地震時動的不安定現象対策技術の開発
 
 
次世代型ダンパーの実装に磁気粘性流体ダンパーを用い、現代制御理論等に基づいた線形2次制御など既に様々な制御則が提案されているが、これまでにない独創的な制御方法を提案することで目標の減衰モデルを実時間領域において実現する
 
 
既往のエネルギー消費要素とダイナミック・マスの多様な組み合わせをコンピュータにより自動的に探索し、新たな高性能ダンパーを創生する
 
 
免震構造物や超高層建物のような長周期建物に対する長周期長時間地震動対策における、速度非依存線形減衰の有効性を理論的に検証を実施した。