言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

 

永沼 博

 
アバター
研究者氏名永沼 博
 
ナガヌマ ヒロシ
URLhttps://scholar.google.co.jp/citations?user=eoV8nhsAAAAJ&hl=ja&oi=ao
所属東北大学
部署国際集積エレクトロニクス研究開発センター 研究開発部門
職名准教授
学位博士(工学)(Osaka University)
その他の所属工学部電子情報物理工学科, スピントロニクス学術連携センターCSRN, 先端スピントロニクス研究開発センターCSIS
ORCID ID0000-0003-2966-8269
J-Global ID200901010307751821

プロフィール

[2次元材料と規則合金の結合] グラフェン、WS2, h-BNなどの二次元材料と高磁気異方性を有するL10規則合金材料の界面結合に関わる研究を行っている。[強的秩序とその操作に関わる研究] 強誘電体およびマルチフェロイクスなど外場との相互作用の強い酸化物を用いた接合および界面を作製し、新しいスピン依存伝導現象、2次元電子ガスのスピン軌道相互作用を利用した高効率スピン-電荷変換に関わる研究を行っている。また、室温で動作する新規マルチフェロイックスの探索を行っている。[高速スピンダイナミクス] スピントランスファートルク、スピン軌道トルクなどを利用した高速スピンダイナミクスの研究を行っている。特に、高い結晶磁気異方性を有するL10規則合金を用いた強磁性トンネル接合素子において高周波スピンダイナミクスを電気的に検出し、不揮発性磁気メモリの高速動作時の物理的現象の理解および次世代の高周波スピン発振・検波の研究開発を行っている。[STT, SOT-MRMA集積デバイス] CMOSと3次元構造としたSTT, SOT-MRAM集積デバイスの実用化研究を行っている。サブナノ秒の高速磁化反転特性およびデータ熱安定性を300mmシリコンウェハー上に作製したSTT,SOT-MRAM素子を用いて評価している。また、マイクロマグネティックシミュレーションによる解析も行っている。

研究キーワード

 
集積デバイス ,人工知能 ,強的秩序とその操作 ,酸化物エレクトロニクス ,薄膜 ,マルチフェロイクス ,スピントロニクス

研究分野

 
  • 情報通信 / 計算科学 / 
  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 不揮発性磁気メモリ
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 

委員歴

 
2021年12月
 - 
現在
次世代放射光施設利用推進委員会  マシンタイム管理検討専門委員会委員
 
2021年4月
 - 
現在
東北大学  安全保障輸出管理委員会(全学)委員
 
2021年1月
 - 
現在
公益社団法人応用物理学会 強的秩序とその操作に関わる研究会  代表
 
2020年4月
 - 
現在
J-PARC MLF  課題審査委員
 
2020年4月
 - 
現在
International conference on Solid State Devices and Materials  Program committee member
 

受賞

 
2021年9月
公益社団法人応用物理学会, 第82回応用物理学会秋季学術講演会 ポスター賞,グラフェン/L10-規則合金界面に誘起された異方的軌道モーメント
永沼 博 西嶋 雅彦 安達 隼人 植本 光治 新屋 ひかり 安井 伸太郎 森岡 仁 B. Dlubak P. Seneor 雨宮 健太 
 
2020年7月
フロンティア材料研究所, フロンティア材料研究所学術賞,ペロブスカイトエピタキシャル膜の構造解析と界面キャリア注入効果
永沼 博 
 
2019年3月
公益社団法人応用物理学会, ポスター賞,Increase of Fe Magnetic moment of BiFeO3 in Co/BiFeO3/LaSrMnO3 tunnel junctions
永沼 博 一ノ瀬 智浩 
 
2007年9月
日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会 優秀講演賞受賞
 

論文

 
 
Hiroshi Naganuma   Masahiko Nishijima   Hayato Adachi   Mitsuharu Uemoto   Hikari Shinya   Shintaro Yasui   Hitoshi Morioka   Akihiko Hirata   Florian Godel   Marie-Blandine Martin   Bruno Dlubak   Pierre Seneor   Kenta Amemiya   
ACS Nano   16 4139-4151   2022年2月   [査読有り]
 
Tomohiro Ichinose   Daisuke Miura   Hiroshi Naganuma   
ACS Applied Electric Materials   3 4836-4848   2021年11月   [査読有り]
 
H. Lu   J. Robertson   H. Naganuma   
Applied Physics Reviews   8 031307-1-031307-14   2021年8月   [査読有り]
 
H. Naganuma   S. Miura   H. Honjo   K. Nishioka   T. Watanabe   T. Nasuno   H. Inoue   T. V. A. Nguyen   Y. Endo   Y. Noguchi   M. Yasuhira   S. Ikeda   T. Endoh   
VLSI Technology Digest   T0179    2021年6月   [査読有り]
 
Tomohiro Ichinose   Hiroshi Naganuma   
Journal of Applied Physics   129 034101-1-034101-8   2021年1月   [査読有り]

MISC

 
 
永沼博   一ノ瀬智浩   ZHAO H. J.   INIGUEZ J.   安井伸太郎   BAE In-Tae   
応用物理学会東北支部学術講演会(CD-ROM)   75th    2020年
 
Hiroshi Naganuma   Hironori Fujisawa   Takashi Iijima   
Japanese Journal of Applied Physics   57 090201-090201   2018年6月   
 
永沼 博   
まてりあ   54(8) 383-389   2015年8月   
 
T. Nakano   M. Oogane   H. Naganuma   Y. Ando   
2015 IEEE MAGNETICS CONFERENCE (INTERMAG)      2015年   
 
Z. Yuan   J. Feng   P. Guo   T. Nakano   S. Ali   X. Han   H. Naganuma   Y. Ando   
2015 IEEE MAGNETICS CONFERENCE (INTERMAG)      2015年   

書籍等出版物

 
 
永沼 博(担当:単著, 範囲:特集号:Society5.0に貢献する誘電体材料・デバイス研究の新展開)
セラミックス   2021年7月   
 
永沼 博(担当:単著, 範囲:10巻4頁目)
東京工業大学フロンティア材料研究所   2020年10月   
 
Hiromi Shima, Hiroshi Naganuma, Soichiro Okamura(担当:共著)
2013年6月1日      
 
Hiroshi Naganuma(担当:共編者(共編著 者))
2011年7月      

講演・口頭発表等

 
 
永沼 博   岡村 総一郎   安藤 康夫   
特定領域「スピン流の創出と制御」研究会   2008年7月23日   
 
Sintaro Yasui   Hiroshi Naganuma   Soichiro Okamura   Ken Nishida   Takashi Yamamoto   Takashi Iijima   Masaaki Azuma   Hitoshi Morioka   Keisuke Saito   Hiroshi Funakubo   
International Symposium on Integrated Feroelectrics   2008年6月12日   
 
永沼 博   安井 伸太郎   舟窪 浩   西田 謙   飯島 高志   安藤 康夫   岡村 総一郎   
特定領域研究会 第二回トピカルミーティング   2008年6月7日   
 
永沼 博   三浦 淳   岡村 総一郎   安井 伸太郎   舟窪 浩   西田 謙   飯島 高志   飯島 高志   東 正樹   神島 謙二   柿崎 浩一   平塚 信之   
第25回強誘電体応用会議   2008年5月30日   
 
島 宏美   飯島 高志   舟窪 浩   永沼 博   岡村 総一郎   
第25回強誘電体応用会議   2008年5月30日   

担当経験のある科目(授業)

 
2019年10月
 - 
現在
熱学・統計力学A (東北大学)
2019年7月
 - 
現在
先端スピン工学特論
2019年10月
 - 
2020年3月
物性物理学原論A (東北大学)
 
   
 
電子材料物性A (東北大学大学院)
 
   
 
電磁気学基礎演習 (東北大学)

所属学協会

 
2021年1月
 - 
現在
公益社団法人応用物理学会「強的秩序とその操作に関わる研究会」
2015年1月
 - 
2020年12月
公益財団法人応用物理学会「強的秩序とその操作に関わる研究グループ」
 
   
 
応用物理学会

産業財産権

 
 
永沼 博   一ノ瀬 智浩   大兼 幹彦   安藤 康夫   
 
好田 誠   永沼 博   遠藤 恭   関 剛斎   宮崎 孝道   
 
永沼 博   フスネ アラ ベガン   窪田 美穂   佐藤 敬   大兼 幹彦   安藤 康夫   
 
大兼 幹彦   佐藤 丈   窪田 崇秀   永沼 博   安藤 康夫   
 
永沼 博   モハメド ナズルル   イスラム カーン   井波 暢人   大兼 幹彦   安藤 康夫   

学術貢献活動

 
 
学術調査立案・実施
文部科学省科学技術 2018年2月19日 - 2018年2月19日

社会貢献活動

 
 
【出演】
科学技術振興機構 2018年11月9日 - 2018年11月10日
 
【企画】
公社応用物理学会 特別講演会 2018年9月22日 - 2018年9月22日
 
【企画】
 2013年12月13日
仙台市立愛宕中学校にてリフレッシュ理科教室を行った
 
【その他】
 2013年9月17日 - 2013年9月18日
応用物理学会の各支部により日頃のリフレッシュ理科教室で展示している工作などの意見交換およびFDについて。
 
【企画】
仙台放送 2013年6月28日
全国各地から集まった物理学者たちが、被災して近くで校舎を間借りしている仙台市内の小学校で理科教室を開きました。

メディア報道

 
 
日本経済新聞   日本経済新聞 電子版   速報   2022年3月   [インターネットメディア]
 
 
日刊工業新聞   科学技術・大学   2021年6月   [新聞・雑誌]
 
日刊工業新聞   https://www.nikkan.co.jp/articles/view/601207?isReadConfirmed=true   2021年6月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
YBCO高温超電導体にスピンポンピング法によりスピン流を注入する。Tc近傍でTcがスピン注入の影響により変化することが期待されており、Tcの新しい制御方法として注目されている。
 
 
BiFeO3ペロブスカイト構造はバルクではR3cであるが、エピタキシャル薄膜となると基板からの応力により結晶対称性が変化することが知られている。しかし、これまでに高精度の構造因子計算を行い、構造解析を行った例は少ない。また、電子線回折はX線回折に比べて波長が短いため広い逆格子空間の実験が可能である。本共同研究では日本側が高品質な試料を提供し、米国側が高精度の構造解析を行い、これまで明らかになってない結晶対称性について正確に評価する技術を確立することを目的とする。
 
 
高品質FePdエピタキシャル膜作製のためのスパッタターゲット開発
 
 
垂直磁気異方性を自由層としたトンネル磁気抵抗素子およびマルチフェロイックをもちいた新規トンネル磁気抵抗素子によりこれまでにない新しい機能性スピンデバイスを創製することを目的とする。
 
 
磁気センサーをもちいて微弱な脳磁図および心磁図を描くことを目的としており、現行のSQUIDの代替を目的としている。