言語の選択:
 

材料科学高等研究所

研究者リスト >> 池田 進
 

池田 進

 
アバター
研究者氏名池田 進
 
イケダ ススム
URLhttp://orcid.org/0000-0003-3962-8367
所属東北大学
部署材料科学高等研究所 (WPI-AIMR)
職名准教授
学位博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号20401234
J-Global ID200901033444702536

研究キーワード

 
岩石・鉱物科学 ,材料科学

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 

経歴

 
2020年5月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 ・客員研究員   
 
2010年11月
 - 
現在
東北大学 材料科学高等研究所 WPI-AIMR(旧称:原子分子材料科学高等研究機構)  准教授 
 
2019年10月
 - 
2020年3月
東北大学 WPI-AIMR 副研究支援部門長(研究担当副事務部門長)兼務 
 
2018年4月
 - 
2019年9月
東北大学 WPI-AIMR 研究支援部門長(事務部門長)兼務 
 
2011年3月
 - 
2018年3月
東北大学 WPI-AIMR 研究担当副事務部門長 兼務 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地質学専攻 博士課程
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地質学専攻 修士課程
 
1986年4月
 - 
1990年3月
東北大学 理学部 地学系入学・地学科地学第二(岩石鉱物鉱床学教室)卒業 学士課程
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本化学会 東北支部  幹事(会計)
 

受賞

 
1996年5月
社団法人セメント協会, 社団法人セメント協会「第24回セメント協会論文賞」,受賞対象「クリンカー鉱物のX線回折パターン分解によるキャラクタリゼーションと強度発現性の研究」
市川牧彦 池田 進 小向雄人 
 

論文

 
 
Susumu Ikeda   
Japanese Journal of Applied Physics   59(11) 115506   2020年11月   [査読有り]
 
Ryo Nouchi   Yoshiaki Ishihara   Susumu Ikeda   
AIP Advances   10(7) 075312-075312   2020年7月   [査読有り]
 
Hiroya Abe   Yutaro Hirai   Susumu Ikeda   Yasutaka Matsuo   Haruyuki Matsuyama   Jun Nakamura   Tomokazu Matsue   Hiroshi Yabu   
NPG Asia Materials   11(1) 57   2019年12月   [査読有り]
© 2019, The Author(s). A new class of Pt-free catalysts was designed that included molecular iron phthalocyanine (FePc) derivatives, namely, iron azaphthalocyanine (FeAzPc) unimolecular layers (Fe AzULs) adsorbed on oxidized multiwall carbon nanot...
 
Susumu Ikeda   
Applied Physics Express   13(1) 015508   2019年12月   [査読有り]
 
Wataru Yashiro   Susumu Ikeda   Yasuo Wada   Kentaro Totsu   Yoshio Suzuki   Akihisa Takeuchi   
Scientific Reports   9 14120   2019年10月   [査読有り]

MISC

 
 
池田 進   
電気学会誌   136(2) 74-77   2016年2月   
 
池田 進   
表面科学   35(4) 196-201   2014年4月   
 
池田 進   斉木幸一朗   和田恭雄   
NanotechJapan Bulletin   3(3)    2010年5月   
 
池田 進   和田恭雄   稲葉克彦   寺嶋和夫   島田敏宏   斉木幸一朗   
日本結晶成長学会誌   35(4) 243-248   2008年   
 
池田 進   
分光研究   56(2) 68-70   2007年3月   

書籍等出版物

 
 
Susumu Ikeda, Motoko Kotani(担当:共著)
Springer   2015年12月   (ISBN:9784431558620)   

講演・口頭発表等

 
 
分子動力学シミュレーションで見たペンタセン臨界核の挙動
池田 進   
2020年(令和2年)第81回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン)   2020年9月11日   
 
分子動力学シミュレーションを用いたペンタセンの臨界核に関する考察
池田 進   
2020年(令和2年)第67回応用物理学会春季学術講演会(新型コロナウイルスの影響で講演会は中止になったが、発表は成立とされている)   2020年3月12日   
 
Molecular Dynamics Simulations of Organic Semiconductor Thin Film Growth
池田 進   
13th Japan-France Workshop on Nanomaterials / 4th WPI-Workshop on Materials Science (NanoMat2019) (Paris, France)   2019年6月3日   
 
Molecular dynamics simulations of organic semiconductor thin film growth: stability of nuclei and their growth
池田 進   
E-MRS 2019 Spring Meeting (Nice, France)   2019年5月28日   
 
有機半導体薄膜成長の分子動力学シミュレーション - 立った分子からなる核の安定性と成長 -
池田 進   
2019年(平成31年)第66回応用物理学会春季学術講演会(東京都目黒区・東京工業大学 大岡山キャンパス)   2019年3月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本表面科学会
 
   
 
Mineralogical Society of America (MSA)
 
   
 
日本鉱物科学会
 
   
 
Materials Research Society (MRS)
 
   
 
日本物理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
有機グラフォエピタキシーの分子レベル初期過程の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C) (15K04674)
池田 進 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
 
グラフォエピタキシーによる有機薄膜の面内配向制御と電界効果トランジスタへの応用
日本学術振興会: 若手研究(スタートアップ) (18860020)
池田 進 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月

社会貢献活動

 
 
【企画,運営参加・支援】
 2017年10月7日 - 2017年10月8日
 
【企画,運営参加・支援】
 2015年10月10日 - 2015年10月11日
 
【企画,運営参加・支援】
 2013年10月12日 - 2013年10月13日
 
【その他】
 2011年12月17日 - 2011年12月18日
WPI 6拠点合同で出展し、WPIおよび各拠点のアピールを行った。
 
【その他】
 2011年11月12日
【日時】 2011年11月12日(土)13:00-18:00
【会場】 福岡銀行本店大ホール(福岡市中央区)

中高生や一般の方を対象として、WPI拠点の研究活動等を紹介する合同シンポジウムが九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER=アイスナー)の主催によって開催された。WPI-AIMRからは小谷元子副機構長が「夢に形を与える」と題した講演を行ったほか、アウトリーチ担当者(池田准教授)がブース展示と来場者と材料に親しむ体験実験を行った。