言語の選択:
 

サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

研究者リスト >> 伊藤 正俊
 

伊藤 正俊

 
アバター
研究者氏名伊藤 正俊
 
イトウ マサトシ
URLhttps://www.cyric.tohoku.ac.jp/kenkyu/kasoku/
所属東北大学
部署サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 加速器研究部
職名教授
学位博士(理学)(京都大学)
J-Global ID200901017095213101

研究キーワード

 
原子核物理学

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
HIMAC共同利用運営委員会  委員
 
2015年8月
 - 
現在
日本加速器学会  学会誌編集委員
 
2019年4月
 - 
2020年3月
大阪大学核物理研究センター 研究計画委員会  委員長
 
2016年4月
 - 
2020年3月
大阪大学核物理研究センター 研究計画委員会  委員
 
2016年6月
 - 
2018年4月
大阪大学核物理研究センター 実験課題採択委員会  委員
 

受賞

 
2014年10月
東北大学理学部同窓会(泉萩会), 第10回森田記念賞
 

論文

 
 
K.S. Tanaka   U. Dammalapati   K. Harada   T. Hayamizu   M. Itoh   H. Kawamura   H. Nagahama   K. Nakamura   N. Ozawa   Y. Sakemi   
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   1017 165803-165803   2021年11月
 
T. Furuno   A. Koshikawa   T. Kawabata   M. Itoh   S. Kurosawa   T. Morimoto   M. Murata   K. Sakanashi   M. Tsumura   A. Yamaji   
Journal of Instrumentation   16(10) P10012-P10012   2021年10月
 
K Inaba   Y Sasamoto   T Kawabata   M Fujiwara   Y Funaki   K Hatanaka   K Itoh   M Itoh   K Kawase   H Matsubara   Y Maeda   K Suda   S Sakaguchi   Y Shimizu   A Tamii   Y Tameshige   M Uchida   T Uesaka   T Yamada   H P Yoshida   
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2021(9)    2021年9月
<title>Abstract</title>
We searched for the Tex condensed state in TexC by measuring the Tex inelastic scattering at Tex MeV at forward angles including 0Tex. We performed a distorted-wave Born approximation calcul...
 
S. Adachi   Y. Fujikawa   T. Kawabata   H. Akimune   T. Doi   T. Furuno   T. Harada   K. Inaba   S. Ishida   M. Itoh   C. Iwamoto   N. Kobayashi   Y. Maeda   Y. Matsuda   M. Murata   S. Okamoto   A. Sakaue   R. Sekiya   A. Tamii   M. Tsumura   
Physics Letters B   819 136411-136411   2021年8月
 
Yasuhiro Sakemi   Ken-ichi Harada   Masatoshi Itoh   Saki Ito   Aiko Uchiyama   Takeshi Inoue   Hirokazu Kawamura   Takatoshi Aoki   Atsushi Hatakeyama   Yoshiro Takahashi   Junji Hisano   
Proceedings of 10th International Conference on Nuclear Physics at Storage Rings (STORI’17)      2021年6月

MISC

 
 
J. Zenihiro   H. Sakaguchi   S. Terashima   T. Uesaka   G. Hagen   M. Itoh   T. Murakami   Y. Nakatsugawa   T. Ohnishi   H. Sagawa   H. Takeda   M. Uchida   H. P. Yoshida   S. Yoshida   M. Yosoi   
   2018年10月   
The neutron density distributions and neutron skin thicknesses in<br />
TexCa are determined from the angular distributions of the cross<br />
sections and analyzing powers of polarized proton elastic scattering at Tex MeV. Ba...
 
吉田賢市   伊藤正俊   
   2017年1月   
 
Y. K. Gupta   U. Garg   J. T. Matta   D. Patel   T. Peach   J. Hoffman   K. Yoshida   M. Itoh   M. Fujiwara   K. Hara   H. Hashimoto   K. Nakanishi   M. Yosoi   H. Sakaguchi   S. Terashima   S. Kishi   T. Murakami   M. Uchida   Y. Yasuda   H. Akimune   T. Kawabata   M. N. Harakeh   
PHYSICS LETTERS B   751 597-597   2015年12月   
 
加藤浩   原田健一   早水友洋   川村広和   井上壮志   青木隆宏   内山愛子   坂本幸祐   伊藤沙希   伊藤正俊   畠山温   青木貴稔   畑中吉治   若狭智嗣   酒見泰寛   
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   70(2) ROMBUNNO.18PBA-8   2015年9月   
 
Nasu Y.   Itoh M.   Hayamizu T.   Matsuda Y.   Okamoto J.   
CYRIC annual report   2014 8-11   2015年

講演・口頭発表等

 
 
東北大CYRICの現状
伊藤正俊   松田洋平   寺川貴樹   田中香津生   篠塚勉   高橋研   鈴木惇也   本間隆之   高橋直人   
第19回AVF合同打ち合わせ   2021年3月10日   
 
原子核におけるクラスター現象とその元素合成の実験的研究
伊藤正俊   
北海道原子核理論グループ研究会「原子核におけるクラスター現象とその元素合成過程へのインパクト」   [招待有り]
 
Measurement of decay alpha particles from the Hoyle and the broad 10 MeV states in 12C
Workshop on Nuclear Cluster Physics 2016 (WNCP2016)   2016年11月14日   [招待有り]
 
アイソスカラー型モノポール励起で見る変形核とクラスター相関
日本物理学会2016年秋季大会   2016年9月21日   
 
HIGH PRECISION MEASUREMENT OF THE 3-ALPHA DECAY FROM THE HOYLE STATE IN THE 12C(12C,3α)12C REACTION
The 26th International Nuclear Physics Conference (INPC2016)   2016年9月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本加速器学会
 
   
 
核物理談話会
 
   
 
日本物理学会

社会貢献活動

 
 
【その他】
日経産業新聞 2011年12月8日
東北大学と大阪大学などの共同研究によって、天体や生命誕生の解明につながる、重い元素の合成に不可欠な炭素12の新しい励起準位を発見した。この準位により高温状態では炭素より思い元素合成速度が著しく増大することを理論的に説明できる。

メディア報道

 
 
東北大学   2011年11月   [その他]
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター、大阪大学核物理研究センター、京都大学大学院理学研究科、甲南大学、米国ノートルダム大学などからなる研究チームは、加速器を用いた原子核散乱の超精密測定によって、宇宙における元素合成過程に重要な役割を果たす炭素12原子核の新しい励起状態を発見しました。この成果は、2011年11月14日に「Physical Review C(米国物理学会)」において公開されるとともに、米国物理学会が刊行する学術雑誌に掲載された論文の中から、特に重要な論文をピック...