言語の選択:
 

東北アジア研究センター

研究者リスト >> 石井 敦
 

石井 敦

 
アバター
研究者氏名石井 敦
 
イシイ アツシ
URLhttp://www.cneas.tohoku.ac.jp/staff2/ishii/ishii.htm
所属東北大学
部署東北アジア研究センター 基礎研究部門 日本・朝鮮半島研究分野
職名准教授
学位Master's degree in Economics(University of Tsukuba)
J-Global ID200901035840433133

研究キーワード

 
国際漁業資源ガバナンス ,炭素隔離技術 ,越境大気汚染 ,外交科学 ,科学社会学 ,科学アセスメント ,国際環境問題

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 
  • 人文・社会 / 政治学 / 
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / 
  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史 / 

経歴

 
2001年1月
 - 
2004年9月
独立行政法人国立環境研究所 アシスタントフェロー   
 

委員歴

 
2020年7月
 - 
2020年11月
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
環境経済・政策学会  理事
 
2013年11月
 - 
2015年11月
日本国際政治学会環境分科会責任者  分科会責任者
 
2013年11月
 - 
2015年11月
日本国際政治学会環境分科会責任者  分科会責任者
 
2011年9月
 - 
2012年9月
環境経済・政策学会2012年大会実行委員会  委員
 

受賞

 
2016年9月
水文・水資源学会, 水文・水資源学会 学術出版賞,地球研和文学術叢書『シベリア ─温暖化する極北の水環境と社会』(京都大学学術出版会, 2015年)
檜山哲哉 
 
 
Sustainability Science, Outstanding Article of the 2017 Sustainability Science Best Paper Awards,Transdisciplinary co-design of scientific research agendas: 40 research questions for socially relevant climate engineering research
Masahiro Sugiyama Shinichiro Asayama Takanobu Kosugi Atsushi Ishii Seita Emori Jiro Adachi Keigo Akimoto Masatomo Fujiwara Tomoko Hasegawa Yasushi Hibi Kimiko Hirata Toru Ishii Takeshi Kaburagi Yuki Kita Shigeki Kobayashi Atsushi Kurosawa 
 

論文

 
 
Isao Sakaguchi   Atsushi Ishii   Yasuhiro Sanada   Yasuko Kameyama   Ayako Okubo   Katsuhiko Mori   
International Relations of the Asia-Pacific   21(1) 121-156   2021年1月   [査読有り][招待有り]
<title>Abstract</title>
Asia-Pacific lacks an environmental leader. Japan, a forerunner of environmental regulation in the 1970s, started to engage in active environmental diplomacy in the post-Cold War era by hosting conferences of parties to mu...
 
Sarah Burch   Aarti Gupta   Cristina   Y.A. Inoue   Agni Kalfagianni   Åsa Persson   Andrea K. Gerlak   Atsushi Ishii   James Patterson   Jonathan Pickering   Michelle Scobie   Jeroen Van der Heijden   Joost Vervoort   Carolina Adler   Michael Bloomfield   Riyanti Djalante   John Dryzek   Victor Galaz   Christopher Gordon   Renée Harmon   Sikina Jinnah   Rakhyun E. Kim   Lennart Olsson   Judith Van Leeuwen   Vasna Ramasar   Paul Wapner   Ruben Zondervan   
Earth System Governance   1    2019年1月   [査読有り][招待有り]
 
Asayama S   Sugiyama M   Ishii A   Kosugi T   
Anthropocene Review   6(1-2) 19-37   2019年   [査読有り]
 
J. S. Barkin   Elizabeth R. DeSombre   Atsushi Ishii   Isao Sakaguchi   
Marine Policy   94 256-263   2018年8月   
Many international commercial fish stocks are threatened with depletion
in some cases they are already badly depleted. Through Regional Fisheries Management Organizations (RFMOs), member countries are committed in principle to sustainable and sci...
 
石井 敦   
学術の動向   23(4) 82-84   2018年4月   [招待有り]

MISC

 
 
石井敦   
東北アジア研究   22 111-112   2018年2月   
 
石井敦   
世界   (879) 152-158   2016年3月   
 
真田康弘   石井敦   
科学   85(9) 815-817   2015年9月   
 
杉山 昌広   石井 敦   小杉 隆信   朝山 慎一郎   江守 正多   
年次大会講演要旨集   30(0) 590-593   2015年   
 
Hiroshi Ohta   Atsushi Ishii   
International Studies Review   15(4) 581-589   2013年   
There is a clear consensus on the current state of institutional deficiencies, but there are many ongoing heated debates on how to improve them. For example, some argue that a World Environment Organization is necessary to improve GEG's effectiven...

書籍等出版物

 
 
石井敦(担当:分担執筆, 範囲:日本のIWC脱退の問題点と今後の展望)
臨川書店   2020年11月30日   
 
石井 敦(担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ.8)
東北大学出版会   2018年3月      
 
石井敦, 真田康弘, 児矢野マリ(担当:共著, 範囲:コラム⑥「南極海捕鯨事件」国際司法裁判所判決140頁)
有信堂   2016年6月7日   (ISBN:9784842040615)   
 
石井敦, 真田康弘(担当:共著)
東京書籍   2015年10月20日   (ISBN:9784487809257)   
 
石井敦(担当:共著, 範囲:第10章 適応と脆弱性)
京都大学出版会   2015年3月   (ISBN:9784876983155)   

講演・口頭発表等

 
 
Domestic Sources of Japan’s Foreign Fisheries Policy
石井敦   阪口功   真田康弘   太田宏   
2021年4月9日   [招待有り]
 
Why Anti−whaling Norms Fail to Preserve Whales:Three Hypotheses
大久保彩子   石井敦   真田康弘   
環境経済・政策学会2019年大会   2019年9月29日   
 
クジラをめぐる国際政治
石井 敦   
一般公開講演会「世界の捕鯨を考える」   2018年12月2日   [招待有り]
 
ワシントン条約は敵か味方か!?サメの管理を例に
石井敦   
海洋水産資源の持続可能な利用とワシントン条約:グローバルな規範形成と日本の対応   2018年9月26日   [招待有り]
 
Future as infeasible, desirable and unimaginable: an analysis of lay public imaginaries of the 2°C goal and low-carbon energy transitions
朝山慎一郎   青柳みどり   杉山昌弘   石井敦   
2018 European Association for the Study of Science and Technology conference   2018年7月26日   

所属学協会

 
 
   
 
日本国際政治学会
 
   
 
国際関係論学会
 
   
 
環境経済・政策学会

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等
Earth System Governance Project 2020年9月16日 - 2020年9月16日

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2013年2月1日
解体新書「捕鯨論争」
 
【その他】
 2010年10月22日
みやぎ県民大学では,
《人を人をつなぎ,地域を育む“学びの輪”》をテーマに
全61講座を開設します。
下記5事業を設定し,県民のみなさんの興味関心に応じて,
“学びの輪”を展開します。
 

メディア報道

 
 
共同通信   2017年12月   [新聞・雑誌]
 
ABC - Australian Broadcasting Corporation   2016年11月   [新聞・雑誌]
ABC NewsRadio's Eleni Psaltis presents Japan in Focus, a new program that takes a close look at significant political and cultural developments in Japan.

This week: Australia and New Zealand successfully move a motion to make scientific whaling m...
 
BBC   2016年3月   [その他]
 
NHK山口放送局   2015年5月   [テレビ・ラジオ番組]
▼南極海での調査捕鯨について、これまでの方法での実施を中止するよう命じた国際司法裁判所の判決から、1年あまり。捕鯨基地を擁する“クジラの町”下関では今、再開への期待と、捕鯨の将来に対する不安が渦巻いています。調査捕鯨再開に向けた日本の戦略や、急速に広がりつつある、クジラをめぐる“新たな動き”を伝えます。
 
AFP (Agence France-Presse)   2015年5月   [その他]

その他

 
 
 
 
研究の目的
本研究申請は、東北アジアの越境環境の理解と保全を進めるための多国間学術ネットワーク、アムール・オホーツクコンソーシアムの活動を、これまでの自然科学中心の議論から学際的かつ実際的な取り組みにすすめるべく、国際関係論、国際法、鳥類保全学の分野の研究者が連携することにより、より具体的な問題解決のためのプログラム案作りのために企画された。これまではややもすれば発散しがちであったアムール・オホーツクコンソーシアムの取り組みを、より具体的な形で取りまとめ、中国、ロシア、モンゴルの研究者を積極的に参加させるためのプログラム案を形にすることが本研究の目的である

研究計画
研究代表者と分担者が低温科学研究所にて2回の会合を持ち、1)これまでのコンソーシアム活動の総括、2)問題点の抽出、3)新たな注目点の創出を討議する。問題点のひとつは、これまでのコンソーシアムの議論があまりに広範な問題を扱ったため、具体的な保全活動に結びつかなかったという点がある。このため、本研究では、河川環境と海洋環境を結びつけるひとつの具体案として、極東地域に生息する渡り鳥に注目し、渡り鳥の保全のための陸域・海域環境保全策を、自然科学(鳥類保全学、地理学、雪氷学、海洋物理学、海洋地球生物化学)と社会科学(国際関係論、国際法)の協働によって提案する。この案を該当する多国間で取り組めるようなプログラムに昇華させることが本研究の最終的な目的である。

本研究所との共同研究の必要性(研究集会は集会開催予定期間も記入)
本研究で議論の中心となるアムール・オホーツクコンソーシアムは、設立以降、低温科学研究所に事務局を置き、低温科学研究所の研究者が中心となって活動を進めてきた。同研究所の環オホーツク観測研究センターは、ロシアとの学術ネットワークを築いてきた国内拠点の一つであり、同様な拠点の一つである東北大学 東北アジア研究センターに所属する研究代表者が共同研究を立案することにより、実りの多い国内・多国間共同研究につながることが期待されるため。

期待される効果
日露の経済活動が促進されようとする今、その環境面への影響を懸念する声が多い現状では、社会的な重要性も高い。メンバーのこれまでの実績も十分であり、2回の会合を持つという低予算に比較して、大きな成果が予想される。本研究の成果は、2018 年にウランバートルで開催を予定されている第5回アムール・オホーツクコンソーシアム国際会合の基本的な骨子を決めるものであり、その成果は国際的な波及力をも持っている。
 
 
 
2016年10月 - 2016年10月