言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 海保 邦夫
 

海保 邦夫

 
アバター
研究者氏名海保 邦夫
 
カイホ クニオ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1559a90e9e8a12af48d792940027a6c6.html
所属東北大学
部署大学院理学研究科・理学部 地学専攻
職名
J-Global ID200901029556939426

研究キーワード

 
気候変動 ,有孔虫化石 ,酸素同位体比 ,炭素同位体比 ,バイオマーカー ,硫黄同位体比 ,海洋貧酸素事変 ,温暖化事変 ,大進化 ,大量絶滅

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 地球生命科学 / 有機地球化学

委員歴

 
1998年4月
 - 
現在
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology  Editorial Board
 
1998年4月
 - 
現在
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology  Editorial Board
 
1998年4月
 - 
2003年9月
ODPプログラム計画委員(Extreme Climate Program Group)  日本代表委員
 
1998年4月
 - 
2003年9月
ODPプログラム計画委員(Extreme Climate Program Group)  日本代表委員
 
1998年4月
 - 
2003年3月
Paleontological Research  Associate Editor
 

受賞

 
2017年8月
日本有機地球化学会, 日本有機地球化学賞(学術賞),堆積有機分子指標による生物の大量絶滅の原因とプロセスの研究
海保 邦夫 
 
1994年6月
日本古生物学会, 日本古生物学会学術賞
 

論文

 
 
Ryosuke Saito   Li Tian   Kunio Kaiho   Satoshi Takahashi   
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   600 111077-111077   2022年8月
 
Kunio Kaiho   Daisuke Tanaka   Sylvain Richoz   David S. Jones   Ryosuke Saito   Daichi Kameyama   Masayuki Ikeda   Satoshi Takahashi   Md Aftabuzzaman   Megumu Fujibayashi   
Earth and Planetary Science Letters   579    2022年2月
Emplacement of the Central Atlantic Magmatic Province (CAMP) is thought to have triggered global environmental changes and the end-Triassic mass extinction (ETE). However, the mechanisms linking volcanism and environmental change are unclear. Here...
 
Atena Shizuya   Kunio Kaiho   Jinnan Tong   
Global and Planetary Change   205 103610-103610   2021年10月   [査読有り]
 
Md. Aftabuzzaman   Kunio Kaiho   Raman Kumar Biswas   Yuqing Liu   Ryosuke Saito   Li Tian   Ghulam M. Bhat   Zhong-Qiang Chen   
Global and Planetary Change   205 103621-103621   2021年10月   [査読有り][招待有り]
 
Kunio Kaiho   Mami Miura   Mio Tezuka   Naohiro Hayashi   David S. Jones   Kazuma Oikawa   Jean-Georges Casier   Megumu Fujibayashi   Zhong-Qiang Chen   
Global and Planetary Change   199 103452-103452   2021年4月   [査読有り]
The Late Devonian biodiversity crisis, one of the big five Phanerozoic diversity depletions, is composed of a series of extinction events broadly coincident with the invasion of land by plants and vertebrates. These extinctions may have been trigg...

MISC

 
 
高橋 聡   山崎 慎一   土谷 範芳   小川 泰正   木村 和彦   海保 邦夫   吉田 武義   
日本地質学会学術大会講演要旨   2014(0)    2014年   
 
齊藤 諒介   大庭 雅寛   海保 邦夫   高橋 聡   奈良 郁子   
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0)    2013年   
 
高橋 聡   山崎 慎一   小川 泰正   土屋 範芳   木村 和彦   海保 邦夫   吉田 武義   多田 隆治   
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0)    2013年   
 
海保 邦夫   高橋 聡   ゴージャン ポール   トン ジンナン   チェン ツォンチャン   大庭 雅寛   静谷 あてな   齊藤 諒介   山田 憲司   千馬 直登   菊池 みのり   宮地 崇至   劉 玉慶   
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0)    2013年   
 
静谷 あてな   海保 邦夫   大庭 雅寛   チェン ツォンチャン   トン ジンナン   ゴージャン ポール   高橋 聡   
日本地質学会学術大会講演要旨   2013(0)    2013年   

書籍等出版物

 
 
掛川 武, 海保邦夫(担当:共著)
共立出版   2011年9月25日      
 
平野弘通, 海保邦夫(担当:共著)
2004年6月      

講演・口頭発表等

 
 
Ryosuke Saito   Kunio Kaiho   Masahiro Oba   Satoshi Takahashi   Zhong-Qiang Chen   Li Tian   Jing Chen   Jinnan Tong   
IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017   2017年6月16日   
 
Kunio Kaiho   Yukio Isozaki   Ryosuke Saito   
the IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017   2017年6月15日   
 
Masahiro Ehiro   Kazuko Yoshizawa   Satoshi Takahashi   Kunio Kaiho   Noritoshi Suzuki   
the IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017   2017年6月15日   
 
Raman Biswas   Kunio Kaiho   Ryosuke Saito   Zhiqiang Shi   
IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017   2017年6月15日   
 
Ryosuke Saito   Kunio Kaiho   Masahiro Oba   Jinnan Tong   Zhong-Qiang Chen   Li Tian   Satoshi Takahashi   Megumu Fujibayashi   
IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017   2017年6月15日   

所属学協会

 
 
   
 
地球環境史学会
 
   
 
アメリカ地質学会
 
   
 
有機地球化学会
 
   
 
日本古生物学会
 
   
 
日本地質学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2013年4月 - 現在
 
研究期間: 2010年4月 - 現在
 
研究期間: 1990年4月 - 現在
 
研究期間: 1980年4月 - 現在

社会貢献活動

 
 
【情報提供】
毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞など 2016年7月14日
 
【情報提供】
Time, The New Yorkerなど約20件 2016年7月14日
 
【企画】
岩手日報 2009年2月7日
 
【その他】
 2006年11月15日
研究室に訪れた愛媛県の高校生4名と指導教員に対し、有孔虫化石の研究指導を行なった。
 
【その他】
 2004年12月
生物の大絶滅のなぞ

メディア報道

 
 
 
 
 
 
2001年11月   [テレビ・ラジオ番組]

その他

 
 
成層圏すすエアロゾルが寒冷化を起し、生物の大量絶滅を起こすプロセスを解明する。
 
 
 
 
始生代ー原生代境界付近の酸素環境の激変解読