言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 折茂 慎一
 

折茂 慎一

 
アバター
研究者氏名折茂 慎一
 
オリモ シンイチ
URLhttp://www.hydrogen.imr.tohoku.ac.jp
所属東北大学
部署材料科学高等研究所
職名教授
学位博士(学術)(広島大学)
その他の所属金属材料研究所 水素機能材料工学研究部門
J-Global ID200901013705138586

研究キーワード

 
ハイドロジェノミクス ,水素化物 ,超伝導 ,超イオン伝導 ,水素貯蔵

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性 / 
  • ナノテク・材料 / 金属材料物性 / 
  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料 / 
  • ナノテク・材料 / 機能物性化学 / 

経歴

 
1995年12月
 - 
2002年6月
広島大学総合科学部 助手  助手 
 
1998年7月
 - 
1999年9月
ドイツ・マックスプランク研究所金属研究所 客員研究員 (アレキサンダー・フォン・フンボルト研究員および文部省在外研究員)  客員研究員 (フンボルトフェロー) 
 
1993年4月
 - 
1996年3月
国家公務員等呉共済病院看護専門学校  非常勤講師(物理) 
 
1994年4月
 - 
1995年12月
日本学術振興会 特別研究員(数物系)  特別研究員 
 
1990年4月
 - 
1992年9月
株式会社神戸製鋼所技術開発本部材料研究所 研究員  研究員 
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
広島大学 生物圏科学研究科 環境計画科学(物理)専攻
 
 
 - 
1988年3月
広島大学 総合科学部 総合科学科
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
日本MRS水素科学技術連携研究会  代表理事
 
2021年9月
 - 
現在
独立行政法人国際観光振興機構  MICEアンバサダー
 
2021年4月
 - 
現在
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構  物質構造科学研究所運営会議委員
 
2021年4月
 - 
現在
文部科学省  文部科学省国立研究開発法人審議会 臨時委員
 
2013年4月
 - 
現在
JST CONSERT-JAPAN: iTHEUS project "Fundamental investigations on improved materials and storage concepts for a hydrogen based integrated total energy utilisation system"  Member
 

受賞

 
2021年11月
公益財団法人 本多記念会, 第18回本多フロンティア賞,水素化物の新たな機能開拓とエネルギーデバイスへの応用
折茂慎一 
 
2020年1月
1st International Symposium “Hydrogenomics” combined with 14th International Symposium Hydrogen & Energy, Best Poster Award,Fast and slow dynamics of hydrogen cluster material Li6NbH11
O. Yamamuro Y. Ohmasa H. Akiba S. Takagi K. Toshima K. Yokoyama S. Orimo H. Saitoh T. Yamada Y. Kawakita K. Ikeda T. Otomo 
 
2020年1月
1st International Symposium “Hydrogenomics” combined with 14th International Symposium Hydrogen & Energy, Best Poster Award,Study of hydrogen position in hydrides using white neutron holography
T. Yamamoto S. Uechi Y. Kanazawa K. Sugimoto K. Ohoyama S. Arase T. Isizaki S. Noda K. Hayashi N. Happo M. Harada K. Oikawa Y. Inamura T. Sato S. Orimo 
 
2020年1月
1st International Symposium“Hydrogenomics” Combined with 14th International Symposium Hydrogen & Energy, Best Poster Award,All solid-state batteries using LiBH4-based solid electrolyte and lithium metal electrode
K. Kisu S. Kim S. Orimo 
 
2017年11月
水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会, 優秀ポスター賞,クロソ系錯体水素化物を用いた全固体電池の開発
原田健太郎 外山直樹 金相侖 吉田浩二 宇根本篤 池庄司民夫 折茂慎一 
 

論文

 
 
Y. Ohmasa   S. Takagi   K. Toshima   K. Yokoyama   W. Endo   S. Orimo   H. Saitoh   T. Yamada   Y. Kawakita   K. Ikeda   T. Otomo   H. Akiba   O. Yamamuro   
4(3) 033215-(1)-033215-(9)   2022年9月   [査読有り]
 
M.S. Grewal   K. Kisu   S. Orimo   H. Yabu   
iScience   25(9) 104910-(1)-104910-(16)   2022年9月   [査読有り]
 
E.M. Dematteis   M.B. Amdisen   T. Autrey   J. Barale   M.E. Bowden   C.E. Buckley   Y.W. Cho   S. Deledda   M. Dornheim   P. de Jongh   J.B. Grinderslev   G. Gizer   V. Gulino   B.C. Hauback   M. Heere   T.W. Heo   T.D. Humphries   T.R. Jensen   S.Y. Kang   Y.-S. Lee   H.-W.n Li   S. Li   K.T.Møller   P. Ngene   S. Orimo   M. Paskevicius   M. Polanski   S. Takagi   L. Wan   B.C. Wood   M. Hirscher   M. Baricco   
Progress in Energy   4(3) 032009-(1)-032009-(41)   2022年7月   [査読有り]
 
L. Pasquini   K. Sasaki   E. Akiba   M.D. Allendorf   Y.W. Cho   E. Alvares   J.D. Ares   D. Badai   M. Bricco   J.B. von Colbe   M. Bereznisky   C.E. Buckley   Y.W. Cho   F. Cuevas   P. de Rango   E.M. Dematteis   R.V. Denys   M. Dornheim   J.F. Fenandez   A. Hariyadi   B.C. Haubak   T.W. Heo   M. Hirshcher   T.D. Humpries   J. Huot   I. Jacob   T.R. Jansen   P. Jerabek   S.Y. Kang   N. Keibart   H. Kim   M. Latroche   F. Leardini   H. Li   S. Ling   M. Lotoskyy   R. Mullen   S. Orimo   M. Paskevicuis   C. Pistidda   M. Polanski   J. Puskiel   E. Ratkin   M. Sahlberg   S. Satori   A. Santhosh   T. Sato   R. Zhenek   M.H. Sorby   Y. Shang   V. Starvila   J.Y. Suh   S. Suwarno   L.T. Thu   L.F. Wan   J. Webb   M. Witman   C. Wan   B.C. Wood   V.A. Yartrys   
Progress in Energy   4(3) 032007-(1)-032007-(48)   2022年7月   [査読有り]
 
F. Cuevas   M.B. Amdisen   M. Baricco   C.E. Buckley   Y.W. Cho   P.E. de Jongh   L.M. de Kort   J.B. Grinderslev   V. Gulino   B.C. Hauback   M. Heere   T. Humphries   T.R. Jensen   S. Kim   K. Kisu   Y.-S. Lee   H.-W. Li   R. Mohtadi   K.T. Møller   P. Ngene   D. Noréus   S. Orimo   M. Paskevicius   M. Polanski   S. Sartori   L.N. Skov   M.H. Sørby   B.C. Wood   V.A. Yartys   M. Zhu   M. Latroche   
4(3) 032001-1-032001-31   2022年7月   [査読有り]
2022.4.27 on line

MISC

 
 
H. Saitoh   A. Machida   S. Orimo   
日本結晶学会誌   64(2) 155-155   2022年5月
 
佐藤豊人   折茂慎一   
応用物理   90(9) 570-573   2021年9月   
 
折茂慎一   
水素エネルギー システム   46(1) 2-5   2021年3月   
 
折茂慎一   
まてりあ   60(3) 152-155   2021年3月   
 
木須一彰   金相侖   折茂慎一   
セラミックス   56(2) 72-75   2021年2月   

書籍等出版物

 
 
折茂慎一, 福谷克之, 藤田健一(担当:共編者(共編著 者))
共立出版   2022年1月   (ISBN:9784320044982)
viii, 206p, 図版 [7] p
 
金相侖, 木須一彰, 折茂慎一(担当:共著, 範囲:第4章 第5節 錯体水素化物固体電解質を用いた高エネルギー密度型全固体電池の開発)
技術情報協会   2020年3月31日   (ISBN:9784861047800)
 
金相侖, 折茂慎一(担当:共著, 範囲:第9章 錯体水素化物固体電解質とそれを用いた全固体電池)
シーエムシー出版   2019年6月   (ISBN:9784781314198)   
 
折茂慎一, 犬飼潤治(担当:共編者(共編著 者))
共立出版   2017年12月26日   (ISBN:9784320044531)   
日本学術振興会 材料中の水素機能解析技術第190委員会編, 折茂慎一, 犬飼潤治編著
全168ページ
 
H. Saito, S. Takagi, K. Aoki, S. Orimo(担当:共著, 範囲:High-pressure synthesis of hydrogen storage materials p.334-342)
John Wiley & Sons   2015年10月12日   (ISBN:9781118751435)   

講演・口頭発表等

 
 
折茂慎一   
学振R031ハイブリッド量子ナノ技術委員会 第7回研究会   2022年8月3日   [招待有り]
 
折茂慎一   
自動車技術会フォーラム2022「モビリティの未来を支える材料技術の最新動向」   2022年7月14日   [招待有り]
 
折茂慎一   
日本学術振興会 分子系の複合電子機能第181委員会   2022年6月8日   [招待有り]
 
S. Orimo   
Online Symposium:Developing a Global Network for Nanotechnology Innovation   2022年3月28日   [招待有り]
 
折茂慎一   
令和4年電気学会全国大会シンポジウム「カーボンニュートラルを実現する水素技術の最前線」   2022年3月23日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
炭素材料学会
 
   
 
応用物理学会
 
   
 
水素エネルギー協会
 
   
 
日本金属学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 

産業財産権

 
 
金相侖   折茂慎一   野口敬太   野上玄器   
2018-8-23
国内優先記事2018-156211
2019-08-16
Priority to PCT/JP2019/032094
2020-2-27
国際公開WO2020/040044
 
金相侖   折茂慎一   伊賀悠太   山本洋   彦坂英昭   松浦広幸   中屋裕登   坂本ケネス和哉   
 
島田昌宏   香取亜希   伊藤智裕   宇根本篤   折茂慎一   
優先権主張番号 特願2016-007433, 特願2016-007434
PCT/JP2017/000905
 
野上玄器   田沢勝   谷口貢   宇根本篤   折茂慎一   
 
野上玄器   島田昌宏   外山直樹   金相侖   折茂慎一   
特許 (2018-034929) 主張日(2018/02/28)
PCT/JP2019/006673(2019/02/22)
16/971,868(2019/02/22), US2021/083272A1(2021/03/18)

社会貢献活動

 
 
【パネリスト】
駐日欧州連合代表部, 一般社団法人 欧州産業協力センター ジョイントウェビナー 水素活用の現状と課題 ~日 EU 間の産官学協力に向けて~ (on line) 2022年5月25日 - 2022年5月25日
 
【その他】
 日経産業新聞 2019年3月14日
現在の液体電解質に匹敵する固体電解質は、錯体水素化物を組み合わせて改良し、リチウムを負極にした大容量の電池を製作。今後様々な材料で試し技術の確立を目指す。
5面
 
【その他】
 2017年9月28日 - 2017年9月30日
招待講演
高密度水素化物の材料科学 -高速陽イオン伝導とそのデバイス応用-
 
【その他】
 2017年6月23日
高密度水素化物の材料科学 −エネルギー材料としての新機能と今後の学術的課題−
招待講演
 
【その他】
 2017年5月10日
高密度水素化物の材料科学 -高速陽イオン伝導現象の発⾒と電池応用-

メディア報道

 
 
応用物理学会 特別WEBコラム GX : グリーントランスフォーメーションに挑む応用物理   2021年11月   [インターネットメディア]
 
日経産業新聞   7面   2021年4月   [新聞・雑誌]
 
日刊工業新聞   23面   2021年4月   [新聞・雑誌]
 
くるくら   2020年10月   [インターネットメディア]
室温において従来の3倍を超えるリチウムイオン伝導率を持つ固体電解質の材料を発見。
 
CNA (Channel NewsAsia )   Channel NewsAsia   2020年4月   [テレビ・ラジオ番組]