言語の選択:
 

東北メディカル・メガバンク機構

研究者リスト >> 中谷 直樹
 

中谷 直樹

 
アバター
研究者氏名中谷 直樹
 
ナカヤ ナオキ
URLhttp://www.hbe.megabank.tohoku.ac.jp/index.html
所属東北大学
部署東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門
職名教授
学位博士(障害科学)(東北大学)
その他の所属大学院医学系研究科, 北海道大学, 埼玉県立大学
J-Global ID200901091009413310

研究キーワード

 
一般地域住民 ,生存分析 ,危険因子 ,生活習慣 ,前立腺がん ,心理社会的要因 ,健康影響 ,身体的要因 ,症例対照研究 ,ストレス ,縦断的研究 ,がん患者 ,配偶者 ,がん ,心理的苦痛 ,前向きコホート研究 ,疫学 ,自殺 ,うつ ,集団認知行動療法 ,カテキン ,緑茶 ,ω3系脂肪酸 ,サイコオンコロジー (Psychooncology) ,応用健康科学 (Applied Health Science) ,公衆衛生学 (Public Health) ,疫学 (Epidemiology) ,Public Health ,Epidemiology ,Applied Health Science ,Stress Science ,Behavioral Medicine ,Psychosomatic Medicine

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学 / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 

経歴

 
2021年
 - 
現在
北海道大学大学院保健科学院 客員教授   
 
2021年
 - 
現在
東北大学東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門  教授 
 
2019年
 - 
2021年
東北大学東北メディカル・メガバンク機構  客員教授 
 
2019年
 - 
2021年
埼玉県立大学保健医療福祉学部健康開発学科、埼玉県立大学大学院保健医療福祉学研究科  教授 
 
2015年
 - 
2019年
東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門  准教授 
 

学歴

 
2003年
   
 
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻博士課程後期3年の課程 修了 東北大学 博士(障害科学)  
 
 
 - 
2000年
東北大学  
 
2000年
   
 
東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻博士課程前期2年の課程 修了 東北大学 修士(障害科学)  
 
 
 - 
1998年
麻布大学  
 
1998年
   
 
麻布大学環境保健学部環境保健学科卒業  
 

委員歴

 
2021年
 - 
現在
Preventive Medicine
 
2021年
 - 
現在
Public Health (journal)
 
2019年4月
 - 
2021年3月
戸田市保健対策推進協議会委員(会長)
 
2021年
   
 
Disaster Medicine and Public Health Preparedness
 
2020年
   
 
Preventive Medicine Reports
 

受賞

 
 
麻布大学環境科学研究会越智賞, 2000年 9月
 
 
第3回日本心身医学会 池見賞, 2005年 4月
 
 
第26回日本疫学会総会ポスター賞, 2016年1月
 
 
第7回日本行動医学会 荒記記念賞, 2007年 3月
 
 
財団法人宮城県対がん協会, 「黒川利雄がん研究基金」研究助成金 採択, 2014年6月
中谷 直樹 
 

論文

 
 
Takuro Yamauchi   Fumiyoshi Fujishima   Masatoshi Hashimoto   Junichi Tsunokake   Ryujiro Akaishi   Yusuke Gokon   Shunsuke Ueki   Yohei Ozawa   Toshiaki Fukutomi   Hiroshi Okamoto   Chiaki Sato   Yusuke Taniyama   Tomohiro Nakamura   Naoki Nakaya   Takashi Kamei   Hironobu Sasano   
Cancers   13(17)    2021年9月
Necroptosis is a pivotal process in cancer biology; however, the clinical significance of necroptosis in esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) has remained unknown. Therefore, in this study, we aimed to verify the potential involvement of necr...
 
Toshimasa Sone   Yumi Sugawara   Fumiya Tanji   Naoki Nakaya   Hiroaki Tomita   Ichiro Tsuji   
Journal of affective disorders   295 552-558   2021年8月
BACKGROUND: We previously reported that psychological distress was associated with an increased risk of functional disability. However, the mechanism of the association remains unclear. Our aim was to estimate the mediating effect of lifestyle and...
 
Naoki Nakaya   Tian Xie   Bart Scheerder   Naho Tsuchiya   Akira Narita   Tomohiro Nakamura   Hirohito Metoki   Taku Obara   Mami Ishikuro   Atsushi Hozawa   Harold Snieder   Shinichi Kuriyama   
Atherosclerosis   334 85-92   2021年8月
BACKGROUND AND AIMS: Few studies have examined and compared spousal concordance in different populations. This study aimed to quantify and compare spousal similarities in cardiometabolic risk factors and diseases between Dutch and Japanese populat...
 
Tsuyoshi Etoh   Masaki Fujiwara   Yuto Yamada   Riho Wada   Yuji Higuchi   Shinichiro Inoue   Masafumi Kodama   Takanori Matsushita   Yusaku Yoshimura   Shigeo Horii   Maiko Fujimori   Kyoko Kakeda   Taichi Shimazu   Naoki Nakaya   Masahiro Tabata   Yosuke Uchitomi   Norihito Yamada   Masatoshi Inagaki   
Psycho-oncology      2021年8月
OBJECTIVE: It is widely assumed that there are multiple levels (from individual to policy level) of problems involving disparities in cancer care for people with mental disorders. However, few studies have comprehensively investigated issues as pe...
 
Tetsuya Akaishi   Tomomi Suzuki   Harumi Nemoto   Yusuke Utsumi   Moe Seto   Hitomi Usukura   Yasuto Kunii   Yumi Sugawara   Naoki Nakaya   Tomohiro Nakamura   Naho Tsuchiya   Akira Narita   Mana Kogure   Atsushi Hozawa   Ichiro Tsuji   Tadashi Ishii   Hiroaki Tomita   
Disaster medicine and public health preparedness   1-9   2021年8月
OBJECTIVE: This study aims to evaluate the long-term impact of living in postdisaster prefabricated temporary housing on social interaction activities and mental health status. METHODS: A total of 917 adult residents in a coastal town, whose resid...

MISC

 
 
平田 匠   小暮 真奈   成田 暁   土屋 菜歩   中村 智洋   目時 弘仁   中谷 直樹   丹野 高三   菅原 準一   栗山 進一   辻 一郎   呉 繁夫   寳澤 篤   
日本公衆衛生学会総会抄録集   78回 223-223   2019年10月   
 
中谷 直樹   土屋 菜歩   成田 暁   石黒 真美   目時 弘仁   平田 匠   小暮 真奈   中村 智洋   後岡 広太郎   中谷 久美   辻 一郎   呉 繁夫   栗山 進一   寳澤 篤   
日本公衆衛生学会総会抄録集   78回 224-224   2019年10月   
 
片柳 光昭   富田 博秋   瀬戸 萌   根本 晴美   奥山 純子   鈴木 智美   菅原 由美   中谷 直樹   中村 智洋   土屋 菜歩   成田 暁   小暮 真奈   小高 晃   辻 一郎   寳澤 篤   
精神神経学雑誌   (2019特別号) S753-S753   2019年6月   
 
藤原 雅樹   樋口 裕二   稲垣 正俊   中谷 直樹   藤森 麻衣子   林原 千夏   宋 龍平   新川 郁太   佐藤 康治郎   矢田 勇慈   児玉 匡史   竹中 央   来住 由樹   掛田 恭子   内富 庸介   山田 了士   
精神神経学雑誌   (2019特別号) S436-S436   2019年6月   
 
良知 弘務   土屋 菜歩   平田 匠   中谷 直樹   中村 智洋   成田 暁   小暮 真奈   栗山 進一   菅原 準一   呉 繁夫   宮崎 真理子   寳澤 篤   
日本腎臓学会誌   61(3) 332-332   2019年5月   

講演・口頭発表等

 
 
中谷直樹、中村智洋、辻 一郎、富田博秋.慢性疾患治療者の心理的苦痛に関する研究:七ヶ浜健康増進プロジェクト.日本疫学会総会,仙台,1月,2014(ポスター発表)
 
中谷直樹, 中村智洋, 辻一郎, 寳澤篤, 富田博秋. 慢性疾患治療者の心理的苦痛に関する研究:七ヶ浜健康増進プロジェクト. 日本公衆衛生学会総会, 津, 10月, 2013(口頭発表)
 
中谷直樹, 心理社会的因子とがん発症・がん予後に関する疫学研究及び今後の展開. 日本サイコオンコロジー学会総会, 9月, 2013 (シンポジウム)
 
中谷直樹.がんに影響を及ぼす心理社会的要因の検討.日本疫学会総会,大阪,1月,2013 (奨励賞受賞講演).
 
中谷直樹, 菊谷昌浩, 中谷純, 清元秀泰, 菅原準一, 富田博秋, 長神風二, 大隅典子, 栗山進一, 辻 一郎, 寳澤 篤. 東北メディカル・メガバンク事業:山元町における住民意識調査. 日本疫学会総会,大阪,1月,2013 (ポスター発表).

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
地域保健・産業保健学 (埼玉県立大学)
 
   
 
医療統計学(日本語、英語) (東北大学)
 
   
 
健康栄養情報実習 (鎌倉女子大学)
 
   
 
生物学 (鎌倉女子大学)
 
   
 
免疫学 (鎌倉女子大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本公衆衛生学会
 
   
 
日本サイコオンコロジー学会
 
   
 
日本疫学会(上級疫学専門家2019-)