言語の選択:
 

東北メディカル・メガバンク機構

研究者リスト >> 布施 昇男
 

布施 昇男

 
アバター
研究者氏名布施 昇男
 
Fuse Nobuo
URLhttps://www.megabank.tohoku.ac.jp/tommo/member/member05
所属東北大学
部署東北メディカル・メガバンク機構 ゲノム解析部門
職名教授
学位医学博士
J-Global ID200901086918588167

研究キーワード

 
ゲノム科学 ,人類遺伝学 ,眼科学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 
  • ライフサイエンス / 眼科学 / 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
東北大学 医学系研究科 外科学専攻
 
 
 - 
1991年3月
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本緑内障学会  評議員
 

受賞

 
2014年
加藤記念難病研究助成基金賞
布施 昇男 
 
2013年4月
日本眼科学会, 日本眼科学会評議員会賞
布施 昇男 
 
2010年1月
宮城県医師会奨学賞金賞
布施 昇男 
 
2010年1月
東北大学, 東北大学医学部奨学賞金賞,テーラーメード医療に向けた緑内障の原因遺伝子・感受性遺伝子の分子遺伝学的解析
 
2008年9月
日本眼科学会, 須田記念緑内障治療研究奨励基金賞,テーラーメード医療のための緑内障原因遺伝子・感受性遺伝子の解析
布施昇男 
 

論文

 
 
Shinichi Nagaoka   Yumi Yamaguchi-Kabata   Naomi Shiga   Masahito Tachibana   Jun Yasuda   Shu Tadaka   Gen Tamiya   Nobuo Fuse   Kengo Kinoshita   Shigeo Kure   Jun Murotsuki   Masayuki Yamamoto   Nobuo Yaegashi   Junichi Sugawara   
Human genome variation   8(1) 2-2   2021年1月
Bone dysplasias are a group of rare hereditary diseases, with up to 436 disease types. Perinatal diagnosis is clinically important for adequate personalized management and counseling. There are no reports focused on pathogenic variants of bone dys...
 
Atsushi Hozawa   Kozo Tanno   Naoki Nakaya   Tomohiro Nakamura   Naho Tsuchiya   Takumi Hirata   Akira Narita   Mana Kogure   Kotaro Nochioka   Ryohei Sasaki   Nobuyuki Takanashi   Kotaro Otsuka   Kiyomi Sakata   Shinichi Kuriyama   Masahiro Kikuya   Osamu Tanabe   Junichi Sugawara   Kichiya Suzuki   Yoichi Suzuki   Eiichi N Kodama   Nobuo Fuse   Hideyasu Kiyomoto   Hiroaki Tomita   Akira Uruno   Yohei Hamanaka   Hirohito Metoki   Mami Ishikuro   Taku Obara   Tomoko Kobayashi   Kazuyuki Kitatani   Takako Takai-Igarashi   Soichi Ogishima   Mamoru Satoh   Hideki Ohmomo   Akito Tsuboi   Shinichi Egawa   Tadashi Ishii   Kiyoshi Ito   Sadayoshi Ito   Yasuyuki Taki   Naoko Minegishi   Naoto Ishii   Masao Nagasaki   Kazuhiko Igarashi   Seizo Koshiba   Ritsuko Shimizu   Gen Tamiya   Keiko Nakayama   Hozumi Motohashi   Jun Yasuda   Atsushi Shimizu   Tsuyoshi Hachiya   Yuh Shiwa   Teiji Tominaga   Hiroshi Tanaka   Kotaro Oyama   Ryoichi Tanaka   Hiroshi Kawame   Akimune Fukushima   Yasushi Ishigaki   Tomoharu Tokutomi   Noriko Osumi   Tadao Kobayashi   Fuji Nagami   Hiroaki Hashizume   Tomohiko Arai   Yoshio Kawaguchi   Shinichi Higuchi   Masaki Sakaida   Ryujin Endo   Satoshi Nishizuka   Ichiro Tsuji   Jiro Hitomi   Motoyuki Nakamura   Kuniaki Ogasawara   Nobuo Yaegashi   Kengo Kinoshita   Shigeo Kure   Akio Sakai   Seiichiro Kobayashi   Kenji Sobue   Makoto Sasaki   Masayuki Yamamoto   
Journal of epidemiology   31(1) 65-76   2021年1月
BACKGROUND: We established a community-based cohort study to assess the long-term impact of the Great East Japan Earthquake on disaster victims and gene-environment interactions on the incidence of major diseases, such as cancer and cardiovascular...
 
Hideki Tokunaga   Keita Iida   Atsushi Hozawa   Soichi Ogishima   Yoh Watanabe   Shogo Shigeta   Muneaki Shimada   Yumi Yamaguchi-Kabata   Shu Tadaka   Fumiki Katsuoka   Shin Ito   Kazuki Kumada   Yohei Hamanaka   Nobuo Fuse   Kengo Kinoshita   Masayuki Yamamoto   Nobuo Yaegashi   Jun Yasuda   
PloS one   16(1) e0236907   2021年
Identification of the population frequencies of definitely pathogenic germline variants in two major hereditary breast and ovarian cancer syndrome (HBOC) genes, BRCA1/2, is essential to estimate the number of HBOC patients. In addition, the identi...
 
Hiroshi Komatsu   Hikaru Takeuchi   Yoshie Kikuchi   Chiaki Ono   Zhiqian Yu   Kunio Iizuka   Yuji Takano   Yoshihisa Kakuto   Shunichi Funakoshi   Takashi Ono   Junko Ito   Yasuto Kunii   Mizuki Hino   Atsuko Nagaoka   Yasushi Iwasaki   Hidenaga Yamamori   Yuka Yasuda   Michiko Fujimoto   Hirotsugu Azechi   Noriko Kudo   Ryota Hashimoto   Hirooki Yabe   Mari Yoshida   Yuko Saito   Akiyoshi Kakita   Nobuo Fuse   Ryuta Kawashima   Yasuyuki Taki   Hiroaki Tomita   
Schizophrenia bulletin   46(6) 1619-1628   2020年12月
Previous studies have indicated associations between several OLIG2 gene single-nucleotide polymorphisms (SNPs) and susceptibility to schizophrenia among Caucasians. Consistent with these findings, postmortem brain and diffusion tensor imaging stud...
 
Seizo Koshiba   Ikuko N Motoike   Daisuke Saigusa   Jin Inoue   Yuichi Aoki   Shu Tadaka   Matsuyuki Shirota   Fumiki Katsuoka   Gen Tamiya   Naoko Minegishi   Nobuo Fuse   Kengo Kinoshita   Masayuki Yamamoto   
Communications biology   3(1) 662-662   2020年11月
We performed a metabolome genome-wide association study for the Japanese population in the prospective cohort study of Tohoku Medical Megabank. By combining whole-genome sequencing and nontarget metabolome analyses, we identified a large number of...

MISC

 
 
濱中 洋平   石田 孝宣   布施 昇男   川目 裕   山口 由美   安田 純   多田 寛   宮下 穣   原田 成美   佐藤 章子   青木 洋子   長神 風二   八重樫 伸生   木下 賢吾   呉 繁夫   山本 雅之   
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回 332-332   2019年7月   
 
山田 充啓   杉浦 久敏   布施 昇男   寳澤 篤   高井 貴子   土屋 奈歩   光根 歩   栗山 進一   山本 雅之   一ノ瀬 正和   
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 213-213   2018年3月   
 
清水 厚志   布施 昇男   
実験医学   35(17) 2851-2860   2017年11月   
東北メディカル・メガバンク計画は、2011年に発生した東日本大震災からの科学および医療の創造的復興・再生における「核」になることを目的として設立された、健常人を対象とするゲノムコホートおよび複合バイオバンクを構築するプロジェクトである。2016年度までの第1段階では、地域住民コホート約8万人と出生コホートである三世代コホート約7万人の参加者を募り、計15万人の生体試料(血液、尿、DNAなど)と健康情報を複合バイオバンクに格納し、最新の解析基盤を駆使することにより、これらの試料・情報にゲノム...
 
徳富 智明   清水 厚志   福島 明宗   山本 佳世乃   石垣 泰   川目 裕   長神 風二   小林 朋子   相澤 弥生   沼田 早苗   鈴木 洋一   布施 昇男   菅原 敦子   中山 文予   山本 雅之   佐々木 真理   
日本遺伝カウンセリング学会誌   38(2) 144-144   2017年5月   
 
布施 昇男   木村 雅恵   清水 愛   河合 洋介   小島 要   長崎 正朗   濱中 輝彦   石田 誠夫   中村 誠   酒井 寛   池田 陽子   森 和彦   中澤 徹   勝岡 史城   安田 純   山本 雅之   
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 227-227   2017年3月   

書籍等出版物

 
 
布施 昇男(担当:分担執筆, 範囲:落屑症候群)
全日本病院出版会   2018年10月      
 
櫻井晃洋, 布施昇男(担当:分担執筆, 範囲:眼科領域の多因子疾患)
メディカルドュ   2018年6月      
 
山本雅之, 荻島創一, 布施昇男(担当:分担執筆, 範囲:東北メディカル・メガバンク計画‐震災復興からのコホートと次世代型バイオバンク構築‐)
羊土社   2017年11月      
 
布施 昇男(担当:分担執筆, 範囲:緑内障遺伝子解析の最前線)
文光堂   2016年10月      
 
布施 昇男(担当:分担執筆, 範囲:濾過手術術中術後の薬物治療)
医学書院   2013年11月      

講演・口頭発表等

 
 
The Tohoku Medical Megabank Project to Realize Personalized Medicine
布施 昇男   
Japan-NIH-JSPS Joint Symposium   2019年10月29日   
 
Next generation sequencing and genome-wide data analysis for glaucoma
布施 昇男   
NHRI 2018 Precision Medicine, Technology and Development Symposium   2018年10月6日   
 
身近になったゲノム医療 東北メディカル・メガバンク計画の目標と進捗状況‐世界最先端のバイオバンク構築を目指して‐
布施 昇男   
第153回日本医学会シンポジウム   2018年6月20日   
 
Genome cohort study and association study for axial length and refractive error in Japanese.
布施 昇男   
International Society for Eye Research   2016年9月29日   
 
Updates on Genetic Epidemiology in Ophthalmology: Genome Cohort Study.
布施 昇男   
Asia-ARVO   2015年2月17日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
次世代シークエンサーを用いた新規緑内障原因遺伝子の検索
日本学術振興会: 基盤研究(C)
布施 昇男 
研究期間: 2019年 - 2021年
 
次世代シークエンサーを駆使した希少遺伝性難病の原因解明と治療法開発の研究
厚生労働省: 科学研究費補助金(難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業)
布施 昇男 
研究期間: 2011年 - 2014年
 
緑内障の感受性遺伝子同定と罹患性診断、薬剤応答予測への応用
日本学術振興会: 基盤研究(C)
布施 昇男 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
研究期間: 2006年 - 2007年

その他

 
 
培養口腔粘膜上皮細胞シート移植法の多施設共同臨床研究を実施し、その有効性と安全性を検討する
 
 
テーラーメード医療のための緑内障遺伝子・感受性遺伝子の解析
 
 
正常眼圧緑内障の病態解明と治療薬の開発
 
 
オーダーメード医療を目指した緑内障原因遺伝子・感受性遺伝子の解析