言語の選択:
 

農学研究科

研究者リスト >> 吾妻 行雄
 

吾妻 行雄

 
アバター
研究者氏名吾妻 行雄
 
アガツマ ユキオ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/2adaa064fb1be4eeb2c1ab8335399197.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 資源生物科学専攻
職名教授
学位博士(農学)(東北大学)
J-Global ID200901006568781372

研究キーワード

 
相互作用 ,磯焼け ,海中林 ,ウニ

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 水圏生産科学 / 水圏植物生態学

委員歴

 
2015年3月
 - 
現在
日本水産増殖学会  評議員
 
2015年3月
 - 
現在
日本水産増殖学会  評議員
 
2012年4月
 - 
現在
日本水産学会東北支部  支部幹事
 
2012年4月
 - 
現在
日本水産学会東北支部  支部幹事
 
1997年4月
 - 
現在
財団法人カキ研究所  研究顧問
 

受賞

 
2011年3月
日本水産学会, 日本水産学会水産学進歩賞,海藻群落におけるウニ類の個体群動態に関する生態学的研究
 

論文

 
 
Takagi S   Murata Y   Inomata E   Endo E   Aoki MN   Agatsuma Y   
J. Shellfish Res.   37(3) 659-669   2019年   [査読有り]
 
Wenping Feng   Nobuyasu Nakabayashi   Kazumi Narita   Eri Inomata   Masakazu N. Aoki   Yukio Agatsuma   
PLoS ONE   14(1)    2019年1月   [査読有り]
© 2019 Feng et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are cr...
 
Agatsuma Y   Takagi S   Inomata E   Aoki MN   
Journal of Applied Phycology   31(1) 599-605   2019年1月   [査読有り]
 
青木優和   鈴木はるか   青木智也   猪股英里   吾妻行雄   
日本水産学会誌   84(6) 1058-1061   2018年   [査読有り]
 
吾妻行雄   遠藤 光   高木聖実   堀越彩香   猪股英里   青木優和   
日本水産学会誌   84(6) 1074-1077   2018年   [査読有り]

MISC

 
 
吾妻行雄   
産学官連携ジャーナル   (5)    2016年5月   
 
吾妻行雄   遠藤 光   堀越彩香   青木優和   
日本水産学会誌   82(2) 140-140   2016年3月   
 
Aoki, M.N   Suzuki, Y   Endo, H   Agatsuma, Y   
Journal of Integrated Field Science   13 42-42   2016年3月   
Oral Presentations
 
吾妻行雄   
日本水産学会誌 支部のページ   81(2) 315-316   2015年3月   
 
吾妻行雄   
緑のかけはし   (15) 7-7   2015年3月   

書籍等出版物

 
 
Agatsuma Y(担当:単著, 範囲:Reseeding of sea urchins in Japan)
John Wiley & Sons, Inc., Hoboken   2015年6月      
 
章Yukio Agatsuma, 章Yukio Agatsuma, 章Yukio Agatsuma, 章Yukio Agatsuma, 章John M. Lawrence, Yukio Agatsuma(担当:共著, 範囲:15 章. Stock enhancement PP. 213-224. 28章. Strongylocentrotus intermedius 437-448. 29章Strongylocentrotus nudus 449-460 30章Hemicentrotus pulchrrimus, Pseudocentrotus depressus, and Heliocidaris crassispina 461-474, 32章Tripneustes 491-508)
Elsevier   2013年   (ISBN:9780123964915)   
 
吾妻行雄(担当:共著, 範囲:第10章ウニの生態学的な役割221頁〜247頁、第11章世界のウニ漁業249頁〜266頁、第12章人工種苗生産と放流によるウニの増殖267頁〜287頁)
東海大学出版会   2009年3月5日   (ISBN:9784486018100)   
 
吾妻行雄, 李景玉, 荒川久幸, 中林信康, 成田美智子, 谷口和也(担当:共編者(共編著 者), 範囲:3章pp.34-48.4章pp.49-60.5章pp.61-69.7章pp.81-92.9章pp.107-122.10章pp.123-134)
恒星社厚生閣   2008年10月15日      
 
吾妻行雄(担当:共著, 範囲:20章Ecology of Strongylocentrotus intermediius pp.427-442. 他3章担当)
Elsevier, Amsterdam   2007年10月      

講演・口頭発表等

 
 
髙木聖実   佐藤陽一   猪股英里   國分敦子   青木優和   吾妻行雄   
平成31年度日本水産学会春季大会   2019年3月27日   
 
吾妻 行雄   
全国アワビ種苗生産担当者会議   2019年2月21日   
 
吾妻 行雄   
平成30年度北海道磯焼け対策連絡会議   2019年1月18日   
 
細田俊輔   伊藤 聖   猪股英里   青木優和   吾妻行雄   
第15回棘皮動物研究集会   2018年12月1日   
 
黒田真衣   猪股英里   青木優和   吾妻行雄   
第15回棘皮動物研究集会   2018年12月1日   

所属学協会

 
 
   
 
日本生態学会
 
   
 
日本水産増植学会
 
   
 
National Shellfisheries Association
 
   
 
日本水産学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2011年4月 - 現在
 
研究期間: 2000年4月 - 現在
 
研究期間: 1998年4月 - 現在
 
研究期間: 1998年4月 - 現在
 
異常発生したウニの効率的駆除及び有効利用に関する実証研究
農林水産省: 食料生産地域再生のための先端技術展開事業
和泉 充 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2007年5月17日 - 現在
宮城県本吉町立大谷中学校の理科学習の一貫として,町内の海岸にて,海藻を採集して標本の作製ならびに海岸に裸地面を作出し,海藻の遷移の過程の観察を指導している。
 
【講師】
気仙沼市立大谷中学校 磯焼けを生かす 講演およびウニ解剖実験 2018年7月11日
 
【企画】
河北新報 2017年7月5日
志津川湾におけるウニ除去によるアラメ藻場の再生への取り組み
 
【その他】
 2017年7月5日
気仙沼市立大谷中学高において生徒を対象に「ウニと磯焼けについて」と称して講演した。また、ウニの解剖実験を行った。
 
【企画】
スーパーJチャンネル 2017年4月20日
三陸沿岸でウニが大量に加入したことを紹介

メディア報道

 
 
日本テレビ   2017年4月   [テレビ・ラジオ番組]
震災後にキタムラサキウニが大量に加入してアラメの藻場を崩壊
 
毎日新聞 夕刊 6面社会   2016年3月   [新聞・雑誌]
宮城県北部沿岸で大量に生まれた痩せたウニを短期間コンブを与えて籠養殖し身の品質の改善に成功した取り組みを掲載
 
朝日新聞 第1面   2016年3月   [新聞・雑誌]
志津川湾において2011年に大量に生まれたウニが今現在も高密度で生息し、コンブの藻場を崩壊させている写真を掲載
 
海と地球の情報誌Blue Earth 141号(第28巻第1号), 20-23. 国立研究開発法人海洋研究開発機構   2016年2月   [新聞・雑誌]
東北マリンサイエンス拠点形成事業(TEAMS)において震災後の宮城県北部の沿岸岩礁生態系の回復過程、また調査期間中に起こったウニの大量加入による藻場の縮小とその対応策についての取材を取りまとめて掲載したものである。
 
NHK総合   2015年10月   [新聞・雑誌]
震災後5年間のマリンサイエンス拠点形成事業(海洋生態系の調査研究)で取り組んできた成果を放映した。

その他

 
 
 
東日本大震災による原子力発電所の事故によって海域に放出された放射性物質が相馬市の沿岸岩礁域でどのように拡散・濃縮されているかを底生生物を中心として明らかにする。
 
 
東日本大震災による津波と地盤沈下が沿岸岩礁生態系に与えた影響を明らかにし.その回復過程をモニタリングして評価する。
 
 
ウニの成長と生殖巣の発達が沿岸岩礁域の漁場における海藻遷移の進行系列あるいは各進行系列の海藻構成種を反映するならば,漁場をより簡便に診断できる指標となると考えられる。本研究は,主に東北以北に分布するキタムラサキウニと北海道太平洋,オホーツク沿岸ならびに沖縄県を除く日本の全沿岸に分布するバフンウニの成長と生殖巣の発達が,漁場の海藻遷移の進行系列を反映することを示した。