言語の選択:
 

Researcher Information

This site provides you with comprehensive data regarding academic research staff at Tohoku University.
 

Information

_
 

Search

研究者検索結果一覧 >> 大隅 典子
 

大隅 典子

 
アバター
研究者氏名大隅 典子
 
オオスミ ノリコ
URLhttp://www.dev-neurobio.med.tohoku.ac.jp/index.html
所属東北大学
部署大学院医学系研究科 附属創生応用医学研究センター 脳神経科学コアセンター 発生発達神経科学分野
職名教授
学位歯学博士(第667号)(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号00220343
ORCID ID0000-0003-0548-6452
J-Global ID200901066275047138

プロフィール

1985年東京医科歯科大学歯学部卒。1989年同大学院歯学研究科修了。歯学博士。
1989年同大学歯学部助手、1996年国立精神・神経センター神経研究所室長を経て、1998年より東北大学大学院医学系研究科教授(現職)。2006年東北大学総長特別補佐(男女共同参画担当)、2008〜2010年東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサー。2004〜2009年に科学技術振興機構CREST「ニューロン新生の分子基盤と精神機能への影響の解明」研究代表者、2007年より東北大学グローバルCOE「脳神経科学を社会へ還流する研究教育拠点」拠点リーダーを務める。2006年より東北大学女性研究者育成支援推進室副室長として振興調整費による「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」を推進、同年、女性研究者育成支援態勢整備の促進に貢献したとして、「ナイスステップな研究者2006」に選定。2015年より東北大学大学院医学系研究科附属創生応用医学研究センター長。2016年より新学術領域「個性」創発脳の領域代表を務める。2018年より東北大学副学長に就任。
専門分野:発生発達神経科学
現在の主要なテーマ:
*脳の発生発達維持の分子機構
*神経新生低下と精神疾患発症の関わり
*脳の健やかな発生発達維持のための栄養
*自閉症の病因病態に関する神経生物学的検証

研究キーワード

 
神経エピゲノム ,次世代継承エピゲノム ,自閉症 ,分子機構 ,ニューロン新生 ,脳の発生発達 ,molecular mechanism ,neurogenesis ,Brain development

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経形態学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 
  • ライフサイエンス / 解剖学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学   副学長
 
2015年4月
 - 
2020年3月
東北大学大学院医学系研究科附属創生応用医学研究センター  センター長 
 
2002年
 - 
2010年
東北大学大学院医学系研究科 形態形成解析分野 教授   
 
2010年
   
 
- 東北大学大学院医学系研究科 附属創生応用医学研究センター 脳神経科学コアセンター 発生発達神経科学分野 教授   
 
1998年
 - 
2002年
東北大学大学院医学系研究科 器官構築学分野 教授   
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京医科歯科大学 大学院歯学研究科 基礎歯科学
 
 
 - 
1985年
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
2016年
京都大学再生医科学研究所 京都大学再生医科学研究所運営委員会委員
 
2013年
 - 
2016年
東京大学先端科学技術研究センター 先端研ボードメンバー
 
2014年
 - 
2015年
京都大学 物質−細胞統合システム拠点 学術有識者委員
 
2014年
 - 
2015年
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 研究員(客員教授)(自然科学研究機構新分野創成センター)
 
2012年
 - 
2015年
日本細胞生物学会  評議員
 

受賞

 
2022年4月
文部科学省, 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰,女子学生の理系進路選択促進のための科学技術への理解増進
大隅典子 、田中真美、大島まり 
 
2018年3月
東北大学, 総長教育賞
男女共同参画推進センター 
 
2012年
TWAS Associate Fellow(第三世界科学アカデミー アソシエイトフェロー)
 
2006年
ナイスステップな研究者2006
 
2006年
NISTEP Award from MEXT
 

論文

 
 
Laarni Grace Corales   Hitoshi Inada   Kotaro Hiraoka   Shun Araki   Shinya Yamanaka   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   
Journal of anatomy      2022年5月
The subcommissural organ (SCO) is a part of the circumventricular organs located in the dorsocaudal region of the third ventricle at the entrance of the aqueduct of Sylvius. The SCO comprises epithelial cells and produces high molecular weight gly...
 
Shohei Ochi   Shyu Manabe   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   
International journal of molecular sciences   23(11)    2022年5月
Pax6 is a sequence-specific DNA binding transcription factor that positively and negatively regulates transcription and is expressed in multiple cell types in the developing and adult central nervous system (CNS). As indicated by the morphological...
 
Songphon Kanlayaprasit   Surangrat Thongkorn   Pawinee Panjabud   Depicha Jindatip   Valerie W Hu   Takako Kikkawa   Noriko Osumi   Tewarit Sarachana   
International journal of molecular sciences   22(24)    2021年12月
Bisphenol A (BPA) is an environmental risk factor for autism spectrum disorder (ASD). BPA exposure dysregulates ASD-related genes in the hippocampus and neurological functions of offspring. However, whether prenatal BPA exposure has an impact on g...
 
Ryuichi Kimura   Yukiko U. Inoue   Takako Kikkawa   Misako Tatehana   Yuki Morimoto   Hitoshi Inada   Shinya Oki   Takayoshi Inoue   Noriko Osumi   
Developmental Dynamics   251(3) 525-535   2021年9月
BACKGROUND: Repressor element 1-silencing transcription factor (REST) is a master regulator that is highly expressed in multipotent stem cells to repress gene networks involving a wide range of biological processes. A recent study has suggested th...
 
Noriko Osumi   Misako Tatehana   
EMBO reports   22(8) e53539   2021年8月
The biological cause for the increase in Autism Spectrum Disorder may be fathers' older age and the epigenetic marks it leaves on sperm cells.

MISC

 
 
大隅典子   
Bio Clinica   37(1) 71-73   2022年
精子細胞は、新しい生命体のためにゲノムの半分を供給するだけでなく、エピジェネティックな変化によって付加的な情報を伝達している。本稿では、近年増加の一途をたどる自閉スペクトラム症等の神経発達障害の病因の理解を発端として、父加齢の次世代への影響に関してニューロダイバーシティ(神経多様性)の観点から捉え、その進化的意義についても考察する。(著者抄録)
 
大隅 典子   
日本看護研究学会雑誌   44(3) 376-376   2021年8月
 
大隅 典子   
日本腎臓学会誌   63(4) 383-383   2021年6月
 
大隅典子   
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75th 24-24   2021年
 
大隅典子   
日本腎臓学会誌(Web)   63(4)    2021年

書籍等出版物

 
 
大隅, 典子, 大島, まり, 山本, 佳世子
講談社   2021年5月   (ISBN:9784065231814)
 
科学技術振興機構社会技術研究開発センター, 田中, 成明, 岡野, 栄之, 大隅, 典子, 永井, 良三, 秋山, 弘子, 有川, 節夫, 徳丸, 吉彦, 甘利, 俊一
丸善プラネット,丸善出版 (発売)   2019年6月   (ISBN:9784863454293)   
 
野尻, 英一, 高瀬, 堅吉, 松本, 卓也, 菅原, 和孝, 竹中, 均, 内藤, 由佳, 持留, 浩二, 大隅, 典子, 小嶋, 秀樹
ミネルヴァ書房   2019年4月   (ISBN:9784623086481)   
 
丸山美帆子, 長濱祐美, 大隅典子
メディカルサイエンスインターナショナル   2018年7月3日   (ISBN:4895929051)   
 
大隅, 典子(担当:単著)
筑摩書房   2017年12月   (ISBN:9784480071019)   

講演・口頭発表等

 
 
第3回東北脳科学ウィンタースクール   2014年   
 
第3回東北脳科学ウィンタースクール   2014年   
 
第3回東北脳科学ウィンタースクール   2014年   
 
 
ELyT Workshop 2014 in Frejus, France   2014年   

所属学協会

 
2020年
 - 
現在
日本神経精神薬理学会理事長
 
   
 
日本神経科学会
 
   
 
Growth and Differentiation
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ニューロン新生におけるPax6-FMRPフィードバック制御機構の性差
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
大隅 典子 稲田 仁 吉川 貴子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
ジェンダー・地域格差に配慮したSTEAM才能教育カリキュラムに関する学際的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
隅田 学 大隅 典子 稲田 結美 大島 まり 大橋 淳史 鈴木 誠 千葉 和義 平野 幹 中山 迅 渡辺 正夫 土屋 由香 林 秀則 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
「個性」創発に至る次世代継承エピゲノム修飾とその脳内表現
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大隅 典子 原 塑 沖 真弥 
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月
 
「個性」創発脳システムの統合的理解を拓く国際的データシェアプラットフォームの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大隅 典子 保前 文高 若林 明雄 中島 欽一 星野 幹雄 今吉 格 郷 康広 冨永 貴志 駒木 文保 柴田 智広 
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月
 
多様な「個性」を創発する脳システムの統合的理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大隅 典子 冨永 貴志 保前 文高 若林 明雄 柴田 智広 郷 康広 今吉 格 駒木 文保 星野 幹雄 原 塑 中島 欽一 
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月

産業財産権

 
 
大隅 典子   吉崎 嘉一   
 
紺谷 昌仙   石倉 義之   大隅 典子   前川 素子   
 
紺谷 昌仙   石倉 義之   大隅 典子   前川 素子   
 
紺谷 昌仙   石倉 義之   大隅 典子   前川 素子   
 
紺谷 昌仙   石倉 義之   大隅 典子   前川 素子