言語の選択:
 

東北メディカル・メガバンク機構

研究者リスト >> 中村 智洋
 

中村 智洋

 
アバター
研究者氏名中村 智洋
 
 
URL
所属東北大学
部署東北メディカル・メガバンク機構 医療情報ICT部門
職名准教授
学位博士(理学)(東海大学)
科研費研究者番号30537923
ORCID ID0000-0002-8349-2367
J-Global ID201101090132701160

研究キーワード

 
中間解析 ,群逐次検定 ,adaptive design ,データ解析 ,計算機統計学 ,数理統計学 ,多重比較 ,公衆衛生学 ,多変量解析 ,疫学 ,統計科学

研究分野

 
  • 情報通信 / 統計科学 / 統計的逐次解析

経歴

 
2019年5月
 - 
現在
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 医療情報ICT部門 コホート情報管理室(室長) 准教授 
 
2013年4月
 - 
現在
東北大学大学院 医学系研究科 個別化予防・疫学分野(兼務)  
 
2019年4月
 - 
2019年4月
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 医療情報ICT部門 コホート情報管理室(室長) 講師 
 
2018年4月
 - 
2019年3月
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 コホート情報管理室(室長代理) 講師 
 
2013年4月
 - 
2018年3月
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 予防医学・疫学部門 助教 
 

所属学協会

 
 
   
 
日本疫学会
 
   
 
日本公衆衛生学会
 
   
 
日本統計学会
 
   
 
日本職業・災害医学会
 
   
 
日本計算機統計学会

受賞

 
2009年
日本計算機統計学会, 学会賞(奨励賞)
 
2005年
日本計算機統計学会第19回大会優秀学生発表賞
 
2002年
Travel support for Students from Wakimoto Memorial Fund in 4th ARS Conference of the IASC
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
2019年12月
日本計算機統計学会  企画理事(大会担当)
 

MISC

 
 
高瀬 雅仁   中村 智洋   中谷 直樹   小暮 真奈   畑中 里衣子   中谷 久美   菅野 郁美   土屋 菜歩   平田 匠   菅原 準一   栗山 進一   辻 一郎   呉 繁夫   寳澤 篤   
Journal of Epidemiology   32(Suppl.1) 126-126   2022年1月
 
高瀬 雅仁   中村 智洋   中谷 直樹   小暮 真奈   畑中 里衣子   中谷 久美   菅野 郁美   土屋 菜歩   平田 匠   菅原 準一   栗山 進一   辻 一郎   呉 繁夫   寳澤 篤   
Journal of Epidemiology   32(Suppl.1) 126-126   2022年1月
 
中谷 直樹   小暮 真奈   畑中 里衣子   菅野 郁美   中谷 久美   小原 拓   中村 智洋   宇留野 晃   布施 昇男   泉 陽子   丹野 高三   辻 一郎   栗山 進一   呉 繁夫   寳澤 篤   
日本公衆衛生学会総会抄録集   80回 219-219   2021年11月
 
高瀬 雅仁   中村 智洋   平田 匠   小暮 真奈   板橋 芙美   土屋 菜歩   中谷 直樹   菅原 準一   栗山 進一   辻 一郎   呉 繁夫   寳澤 篤   
Journal of Epidemiology   31(Suppl.) 101-101   2021年1月
 
寳澤 篤   小原 拓   中村 智洋   板橋 芙美   小暮 真奈   成田 暁   土屋 菜歩   平田 匠   中谷 直樹   菅原 準一   栗山 進一   布施 昇男   辻 一郎   呉 繁夫   
Journal of Epidemiology   31(Suppl.) 116-116   2021年1月

担当経験のある科目(授業)

 
2012年
 - 
2017年
医学統計学演習(R, EZR) (山形大学)
2005年
 - 
2008年
微分方程式 (東海大学)
2004年
 - 
2008年
線形代数 (東海大学, 神奈川工科大学)
2004年
 - 
2008年
微分積分 (東海大学, 神奈川工科大学)
2003年
 - 
2008年
確率統計/統計学 (東海大学, 日本大学, 神奈川工科大学, 日本体育大学, 上智短期大学)

論文

 
 
Masanori Munakata   Tomomi Hattori   Fumie Kubota-Nakayama   Satoshi Konno   Nobutaka Inoue   Tomohiro Nakamura   Atsushi Hozawa   
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2022年9月
Objective We examined whether home blood pressure (BP)-based behavioural guidance had an additional anti-albuminuric effect on school workers with the simple diagnostic provision of microalbuminuria. Methods Of 169 school staff diagnosed with micr...
 
I Kanno   K Hasegawa   T Nakamura   M Kogure   F Itabashi   A Narita   N Tsuchiya   T Hirata   N Nakaya   J Sugawara   S Kuriyama   I Tsuji   S Kure   A Hozawa   
Public health   208 98-104   2022年7月
OBJECTIVES: Previous studies have reported the relationship between housing environment and health, although due to cost and effort, it was difficult to conduct housing condition surveys on a large scale. The CASBEE Housing Health Checklist (the C...
 
Masato Takase   Tomohiro Nakamura   Naoki Nakaya   Mana Kogure   Rieko Hatanaka   Kumi Nakaya   Ikumi Kanno   Kotaro Nochioka   Naho Tsuchiya   Takumi Hirata   Yohei Hamanaka   Junichi Sugawara   Kichiya Suzuki   Nobuo Fuse   Akira Uruno   Eiichi N Kodama   Shinichi Kuriyama   Ichiro Tsuji   Shigeo Kure   Atsushi Hozawa   
Journal of atherosclerosis and thrombosis      2022年5月
AIM: Although many epidemiological studies have shown that obesity assessed by body mass index is associated with carotid intima-media thickness (cIMT), few studies have evaluated fat-free mass, which is a component of body composition. We investi...
 
Makiko Egawa   Eiichiro Kanda   Hiroshi Ohtsu   Tomohiro Nakamura   Masayuki Yoshida   
Journal of atherosclerosis and thrombosis      2022年4月
AIM: Cardiovascular disease (CVD) is the second largest cause of death in Japanese women. Pregnancy and childbirth are events that put a strain on the cardiovascular system. When postpartum weight retention is insufficient, weight gain due to fat ...
 
Kinuko Ohneda   Masahiro Hiratsuka   Hiroshi Kawame   Fuji Nagami   Yoichi Suzuki   Kichiya Suzuki   Akira Uruno   Mika Sakurai-Yageta   Yohei Hamanaka   Makiko Taira   Soichi Ogishima   Shinichi Kuriyama   Atsushi Hozawa   Hiroaki Tomita   Naoko Minegishi   Junichi Sugawara   Inaho Danjoh   Tomohiro Nakamura   Tomoko Kobayashi   Yumi Yamaguchi-Kabata   Shu Tadaka   Taku Obara   Eiji Hishimuma   Nariyasu Mano   Masaki Matsuura   Yuji Sato   Masateru Nakasone   Yohei Honkura   Jun Suzuki   Yukio Katori   Yoichi Kakuta   Atsushi Masamune   Yoko Aoki   Masaharu Nakayama   Shigeo Kure   Kengo Kinoshita   Nobuo Fuse   Masayuki Yamamoto   
JMA journal   5(2) 177-189   2022年4月
Introduction: Pharmacogenomic (PGx) testing results provide valuable information on drug selection and appropriate dosing, maximization of efficacy, and minimization of adverse effects. Although the number of large-scale, next-generation-sequencin...