言語の選択:
 

サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

研究者リスト >> 田代 学
 

田代 学

 
アバター
研究者氏名田代 学
 
タシロ マナブ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0b810e31446033360b9955dbbc1264a9.html
所属東北大学
部署サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部
職名教授
学位博士(医学)(東北大学)
その他の所属東北大学医学系研究科, 東北大学病院放射線科
J-Global ID200901083244729275

研究キーワード

 
機能イメージング ,分子イメージング ,ポジトロン断層法(PET)

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 臨床薬理学
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 精神薬理学
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 核医学

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター  副センター長 
 
2012年4月
 - 
現在
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 教授 
 
2007年1月
 - 
2012年3月
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 准教授 
 
2005年2月
 - 
2006年12月
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 講師 
 
2001年4月
 - 
2005年1月
東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野 助手 
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
東北大学大学院 サイクロトロン核医学講座 医学系研究科
 

委員歴

 
2013年11月
 - 
現在
Japanese Society of Nuclear Medicine  Councilor
 
2013年11月
 - 
現在
日本核医学会  評議員
 
2013年11月
 - 
現在
日本核医学会  監事
 
2011年11月
 - 
現在
Japanese Society of Nuclear Medicine  Publication committee
 
2011年11月
 - 
現在
日本核医学会  編集委員
 

受賞

 
2013年5月
動態核医学研究会, 優秀演題賞(動態核医学研究会),第30回動態核医学研究会(平成25年5月)の開催を記念し、過去29回の研究会で発表された全ての一般演題について審査員が投票した結果、受賞者の発表演題「PETによる抗ヒスタミン薬の鎮静性副作用評価への応用」(平成17年発表)が、脳・腫瘍臨床部門で1位に選出されたことにより表彰。
 
2012年12月
日本臨床薬理学会, 最優秀ポスター賞(共同受賞:日本臨床薬理学会),ポスター発表演題の中での選考において最も評価が高かった演題として授賞
Hiraoka K Tashiro M Ishiwata K Ishii K Yanai K 
 
2011年10月
日本カイロプラクティック徒手医学会, 最優秀論文賞(共同受賞:カイロプラクティック徒手医学会),2011年度に日本カイロプラクティック徒手医学会誌に発表された論文のうち最優秀な論文に対して授賞.
小倉毅 田代学 マスド・メヘディ 四月朔日聖一 渋谷勝彦 谷内一彦 山口慶一郎 伊藤正敏 
 
2010年10月
日本ヒスタミン学会, 日本ヒスタミン学会学術奨励賞
これまでのヒスタミン関連領域への学術的貢献に対して授賞 
 
2010年5月
日本神経学会, 日本神経学会最優秀ポスター賞(共同受賞),ポスター発表演題の中での選考において評価が高く、授賞対象となった。
菊池昭夫 武田篤 ほか 
 

論文

 
 
Senri Oyama   Ayumu Hosoi   Masanobu Ibaraki   Colm J. McGinnity   Keisuke Matsubara   Shoichi Watanuki   Hiroshi Watabe   Manabu Tashiro   Miho Shidahara   
EJNMMI Physics   7(1) 57   2020年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
<sec>
<title>Background</title>
Novel partial volume correction (PVC) algorithms have been validated by assuming ideal conditions of image processing; however, in real clinical PET studies, the input datasets include error ...
 
Gaku Matsuzawa   Hirotaka Sano   Nobuyuki Yamamoto   Daisuke Kurokawa   Shoichi Watanuki   Manabu Tashiro   Eiji Itoi   
Skeletal Radiology      2020年6月   [査読有り]
 
 
菊池 昭夫   江面 道典   岡村 信行   長谷川 隆文   石木 愛子   原田 龍一   菅野 直人   吉田 隼   小林 潤平   荒井 啓行   谷内 一彦   古本 祥三   田代 学   工藤 幸司   武田 篤   青木 正志   
臨床神経学   59(Suppl.) S228-S228   2019年11月
 
中村 正帆   平岡 宏太良   原田 龍一   松澤 拓郎   吉川 雄朗   長沼 史登   田代 学   谷内 一彦   岡村 信行   
臨床薬理   50(Suppl.) S262-S262   2019年11月

MISC

 
 
鈴木頌也   菊地飛鳥   稲見暁惠   MOHSEN Attayeb   松田林   平岡宏太良   四月朔日聖一   三宅正泰   三宅正泰   渡部浩司   谷内一彦   谷内一彦   田代学   
日本ヒスタミン学会プログラム・講演要旨集   22nd    2020年
 
中村 正帆   平岡 宏太良   原田 龍一   松澤 拓郎   吉川 雄朗   長沼 史登   田代 学   谷内 一彦   岡村 信行   
臨床薬理   50(Suppl.) S262-S262   2019年11月   
 
菊池 昭夫   江面 道典   岡村 信行   長谷川 隆文   石木 愛子   原田 龍一   菅野 直人   吉田 隼   小林 潤平   荒井 啓行   谷内 一彦   古本 祥三   田代 学   工藤 幸司   武田 篤   青木 正志   
臨床神経学   59(Suppl.) S228-S228   2019年11月   
 
田代 学   鈴木 頌也   Chen Edmond   菊地 飛鳥   稲見 暁惠   三宅 正泰   Nasir Fairuz Mohd   平岡 宏太良   四月朔日 聖一   谷内 一彦   渡部 浩司   
核医学   56(Suppl.) S161-S161   2019年10月   
 
菊池 昭夫   江面 道典   岡村 信行   長谷川 隆文   石木 愛子   原田 龍一   菅野 直人   吉田 隼   小林 潤平   荒井 啓行   谷内 一彦   古本 祥三   田代 学   工藤 幸司   武田 篤   青木 正志   
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   13回 129-129   2019年7月   

書籍等出版物

 
 
Tashiro M, Fujimoto T, Masud MM, Khondkar S, Watanuki S, Yanai K, Itoh M, Ishii K(担当:共著, 範囲:351-374)
Springer Science+Business Media New York   2012年      
Eds. Hennings Boecker, Lukas Scheef, Charles H. Hillman, and Heiko K. Strüder
 
Furukawa K, Okamura N, Tashiro M, Furumoto S, Iwata R, Yanai K, Kudo Y, Arai H(担当:単著, 範囲:Amyloid imaging and biomarkers in MCI and Alzheimer’s disease.)
2011年      
Eds: Irene P. Halcheck and Nancy R. Vernon.
 
Hiraoka K, Tashiro M, Funaki Y, Okamura N, Fujii T, Takeda A, Hisanaga K, Watabe H, Iwata R, Mori E, Yanai K(担当:共著, 範囲:[5-11C-methoxy]donepezil, a PET ligand for in-vivo visualization of donepezil binding to acetylcholinesterase and cholinergic imaging.)
Imperial College Press   2011年      
Ed. YAMAGUCHI Takami
 
Miyake M, Yamamoto S, Itoh M, Itoh S, Sato H, Kumagai K, Tashiro M, Baba M(担当:単著, 範囲:Development of a high rersolution PET camera specialized for breast cancer diagnosis.)
Imperial College Press   2011年      
Ed. YAMAGUCHI Takami
 
Masud, MM, Fujimoto T, Miyake M, Watanuki S, Itoh M, Tashiro M(担当:共著)
Imperial College Press   2011年      

講演・口頭発表等

 
 
Impacts of Sendai Earthquake on March 11, 2011, on Research and Education of CYRIC, Tohoku University. Seminar of Vienna Medical University.
Tashiro M   Furukawa K   Baba M   Ishii K   
Lecture at Semmelwies University (COE program)   2012年5月14日   
as a guest speaker for “Modern Orvostudományi Technológiák a Semmelweis Egyetemen (Modern Medical Science Technologies at Semmelweis University)”, a governmental grant for promotion of science and education, Hungarian government)
 
Functional and Molecular Imaging of Dementia.
Tashiro M   Furukawa K   
Lecture at Semmelwies University (COE program)   2012年5月14日   
as a guest speaker for “Modern Orvostudományi Technológiák a Semmelweis Egyetemen (Modern Medical Science Technologies at Semmelweis University)”, a governmental grant for promotion of science and education, Hungarian government)
 
PET research and the disaster that we experienced in Tohoku University, Sendai, JAPAN.
Tashiro M   Ishii K   
Lecture at Vienna Medical University   2011年11月30日   
 
Effects of “The Great Eastern Tohoku-Kanto Earthquake” and “Tsunami” on March 11th, 2011 and Perspectives of Japanese Neuroscience Research. Mini-symposium.
Masud MM   Tashiro M   
The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society. Special Program of the Japan Earthquake.   2011年9月14日   
 
Quantitative Analysis of amyloid beta deposition in the brain of Alzheimer's disease patients using PET and [11C]BF-227.
Tashiro M   Okamura N   Watanuki S   Furumoto S   Furukawa K   Funaki Y   Iwata R   Kudo Y   Arai H   Yanai K   
Annual Meeting of EANM   2010年10月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本老年医学会
 
   
 
日本医学放射線学会
 
   
 
日本統合医療学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
欧州核医学会

Works(作品等)

 
 
2005年3月   芸術活動

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 1998年4月
 
研究期間: 1998年4月
 
 
研究期間: 1996年4月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2011年6月 - 2011年9月
ボランティアスタッフとして東北地区の情報提供
 
 
【企画】
CODA研究会 2010年10月
開業医向け啓発・教育DVD教材の作成監修
 
 
【企画】
 2007年9月25日
がん患者の心理ケアを行なう「生き甲斐療法実践会」の設立20周年記念シンポジウムの企画に協力。仙台でシンポジウムを行ない、シンポジスととして参加し、PETによる「こころのイメージング」研究を紹介した。患者や家族が自らの体験語る有意義な会となった。

メディア報道

 
 
朝日新聞.   2010年12月   [新聞・雑誌]
 
日本アレルギー協会   2010年10月   [その他]
日本アレルギー協会 オンライン研修会講師(講演の公開およびコンテンツ作成の監修)
 
ラジオ日経   2010年2月   [その他]
ラジオ日経.薬学の時間(放送)
 
毎日新聞社   2009年11月   [新聞・雑誌]
研究者としてのこれまでの成果と今後の展望についての取材
 
日経ビジネスAssocie   2008年5月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
高齢運転者における加齢と抗ヒスタミン薬鎮静作用の相乗効果の有無に関する臨床研究を行う。とくにシミュレーション研究にNIRS測定を追加して多面的に解析する。
 
 
2012年4月 - 2012年4月
分子イメージング研究の推進のため
 
 
2012年4月 - 2012年4月
徒手療法の研究に関連した臨床研究の推進のため
 
 
抗ヒスタミン薬服用後における自動車運転シミュレーションの運転成績の加齢による影響を調べるために、正常高齢者および若年被験者各20名を対象とした臨床試験を実施して、運転成績を評価・比較する。
 
 
2011年4月 - 2011年4月
分子イメージング研究の推進のため