言語の選択:
 

研究者業績

研究者リスト >> 太田 信
 

太田 信

 
アバター
研究者氏名太田 信
 
オオタ マコト
URLhttp://www.ifs.tohoku.ac.jp/jpn/crfrd_bfdl.html
所属東北大学
部署流体科学研究所 流動創成研究部門 生体流動ダイナミクス研究分野
職名教授
学位博士(工学)(京都大学)
その他の所属大学院工学研究科, 大学院医工学研究科
J-Global ID200901039559034160

研究キーワード

 
口腔 ,摩耗 ,血管内治療 ,動脈瘤 ,血流 ,3次元再構築 ,生体モデル

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学 / 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 

経歴

 
2022年3月
 - 
現在
東北大学 大学院医工学研究科 教授 
 
2022年3月
 - 
現在
東北大学 大学院工学研究科 教授 
 
2001年9月
 - 
2004年12月
ジュネーブ大学  ポスドク 
 
2001年4月
 - 
2001年9月
京都大学再生医科学研究所  講師(研究機関研究員) 
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
京都大学 工学研究科 高分子化学科
 
 
 - 
1995年3月
東京農工大学 工学部 物質生物工学科
 

委員歴

 
2019年8月
 - 
現在
医療用立体モデルコンソーシアム  幹事
 
2019年4月
 - 
現在
日本機械学会 A-TS 02-04 制御と情報-生体への応用研究会  主査
 
2019年4月
 - 
現在
戦略的国際標準化加速事業・政府戦略分野に係わる国際標準開発活動「バイオセラミックスの生物学的多能性評価に関する国際標準化」  委員
 
2018年10月
 - 
現在
ISO/TC150/WG14  議長
 
2018年4月
 - 
現在
日本生体医工学会 東北支部  役員
 

受賞

 
2021年2月
日本機械学会, 日本機械学会フェロー
 
2016年11月
13th International IntraCranial Stent Meeting, Poster Award(13th International IntraCranial Stent Meeting,Correlating MR Wall Enhancement and Wall Shear Stress: Does CFD work to predict aneurysm instability?
 
2016年11月
13th International IntraCranial Stent Meeting, Poster Award(13th International IntraCranial Stent Meeting,Exploring the relationship between the inflow zone and strut positions within the aneurysm orifice: a hemodynamic simulation study
 
2016年11月
13th International IntraCranial Stent Meeting, Poster Award(13th International IntraCranial Stent Meeting,Blood Flow Into Basilar Tip Aneurysms A Predictor for Recanalization After Coil Embolization
 
2016年9月
東北大学, 東北大学藤野先生記念奨励賞
 

論文

 
 
大石 卓弥   高嶋 一登   葭中 潔   于 凱鴻   太田 信   森 浩二   当麻 直樹   
バイオフロンティア講演会講演論文集   2022.32 1C24   2022年
 
Hitomi Anzai   Rolf Stämpfli   Adriano Wang-Leandro   Luciano F. Boesel   Shelley Kemp   Rene M. Rossi   Agnieszka A. Karol   Makoto Ohta   Henning Richter   
Thermal Science and Engineering Progress   25 100966-100966   2021年10月
 
Simon Tupin   Kei Takase   Makoto Ohta   
CardioVascular and Interventional Radiology   44(8) 1251-1259   2021年8月
PURPOSE: The multilayer flow modulator (MFM) device has been used for the treatment of abdominal aortic aneurysm (AAA) for over a decade. Although several clinical studies have been published, criticism and concern over the device efficacy remain,...
 
Sirui Wang   Dandan Wu   Gaoyang Li   Kun Peng   Yongliang Mu   Makoto Ohta   Hitomi Anzai   Aike Qiao   
Technology and health care : official journal of the European Society for Engineering and Medicine      2021年7月
BACKGROUND: Inadequate scaffolding performance hinders the clinical application of the biodegradable zinc alloy stents. OBJECTIVE: In this study we propose a novel stent with the tenon-and-mortise structure to improve its scaffolding performance. ...
 
Mingzi Zhang   Yujie Li   Shin‐ichiro Sugiyama   David I. Verrelli   Yasushi Matsumoto   Teiji Tominaga   Yi Qian   Simon Tupin   Hitomi Anzai   Makoto Ohta   
International Journal for Numerical Methods in Biomedical Engineering   37(7) e3465   2021年7月
Incomplete stent expansion (IncSE) is occasionally seen in flow-diversion (FD) treatment of intracranial aneurysms; however, its haemodynamic consequences remain inconclusive. Through a parametric study, we quantify the aneurysmal haemodynamics su...

MISC

 
 
岡本吉弘   庄島正明   新妻邦泰   太田信   植松美幸   迫田秀行   配島由二   
人工臓器(日本人工臓器学会)   49(2)    2020年
 
芳賀洋一   芳賀洋一   吉田洋   松永忠雄   清水康智   太田信   太田信   庄島正明   益田泰輔   Yu Kaihong   Simon Tupin   Dai Chenming   新井史人   原田香奈子   
電気学会論文誌 E   140(12)    2020年
 
大石卓弥   高嶋一登   葭中潔   YU Kaihong   太田信   森浩二   当麻直樹   
日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集(CD-ROM)   31st    2020年
 
池谷直紀   山崎智皓   田中学   太田信   山口隆平   
日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集(CD-ROM)   31st    2020年
 
山崎智皓   岡崎陽大   田中学   太田信   石田藤麿   山口隆平   
日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集(CD-ROM)   31st    2020年

書籍等出版物

 
 
太田 信, Daniel A. Rüfenacht, 堤 定美(担当:共著, 範囲:脳動脈瘤の治療に用いる新しいステントデザインの検討 136-139)
先端医療技術研究所   2004年9月      
 
太田 信, 半田 明, Rufenacht, D.A, 堤 定美(担当:共著, 範囲:脳動脈瘤ステンとの力学的試験 90-98)
CMC出版   2003年11月28日      
 
M. Hirabayashi, M. Ohta, D. A. Ruefenacht, B. Chopard(担当:単著, 範囲:Lattice boltzmann analysis of the flow reduction mechanism in stented cerebral aneurysms for the endovascular treatment 1044-1053)
P.M.A   2003年1月      
 
M. Oka, S.-H. Hyon, Makoto Ohta, T. Nakamura, Y. Ushio, J.Toguchida(担当:共著, 範囲:Methods to Reduce the Wear of Ultrahigh-Molecular-Weight Polyethylene 109-118)
Springer-Verlag Tokyo   1999年1月      
 
Suong-Hyu Hyon, Makoto Ohta, Masanori Oka, Sadami Tsutsumi(担当:単著, 範囲:Development of Novel UHMWPE for Artificial Joints 251-260)
1997年1月      

講演・口頭発表等

 
 
小池隼太   Shiddiq Hashuro   小林直裕   Simon Tupin   小助川博之   戸塚厚   太田信   
日本機械学会東北支部 第56期総会・講演会   2021年3月12日   
 
神 容慶   北村 洸   太田 信   安西 眸   麦倉 俊司   森 菜緒子   
第54回 日本生体医工学会東北支部大会,   2021年1月23日   
 
Hitomi Anzai   Mingzi Zhang   Narendra Kurnia Putra   Makoto Ohta   
2ND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL BIOFLUID 2020   2020年12月16日   [招待有り]
 
Kazuki Takeda   Hitomi Anzai   Mingzi Zhang   Kohei Mitsuzuka   Wang Haoran   Ai Kajiyama   Makoto Ohta   
2ND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL BIOFLUID 2020   2020年12月16日   
 
Fangjia Pan   Makoto Ohta   Hitomi Anzai   Shunji Mugikura   Naoko Mori   
2ND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL BIOFLUID 2020   2020年12月16日   

所属学協会

 
 
   
 
日本バイオレオロジー学会
 
   
 
日本生体医工学会
 
   
 
日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
超弾性NiTi合金への陽極酸化によるTiO2皮膜形成―機序の解明と表面機能の評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
大津 直史 太田 信 坂入 正敏 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
MRA血管走行・壁ストレス標準モデルを用いた脳卒中リスクの可視化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
麦倉 俊司 太田 信 安西 眸 森 菜緒子 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
アイトラッキングによるカテーテル術者の目線解析と訓練に役立つ目線パターンの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
庄島 正明 小泉 聡 太田 信 岡本 吉弘 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
血液透析シャント狭窄を防ぐ埋込型デバイスの研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
梶山 愛 木下 知 鈴木 智之 太田 信 安西 眸 片平 晋太郎 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
3Dプリンタ用PVA材料の構造および熱物性と適応部位の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
太田 信 岡本 吉弘 安西 眸 庄島 正明 TUPIN SIMON 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月

産業財産権

 
 
 
山家智之   太田信   松木英敏   佐藤文博   堀義生   白石泰之   前田剛   関根一光   三浦英和   角張泰之   荒井真輔   
 
太田信   柴田幸彦   及川直人   片倉裕司   
 
太田信   柴田幸彦   及川直人   片倉裕司   
 
堤 定美   太田 信   玄 丞烋   岡野 仁夫   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2015年11月4日
講演会
 
【その他】
 2014年8月29日
血液の流れを講演する
 
【その他】
 2009年9月25日
血流の流れ
 
【その他】
 2009年9月11日
みやぎ県民大学で,公開講座を行った
 
【その他】
 2005年12月19日
仙台市立松森小学校に出前授業を行った

メディア報道

 
 
日刊工業新聞   2022年2月   [新聞・雑誌]
 
日本経済新聞   2022年2月   [インターネットメディア]
 
 
 
日刊工業新聞   2022年1月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
大動脈瘤用ステントグラフトのインビトロ試験を行う
 
 
2013年9月 - 2013年9月
骨髄液の流れをモデル化する
 
 
2013年4月 - 2013年4月
ステント内の流れをMRI,PIV,CFDで計測する
 
 
2012年11月 - 2012年11月
歯垢除去法の開発
 
 
コイルモデル内の流れの可視化実験