言語の選択:
 

サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

研究者リスト >> 関 隆志
 

関 隆志

 
アバター
研究者氏名関 隆志
 
セキ タカシ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90372292.ja.html
所属東北大学
部署サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
職名研究教授
学位博士(医学)(東北大学大学院)
J-Global ID200901004750784538

研究キーワード

 
漢方薬 ,鍼治療 ,プラセボ針 ,評価指標 ,血流量 ,評価方法 ,ρmax ,東洋医学 ,脈波伝搬時間 ,灸治療 ,腹部温熱刺激 ,局所脳活動 ,フルオロデオキシグルコース(FDG) ,ストレス ,神経変性疾患 ,便秘 ,嚥下障害 ,治療的電気刺激 ,大建中湯 ,ヒスタミン ,ポジトロン断層法(PET) ,代替医療 ,超音波断層法 ,脳血管障害 ,MRI ,カイロプラクティック ,videofluorography ,鍼灸治療

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター サイクロトロン核医学研究部 研究教授 
 
2014年4月
 - 
2016年3月
東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 高齢者高次脳医学研究部門 講師 
 
2012年10月
 - 
2014年3月
東北大学大学院医学系研究科 高齢者高次脳医学寄附講座 講師 
 
2003年10月
 - 
2012年9月
東北大学大学院医学系研究科 先進漢方治療医学寄附講座 講師 
 
2002年4月
 - 
2003年9月
東北大学医学部附属病院 老年・呼吸器内科 医員 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
全日本鍼灸学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本統合医療学会  理事
 
 
 - 
現在
日本東洋医学会  代議員
 
 
 - 
現在
日本中医学会  理事
 

論文

 
 
Yi-Chien Liu   Kenichi Meguro   Kei Nakamura   Kyoko Akanuma   Masahiro Nakatsuka   Takashi Seki   Shutaro Nakaaki   Masaru Mimura   Norito Kawakami   
FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE   9 335   2017年10月   [査読有り]
Background: In this study, we investigated the relationship among a history of depression, depressive states, and dementia in a community-based old-old cohort.
Methods: From 2012 to 2013, we recruited 200 subjects residing in Tome, Japan. Ultimate...
 
Kyoko Akanuma   Kei Nakamura   Kenichi Meguro   Masanori Chiba   Sergio Ramon Gutierrez Ubeda   Keiichi Kumai   Yuka Kato   Jiro Oonuma   Mari Kasai   Masahiro Nakatsuka   Takashi Seki   Hiroaki Tomita   
Psychogeriatrics   16(6) 349-354   2016年11月   [査読有り]
AimAfter the Great East Japan Earthquake of 2011, we investigated the safety of residents in the affected communities. Most of the people requiring help were elderly and had previously been assessed as Clinical Dementia Rating (CDR) 0.5 (i.e. as h...
 
Masashi Watanabe   Soichiro Kaneko   Shin Takayama   Yasuyuki Shiraishi   Takehiro Numata   Natsumi Saito   Takashi Seki   Norihiro Sugita   Satoshi Konno   Tomoyuki Yambe   Makoto Yoshizawa   Nobuo Yaegashi   Tadashi Ishii   
Medicines (Basel, Switzerland)   3(2)    2016年5月   [査読有り]
BACKGROUND: Radial artery (RA) pulse diagnosis has been used in traditional Asian medicine. Blood pressure (BP) and pulse rate related to heart rate variability (HRV) can be monitored via the RA. The fluctuation in these parameters has been assess...
 
Tomohiro Kaneta   Masahiro Nakatsuka   Kei Nakamura   Takashi Seki   Satoshi Yamaguchi   Masahiro Tsuboi   Kenichi Meguro   
CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   41(1) e1-e6   2016年1月   [査読有り]
Purpose SPECT is an important diagnostic tool for dementia. Recently, statistical analysis of SPECT has been commonly used for dementia research. In this study, we evaluated the accuracy of visual SPECT evaluation and/or statistical analysis for t...
 
Yoritoshi Kobayashi   Yumi Takahashi   Takashi Seki   Tomohiro Kaneta   Kenichi Amarume   Mari Kasai   Kenichi Meguro   
Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra   6(2) 350-360   2016年   [査読有り]
Background/Aims: No previous studies have explored the relationship between physical activity (PA) and executive dysfunction. Methods: We retrospectively evaluated the PA for 590 older participants in the Kurihara Project
221 participants had a C...

MISC

 
 
高山 真   岩崎 鋼   渡部 正司   神谷 哲治   平野 篤   松田 綾音   沼田 健裕   楠山 寛子   沖津 玲奈   菊地 章子   関 隆志   武田 卓   八重樫 伸生   
日本東洋医学雑誌   63(4) 275-282   2012年   
古くからヨーロッパでは自然療法を取り入れて健康を保つ方法が一般的に行なわれてきており,特にドイツでは統合医療に補完・代替医療が積極的に導入されている。ドイツでも有名な4つの施設,ミュンヘン大学麻酔科ペインクリニック,TCM Klinik Bad Ko¨tzting, Immamuel Krankenhaus, ZenHaus Klinik を視察し統合医療の現状を報告する。各施設では,慢性疼痛に対する4週間プログラム,中国伝統医学中心の治療,自然療法主体の治療,日本伝統医学にアロマテラピー...
 
高山 真   沖津 玲奈   岩崎 鋼   渡部 正司   神谷 哲治   平野 篤   松田 綾音   門馬 靖武   沼田 健裕   楠山 寛子   平田 宗   菊地 章子   関 隆志   武田 卓   八重樫 伸生   
日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine   62(5) 621-626   2011年9月   
 
高山 真   沖津 玲奈   岩崎 鋼   渡部 正司   神谷 哲治   平野 篤   松田 綾音   門馬 靖武   沼田 健裕   楠山 寛子   平田 宗   菊地 章子   関 隆志   武田 卓   八重樫 伸生   
Kampo Medicine   62(5) 621-626   2011年   
平成23年3月11日に発生した東日本大震災は,巨大な地震と津波により東日本の広い範囲に甚大なる被害をもたらした。東北大学病院では被災地域への医療支援を行ない,漢方内科においても東洋医学を中心とした活動を行なった。ライフラインが復旧せず医療機器の使用が困難な中にあって,医師の五感により病状を把握し治療方針を決定できる東洋医学は極めて有効な診断・治療方法であった。被災直後には感冒,下痢などの感染症と低体温症が課題であり,2週間経過後からアレルギー症状が増加し,1ヵ月以降は精神症状や慢性疼痛が増...
 
山家 智之   金野 敏   白石 泰之   川島 隆太   阿部 恒之   杉田 典大   吉沢 誠   関 隆志   
日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology   40(1) 5-14   2010年2月   
 
関 隆志   
日本温泉気候物理医学会雑誌   73(1) 34-35   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
 
伝統医学を巡る世界の潮流と日本の役割 日本の伝統医学教育の未来 鍼灸学の活用の観点から
日本東洋医学会   2008年   
 
漢方薬半夏厚朴湯は誤嚥性肺炎を予防する
第50回日本老年医学会   2008年   
 
QOL and ADL in the patients with myasthenia gravis underwent acupuncture adjuvant therapy: a case series.
International Council of Medical Acupuncture and Related Techniques   2008年   
 
上海中医科大学中医科全課程を修了して
日本東洋医学会   2008年   
 
漢方薬半夏厚朴湯は誤嚥性肺炎を予防する
第50回日本老年医学会   2008年