言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 塩見 こずえ
 

塩見 こずえ

 
アバター
研究者氏名塩見 こずえ
 
シオミ コズエ
通称等の別名Kozue Shiomi
URL
所属東北大学
部署学際科学フロンティア研究所
職名助教
学位博士(農学)(東京大学)
J-Global ID201101019366389090

研究キーワード

 
移動生態 ,帰巣 ,ミズナギドリ ,ナビゲーション ,認知生態 ,海鳥 ,ペンギン ,バイオロギング

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 動物行動学

受賞

 
2013年3月
平成24年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰 特別賞,『三陸沿岸で繁殖する海鳥の洋上移動パターンの解明』
塩見こずえ 
 
2012年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科長賞,『Decision time to return in seabirds: application of fine-scale movement data to decision-making analyses.』
塩見こずえ 
 

論文

 
 
 
Shiomi K   Kokubun N   Shimabukuro U   Takahashi A   
Ardea      2019年12月   [査読有り]
 
Shiomi K   Sato K   Katsumata N   Yoda K   
Behaviour      2019年6月   [査読有り]
 
Kozue Shiomi   Katsufumi Sato   Yves Handrich   Charles A. Bost   
MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES   561 233-243   2016年12月   [査読有り]
It is generall y expected that animals, including marine organisms, travel at speeds achieving the minimum energetic cost of transport. However, several factors cause variation in speeds within the energetically acceptable range. Light intensity i...
 
Kozue Shiomi   Ken Yoda   Nobuhiro Katsumata   Katsufumi Sato   
ANIMAL BEHAVIOUR   83(2) 355-359   2012年2月   [査読有り]
Timing is crucial for animals for optimizing foraging, travelling and breeding behaviours in spatiotemporally heterogeneous environments. Some seabirds, commuting between land-based nesting colonies and widely dispersed foraging areas at sea, retu...

書籍等出版物

 
 
塩見 こずえ(担当:分担執筆, 範囲:【特集「ペンギン~行動と研究最前線」】「ペンギンの潜水能力のひみつ ─バイオロギングで明らかになった生理メカニズムと行動パターン」)
2019年1月      
 
塩見 こずえ, 依田憲(担当:分担執筆, 範囲:【特集「特集I 生物のナビゲーションを科学する」】「鳥類のナビゲーション研究─これまでとこれから」)
2017年11月      
 
塩見こずえ, 米原善成, 後藤佑介, 坂尾美帆, 佐藤克文(担当:分担執筆, 範囲:「三貫島・船越大島 −岩手県−」)
海洋出版株式会社   2016年10月      
 
塩見 こずえ(担当:分担執筆, 範囲:「海鳥の帰巣能力」)
海洋出版株式会社   2016年9月      
 
塩見 こずえ(担当:分担執筆, 範囲:「バイオロギングは待つ学問?」)
京都通信社   2016年8月      

講演・口頭発表等

 
 
塩見こずえ   Mindaugas Mitkus   
ペンギンの秘密にせまる!〜水族園で取組む最新の研究〜   2021年12月12日   [招待有り]
 
塩見こずえ   
ダイナミクスと制御研究会   2021年11月16日   [招待有り]
 
Tomoko Narazaki   Itsumi Nakamura   Kagari Aoki   Takashi Iwata   Kozue Shiomi   Paolo Luschi   Hiroyuki Suganuma   Carl G. Meyer   Rui Matsumoto   Charles A. Bost   Yves Handrich   Masao Amano   Ryosuke Okamoto   Kyoichi Mori   Stéphane Ciccione   Jérôme Bourjea   Katsufumi Sato   
The 7th International Bio-logging Science Symposium   2021年10月   
 
塩見こずえ   
身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究会   2021年10月2日   [招待有り]
 
Kozue Shiomi   
"Toward an integration of fluids, ecology, and evolution" in Biofluids 2021   2021年7月7日   [招待有り]

所属学協会

 
2021年8月
 - 
現在
日本進化学会
 
   
 
日本動物行動学会
 
   
 
日本バイオロギング研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
飛翔性動物の流体内移動分散モデルの開発とそれに基づく新しい生態系管理技術の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
依田 憲 塩見 こずえ 飛龍 志津子 山本 誉士 吉田 聡 山本 麻希 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
鳥類の脳サイズと移動生態の進化的繋がり:種間および種内での比較解析による検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
塩見 こずえ 河部 壮一郎 依田 憲 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
外洋性海鳥の帰巣行動に関する認知生態研究:種内・種間比較に基づく統合的アプローチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
塩見 こずえ 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
多次元バイオロギングによる鳥類・魚類の長距離ナビゲーション行動の包括的理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
依田 憲 牧口 祐也 塩見 こずえ 
研究期間: 2016年6月 - 2021年3月
 
ベーリング海北部の環境変動と人間活動が高次捕食動物に与える影響の評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
高橋 晃周 塩見 こずえ 國分 亙彦 綿貫 豊 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院情報学研究科 社会情報学専攻 修士課程
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学 農学部 資源生物科学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本バイオロギング研究会  幹事
 
2015年4月
 - 
2020年3月
文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員