言語の選択:
 

東北メディカル・メガバンク機構

研究者リスト >> 大根田 絹子
 

大根田 絹子

 
アバター
研究者氏名大根田 絹子
 
 
URL
所属東北大学
部署東北メディカル・メガバンク機構
職名教授
学位博士(医学)(東北大学)
J-Global ID201801006954260620

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

論文

 
 
Shin'ya Ohmori   Jun Takai   Satoshi Uemura   Akihito Otsuki   Tetsuya Mori   Kinuko Ohneda   Takashi Moriguchi   
iScience   25(9) 104942-104942   2022年9月
Mast cells serve as a first-line defense of innate immunity. Interleukin-6 (IL-6) induced by bacterial lipopolysaccharide (LPS) in mast cells plays a crucial role in antibacterial protection. The zinc finger transcription factor GATA2 cooperativel...
 
Kinuko Ohneda   Masahiro Hiratsuka   Hiroshi Kawame   Fuji Nagami   Yoichi Suzuki   Kichiya Suzuki   Akira Uruno   Mika Sakurai-Yageta   Yohei Hamanaka   Makiko Taira   Soichi Ogishima   Shinichi Kuriyama   Atsushi Hozawa   Hiroaki Tomita   Naoko Minegishi   Junichi Sugawara   Inaho Danjoh   Tomohiro Nakamura   Tomoko Kobayashi   Yumi Yamaguchi-Kabata   Shu Tadaka   Taku Obara   Eiji Hishimuma   Nariyasu Mano   Masaki Matsuura   Yuji Sato   Masateru Nakasone   Yohei Honkura   Jun Suzuki   Yukio Katori   Yoichi Kakuta   Atsushi Masamune   Yoko Aoki   Masaharu Nakayama   Shigeo Kure   Kengo Kinoshita   Nobuo Fuse   Masayuki Yamamoto   
JMA journal   5(2) 177-189   2022年4月
Introduction: Pharmacogenomic (PGx) testing results provide valuable information on drug selection and appropriate dosing, maximization of efficacy, and minimization of adverse effects. Although the number of large-scale, next-generation-sequencin...
 
Hiroshi Kawame   Akimune Fukushima   Nobuo Fuse   Fuji Nagami   Yoichi Suzuki   Mika Sakurai-Yageta   Jun Yasuda   Yumi Yamaguchi-Kabata   Kengo Kinoshita   Soichi Ogishima   Takako Takai   Shinichi Kuriyama   Atsushi Hozawa   Naoki Nakaya   Tomohiro Nakamura   Naoko Minegishi   Junichi Sugawara   Kichiya Suzuki   Hiroaki Tomita   Akira Uruno   Tomoko Kobayashi   Yayoi Aizawa   Tomoharu Tokutomi   Kayono Yamamoto   Kinuko Ohneda   Shigeo Kure   Yoko Aoki   Hideki Katagiri   Yasushi Ishigaki   Shojiro Sawada   Makoto Sasaki   Masayuki Yamamoto   
Journal of human genetics   67(1) 9-17   2022年1月
Certain large genome cohort studies attempt to return the individual genomic results to the participants; however, the implementation process and psychosocial impacts remain largely unknown. The Tohoku Medical Megabank Project has conducted large ...
 
高井 淳   大森 慎也   大根田 絹子   上村 聡志   山本 雅之   森口 尚   
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回 [2S12m-02]   2021年11月
 
大森 慎也   森口 尚   高井 淳   森 哲哉   大根田 絹子   
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回 [P-633]   2021年11月

MISC

 
 
濱中 洋平   大根田 絹子   布施 昇男   川目 裕   長神 風二   平塚 真弘   宇留野 晃   櫻井 美佳   平良 摩紀子   鈴木 吉也   鈴木 洋一   山本 雅之   
日本遺伝カウンセリング学会誌   41(2) 122-122   2020年6月
 
大森 慎也   大根田 絹子   
臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology   64(4) 352-359   2015年10月   
 
大森慎也   登丸菜月   石嶋康史   森口尚   山本雅之   大根田絹子   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 3P-0588 (WEB ONLY)   2014年   
 
高井 淳   森口 尚   鈴木 未来子   大根田 絹子   山本 雅之   
生化学   85(8) 720-720   2013年8月   
 
高井 淳   森口 尚   鈴木 未来子   大根田 絹子   山本 雅之   
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 2P-0548   2010年12月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
マスト細胞遺伝子発現制御におけるGata1/Gata2とPU.1の相互作用の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大根田 絹子 大森 慎也 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
GATA転写因子によるマスト細胞プロテアーゼ遺伝子の統括的な発現制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大根田 絹子 石嶋 康史 大森 慎也 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
骨髄球系細胞の系列転換における「遷移細胞」の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大根田 絹子 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
GATA因子による成熟マスト細胞の機能制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大根田 絹子 石嶋 康史 大森 慎也 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
造血系転写因子によるマスト細胞分化決定機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大根田 絹子 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月