言語の選択:
 

サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

研究者リスト >> 石井 慶造
 

石井 慶造

 
アバター
研究者氏名石井 慶造
 
イシイ ケイゾウ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/aef519bf73a3b0858eafc44855270668.html
所属東北大学
部署サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
職名研究教授
学位理学博士(東北大学)
J-Global ID200901089684036326

研究キーワード

 
PET ,PIXE ,放射線 ,加速器 ,PET ,PIXE ,radiations ,accelerator

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎 / 
  • エネルギー / 原子力工学 / 

経歴

 
2017年4月
   
 
東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 研究教授 
 
2012年4月
 - 
2016年3月
東北大学  リサーチプロフェッサー 
 
1995年3月
 - 
2012年2月
東北大学 大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻 教授 
 
1987年4月
 - 
1995年2月
東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 助教授 
 
1978年1月
 - 
1987年3月
東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 助手 
 

委員歴

 
2007年
 - 
2009年
日本原子力学会・教育委員会  委員
 
2007年
 - 
2009年
国立大学アイソトープ総合センター長会議 会長
 
2007年
 - 
2009年
日本原子力学会・教育委員会  委員
 
2007年
 - 
2009年
国立大学アイソトープ総合センター長会議 会長
 
2007年
 - 
2008年
日本原子力学会・東北支部会  支部長
 

受賞

 
2015年
平成26年度東北支部功績賞
 
2015年
平成26年度東北支部功績賞
 
2005年
日本原子力学会加速器部会・ビーム科学部会賞
 
2005年
日本医学物理学会論文賞
 
2005年
日本原子力学会加速器部会・ビーム科学部会賞
 

論文

 
 
Mitsuhiro Nogami   Keitaro Hitomi   Toshiyuki Onodera   Kio Matsumoto   Kenichi Watanabe   Atsuki Terakawa   Keizo Ishii   
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   477 43-45   2020年8月   [査読有り]
 
M. Nogami   K. Hitomi   A. Terakawa   K. Ishii   
International Journal of PIXE   29(01n02) 53-59   2019年1月
For the first time, particle-induced X-ray emission (PIXE) spectra were obtained using TlBr detectors. The TlBr detector was fabricated from a crystal grown with material purified by the zone purification. Its active volume was 1.5 mm × 1.5 mm × 3...
 
Tetsuo Matsuyama   Keizo Ishii   Manato Kikuchi   Motohiro Inoue   Atsuki Terakawa   
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A   902 211-218   2018年9月   [査読有り]
 
Keizo Ishii   Keitaro Hitomi   
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   417 37-40   2018年2月   [査読有り]
Particle-induced X-ray emission (PIXE) analysis is usually performed using proton beams with energies in the range 2∼3 MeV because at these energies, the detection limit is low. The detection limit of PIXE analysis depends on the X-ray production ...
 
Tohru OHNUMA   Keizo ISHII   
Cogent engineering (Civil & Environmental engineering/ research article)   5 1-11   2018年   [査読有り]

MISC

 
 
実重雄磨   石井慶造   松山成男   寺川貴樹   藤原充啓   新井宏受   
日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2016    2016年
 
S. Hasegawa   S-Y Kim   T. Ebina   H. Tokuda   T. Ito   N. Nagano   K. Hitomi   K. Ishii   
JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY   53(9) 1454-1454   2016年   
 
Matsuyama S.   Ishii K.   Toyama S.   Watanabe K.   Koshio S.   Kasahara K.   Ito S.   Terakawa A.   Fujiwara M.   Ortega R.   Carmona A.   Roudeau S.   
CYRIC annual report   2014 30-35   2015年
 
Terakawa A.   Ishii K.   Matsuyama S.   Sato T.   Inano K.   Sakemi Y.   Fujiwara T.   
CYRIC annual report   2014 27-29   2015年
 
Matsuyama S.   Ishii K.   Suzuki S.   Terakawa A.   Fujiwara M.   Koshio S.   Toyama S.   Ito S.   Fujisawa M.   Nagaya T.   
CYRIC annual report   2014 37-41   2015年

書籍等出版物

 
 
株式会社テクノシステム   2013年      
 
 
 
養賢堂   2013年      
 
株式会社テクノシステム   2013年      

講演・口頭発表等

 
 
Recovery from the radioactive pollution due to Fukushima First Nuclear Power Plant Accident, Plenary Talk(English)
13th International Conference on Particle Induced X-ray Emission   2013年   
 
PIXEを用いたミクロンCT
第105回日本医学物理学会学術大会   2013年   
 
Development of Bio-PIXE and its application to Fukushima Nuclear Disaster,Plenary Talk(English)
21th International Conference on Ion Beam Analysis   2013年   
 
Recovery from the radioactive pollution due to Fukushima First Nuclear Power Plant Accident, Plenary Talk(English)
13th International Conference on Particle Induced X-ray Emission   2013年   
 
PIXEを用いたミクロンCT
第105回日本医学物理学会学術大会   2013年   

所属学協会

 
 
   
 
日本原子力学会・東北支部会
 
   
 
日本原子力学会・企画委員会
 
   
 
日本原子力学会・教育委員会
 
   
 
International Journal of PIXE
 
   
 
International conference on PIXE and its applications

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
nuuclear engineering and its applicationsNuclear and Atomic Science Research
研究期間: 1985年
 
研究期間: 1984年
 
研究期間: 1984年
 
研究期間: 1971年