言語の選択:
 

農学研究科

研究者リスト >> 麻生 久
 

麻生 久

 
アバター
研究者氏名麻生 久
 
アソウ ヒサシ
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ae0425eea13433a0848f12a5ae62e719.html
所属東北大学
部署大学院農学研究科・農学部 応用生命科学専攻
職名教授
学位医学(東北大学)
J-Global ID200901006015450785

研究キーワード

 
細胞生物学 ,細胞分化 ,腸管上皮細胞 ,脂肪細胞

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
東北大学 農学部 畜産学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2017年4月
Tohoku Journal of Animal Science nad Technology  学会長
 
2015年4月
 - 
2017年4月
Japanese Society of Animal Science  代議員
 
2015年4月
 - 
2017年4月
東北畜産学会  学会長
 
2015年4月
 - 
2017年4月
日本畜産学会  代議員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
Japanese Society of Animal Science  役員選考委員
 

受賞

 
2021年10月
日本畜産学会, 日本畜産学会功労賞(西川賞),細胞株樹立による家畜の機能性発現機構に関する研究と後進の育成
 
2015年10月
日本乳房炎研究会, 髙居百合子学術賞,乳腺と腸管をつなぐ粘膜免疫ネットワークの実態解明
東北大学大学院農学研究科機能形態学 
 
2005年7月
Brain-Pituitary 2005:第32回日本神経内分泌学会/第20回日本下垂体研究会(合同大会), 優秀発表特別賞,サイトカインIL-18レセプター(IL-18R)陽性下垂体前葉細胞株の樹立とその性状
 
2003年6月
三島海雲記念財団, 三島海雲記念財団学術奨励賞,ウシ脂肪細胞分化関連遺伝子の特定と霜降り遺伝子の解明
 

論文

 
 
Jahidul Islam   Masae Tanimizu   Yu Shimizu   Yoshiaki Goto   Natsuki Ohtani   Kentaro Sugiyama   Eriko Tatezaki   Masumi Sato   Eiji Makino   Toru Shimada   Chise Ueda   Ayumi Matsuo   Yoshihisa Suyama   Yoshifumi Sakai   Mutsumi Furukawa   Katsuki Usami   Hiroshi Yoneyama   Hisashi Aso   Hidekazu Tanaka   Tomonori Nochi   
Microbiome   10(1)    2022年12月
<title>Abstract</title><sec>
<title>Background</title>
Establishing fecal microbiota transplantation (FMT) to prevent multifactorial diarrhea in calves is challenging because of the differences in farm management practices, the lack of optimal d...
 
Shinya Yamauchi   Mutsumi Furukawa   Akio Kawahara   Tomohiro Sugahara   Shuhei Yamamoto   Masao Kitabayashi   Atsushi Sogabe   So Shimoda   Eiji Hata   Kouichi Watanabe   Hiroshi Yoneyama   Hisashi Aso   Tomonori Nochi   
World Journal of Microbiology and Biotechnology   38(3)    2022年3月
<title>Abstract</title>Mannosylerythritol lipid-B (MEL-B), which comprises ester-bonded hydrophilic ME and hydrophobic fatty acids, is a bio-surfactant with various unique properties, including antimicrobial activity against most gram-positive bac...
 
Y Suda   K Kagawa   K Fukuyama   M Elean   B Zhou   M Tomokiyo   M Aminul Islam   M S R Rajoka   A K M Humayun Kober   T Shimazu   S Egusa   Y Terashima   H Aso   W Ikeda-Ohtsubo   J Villena   H Kitazawa   
Beneficial microbes   1-12   2022年1月
Lactobacillus delbrueckii subsp. delbrueckii TUA4408L has the ability to grow and ferment soymilk and is able to modulate the innate immune response of intestinal epithelial cells in vitro. These two properties prompt us to evaluate whether the so...
 
Megumi Urakawa   Tao Zhuang   Hidetoshi Sato   Satoru Takanashi   Kozue Yoshimura   Yuma Endo   Teppei Katsura   Tsuyoshi Umino   Koutaro Tanaka   Hitoshi Watanabe   Hiroko Kobayashi   Naokazu Takada   Tomoyuki Kozutsumi   Hiroaki Kumagai   Takafumi Asano   Kohko Sazawa   Nobuhisa Ashida   Guoqi Zhao   Michael T. Rose   Haruki Kitazawa   Hitoshi Shirakawa   Kouichi Watanabe   Tomonori Nochi   Takehiko Nakamura   Hisashi Aso   
Animal Science Journal   93(1)    2022年1月
 
Yoshinobu Uemoto   Kasumi Ichinoseki   Toshimi Matsumoto   Nozomi Oka   Hironori Takamori   Hiroshi Kadowaki   Chihiro Kojima-Shibata   Eisaku Suzuki   Toshihiro Okamura   Hisashi Aso   Haruki Kitazawa   Masahiro Satoh   Hirohide Uenishi   Keiichi Suzuki   
Scientific Reports   11(1)    2021年12月
<title>Abstract</title>Identification of a quantitative trait locus (QTL) related to a chronic respiratory disease such as Mycoplasmal pneumonia of swine (MPS) and immune-related traits is important for the genetic improvement of disease resistanc...

MISC

 
 
長澤裕哉   菊佳男   菅原和恵   遠藤亜矢   甲斐千暁   林智人   高橋俊彦   北野菜奈   麻生久   野地智法   秋吉一成   澤田晋一   
農研機構動物衛生研究部門成果情報(Web)   2019    2019年
 
岡希   高森広典   鈴木啓一   北澤春樹   上本吉伸   須田義人   島津朋之   麻生久   
日本養豚学会大会講演要旨   110th    2019年
 
Islam Jahidul   白川 仁   駒井 三千夫   宇佐美 克紀   野地 智法   麻生 久   
無菌生物   48(2) 84-85   2018年12月   
査読あり
 
小野寺駿   山崎祥他   尾間由佳子   麻生久   原田昌彦   堀雅敏   
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   62nd 92   2018年3月   
 
塚本宏樹   武内偲乃   久保田佳苗   小坂井沙緒   紫竹歩   鵜飼一歩   小林洋平   大久保美咲   沼崎宗夫   金光祥臣   松本洋太郎   野地智法   渡邊康一   麻生久   富岡佳久   
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2LBA‐013 (WEB ONLY)-013]   2017年12月   

書籍等出版物

 
 
Hitoshi Watanabe, Michael Rose, Hitoshi Shirakawa, Hisashi Aso(担当:共著, 範囲:Energy homeostasis by peripheral serotonin)
InTech   2017年7月   (ISBN:9789535152903)   
 
麻生 久(担当:共著, 範囲:第6章 筋組織)
学窓社   2017年6月      
 
麻生 久, 野地智法, 加藤和雄ほか(担当:共著, 範囲:第5章「筋肉の構造」、第8章「免疫機能」)
養賢堂   2015年4月10日      
麻生 久:第5章「筋肉の構造」p116-128、第8章「免疫機能」p166-179、新編家畜生理学(編:加藤和雄ほか)(養賢堂)平成27年(2015年)4月10日
 
麻生 久(担当:共著, 範囲:第6章 筋組織)
学窓社   2014年6月      
 
麻生 久(担当:共著, 範囲:乳房炎の防除:乳質向上と免疫力アップ)
デーリー・ジャパン社   2012年2月5日      
「乳房炎の防除:乳質向上と免疫力アップ」(編:麻生 久ほか)(デーリー・ジャパン社)、平成24年(2012年)2月5日

講演・口頭発表等

 
 
麻生 久   
第443回日本科学飼料協会月例会   2016年7月16日   
日本科学飼料協会第443回月例会「牛乳房炎におけるプロバイオティクス飼料と畜産業における細胞生物学」2016年7月16日東京 東北大学 麻生 久 先生
 
Paulraj Kanmani   小林永和   Humayun Kober   麻生久   大坪和香子   江草信太郎   齋藤忠夫   北澤春樹   
第121回日本畜産学会大会   2016年3月28日   
Paulraj Kanmani、小林永和、Humayun Kober、麻生久、大坪和香子、江草信太郎、齋藤忠夫、北澤春樹(2016)Immunoregulatory activity of immunogenics on PIE cells against PolyI:C stimulation、第121回日本畜産学会大会(東京、日本獣医生命大学、2016年3月28日、29日)
 
Kober A.K.M. Humayun   多田明日翔   鈴木政彦   Paulraj Kanmani   麻生久   宮澤賢治   依田一豊   何方   大坪和香子   齋藤忠夫   北澤春樹   
第121回日本畜産学会大会   2016年3月28日   
Kober A.K.M. Humayun、多田明日翔、鈴木政彦、Paulraj Kanmani、麻生久、宮澤賢治、依田一豊、何方、大坪和香子、齋藤忠夫、北澤春樹(2016)Long term differentiation model of PIP cells for evaluating anti-adipogenic activities of immunobiotics.第121回日本畜産学会大会(東京、日本獣医生命大学、2016年3月28日、29日)
 
盛田彰太郎   鈴木俊一   渡邊康一   麻生久   大西彰   野地智法   
第121回日本畜産学会大会   2016年3月28日   
盛田彰太郎、鈴木俊一、渡邊康一、麻生久、大西彰、野地智法(2016)免疫不全ブタを用いたパイエル板の機能及び形態形成に関する免疫学的研究、第121回日本畜産学会大会(東京、日本獣医生命大学、2016年3月28日、29日)
 
日高湧介   寺田俊介   佐藤勝祥   海野剛   田口輝明   陳香凝   浦川めぐみ   渡邊康一   野地智法   麻生久   
第121回日本畜産学会大会   2016年3月28日   
日高湧介、寺田俊介、佐藤勝祥、海野剛、田口輝明、陳香凝、浦川めぐみ、渡邊康一、野地智法、麻生久(2016)経口投与したセロトニンの抗肥満作用と骨格筋エネルギー代謝に与える影響の解析、第121回日本畜産学会大会(東京、日本獣医生命大学、2016年3月28日、29日)

所属学協会

 
 
   
 
日本産肉研究会
 
   
 
日本乳房炎研究会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本生化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2013年8月 - 2016年3月
 
 
 
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月

産業財産権

 
 
麻生 久   
日本(特願2012−156163)「乳腺疾患の検出方法」平成24年7月12日
日本(特許番号:特許第6176741号)、特許の名称「乳腺疾患の検査方法」、2017年(平成29年)7月21日
 
 
田原浩司   山嵜肇史   麻生 久   高野昇一   長石広志   齋藤 剛   
日本(特許第4206074号 P4206074)「脂肪細胞分化調整物質の選別方法」2009年1月7日
 
Hisashi Aso   Norikazu Miyashita   Takato Takenouchi   Kyouhei Ozutsumi   Yasuo Shioya   Tadayoshi Mitsuhashi   Norio Saito   Shuji Kobayashi   Kanako Kaneyama   Toshiyuki Kojima   Shigeru Katamine   
 
Hisashi Aso   Norikazu Miyashita   Takato Takenouchi   Kyouhei Ozutsumi   Yasuo Shioya   Tadayoshi Mitsuhashi   Norio Saito   Shuji Kobayashi   Kanako Kaneyama   Toshiyuki Kojima   Shigeru Katamine   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2016年9月24日
講演
 
【その他】
 2016年7月12日
講演
 
【その他】
 2016年6月15日
秋田県立秋田高校にて、東北大学大学院農学研究科の紹介と最新の研究内容の講義を行った。
 
【その他】
 2015年8月21日
仙台市立仙台第二中学校2年生の男子3名を受入、大学の研究室の活動を体験学習していただく。
 
【その他】
 2015年6月10日
秋田県立秋田高校にて、東北大学大学院農学研究科の紹介と最新の研究内容の講義を行った。

その他

 
 
乳牛の健康性を評価する乳汁を用いた検出系を構築し、乳牛における抗病性育種法の開発への応用を図る。
 
 
枯草菌飼料添加剤「カルスポリン」の乳房炎発症予防効果を解析する。
 
 
乳牛の健康性を評価する乳汁を用いた検出系を構築し、乳牛における抗病性育種法の開発への応用を図る。
 
 
枯草菌飼料添加剤「カルスポリン」の乳房炎発症予防効果を解析する。
 
 
乳房炎発症に対する枯草菌のプロバイトティック効果の検証を行う。