言語の選択:
 

東北メディカル・メガバンク機構

研究者リスト >> 宇留野 晃
 

宇留野 晃

 
アバター
研究者氏名宇留野 晃
 
ウルノ アキラ
URLhttp://www.dmbc.med.tohoku.ac.jp/official/index.html
所属東北大学
部署東北メディカル・メガバンク機構
職名准教授
学位博士(医学)(東北大学)
J-Global ID201801011001579401

研究キーワード

 
アルツハイマー病 ,Nrf2 ,酸化ストレス ,糖尿病 ,代謝

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 基盤脳科学 / 
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 

経歴

 
2017年
 - 
現在
東北大学大学院東北メディカルメガバンク機構  准教授 
 
2012年
 - 
2017年
東北大学大学院医学系研究科  講師 
 
2010年
 - 
2012年
東北大学大学院医学系研究科  助教 
 
2009年
 - 
2010年
東北大学大学院医学系研究科  日本学術振興会特別研究員(PD) 
 
2004年
 - 
2007年
東北大学病院  医員 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2004年3月
東北大学大学院医学系研究科  
 
1992年4月
 - 
1998年3月
東北大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2018年
平成29年度宮城県医師会医学奨励賞
 
2018年
平成29年度坂田賞
 
2018年
東北大学医学部奨学賞金賞
 
2017年
日本生化学会東北支部奨励賞
 
2011年
匂坂記念賞
 

論文

 
 
Harit Panda   Mikiko Suzuki   Mitsuru Naito   Ritsumi Saito   Huaichun Wen   Liam Baird   Akira Uruno   Kanjiro Miyata   Masayuki Yamamoto   
Free radical biology & medicine   187 92-104   2022年7月
The Keap1-Nrf2 system is the master regulator of the cellular response against oxidative and xenobiotic stresses. Constitutive activation of Nrf2 is frequently observed in various types of cancers. Nrf2 hyperactivation induces metabolic reprogramm...
 
Mana Kogure   Tomohiro Nakamura   Naho Tsuchiya   Takumi Hirata   Kotaro Nochioka   Akira Narita   Rieko Hatanaka   Fumi Itabashi   Ikumi Kanno   Taku Obara   Michihiro Satoh   Hirohito Metoki   Ken Miyagawa   Hiroshi Koshimizu   Sho Nagayoshi   Akira Uruno   Masahiro Kikuya   Kichiya Suzuki   Naoki Nakaya   Junichi Sugawara   Shinichi Kuriyama   Ichiro Tsuji   Shigeo Kure   Atsushi Hozawa   
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   45(5) 866-875   2022年5月
The sodium-to-potassium (Na/K) ratio is known to be associated with blood pressure (BP). However, no reference value has been established since the urinary Na/K (uNa/K) ratio is known to have diurnal and day-to-day variations. Therefore, we invest...
 
Kinuko Ohneda   Masahiro Hiratsuka   Hiroshi Kawame   Fuji Nagami   Yoichi Suzuki   Kichiya Suzuki   Akira Uruno   Mika Sakurai-Yageta   Yohei Hamanaka   Makiko Taira   Soichi Ogishima   Shinichi Kuriyama   Atsushi Hozawa   Hiroaki Tomita   Naoko Minegishi   Junichi Sugawara   Inaho Danjoh   Tomohiro Nakamura   Tomoko Kobayashi   Yumi Yamaguchi-Kabata   Shu Tadaka   Taku Obara   Eiji Hishimuma   Nariyasu Mano   Masaki Matsuura   Yuji Sato   Masateru Nakasone   Yohei Honkura   Jun Suzuki   Yukio Katori   Yoichi Kakuta   Atsushi Masamune   Yoko Aoki   Masaharu Nakayama   Shigeo Kure   Kengo Kinoshita   Nobuo Fuse   Masayuki Yamamoto   
JMA journal   5(2) 177-189   2022年4月
Introduction: Pharmacogenomic (PGx) testing results provide valuable information on drug selection and appropriate dosing, maximization of efficacy, and minimization of adverse effects. Although the number of large-scale, next-generation-sequencin...
 
Soichi Ogishima   Satoshi Nagaie   Satoshi Mizuno   Ryosuke Ishiwata   Keita Iida   Kazuro Shimokawa   Takako Takai-Igarashi   Naoki Nakamura   Sachiko Nagase   Tomohiro Nakamura   Naho Tsuchiya   Naoki Nakaya   Keiko Murakami   Fumihiko Ueno   Tomomi Onuma   Mami Ishikuro   Taku Obara   Shunji Mugikura   Hiroaki Tomita   Akira Uruno   Tomoko Kobayashi   Akito Tsuboi   Shu Tadaka   Fumiki Katsuoka   Akira Narita   Mika Sakurai   Satoshi Makino   Gen Tamiya   Yuichi Aoki   Ritsuko Shimizu   Ikuko N Motoike   Seizo Koshiba   Naoko Minegishi   Kazuki Kumada   Takahiro Nobukuni   Kichiya Suzuki   Inaho Danjoh   Fuji Nagami   Kozo Tanno   Hideki Ohmomo   Koichi Asahi   Atsushi Shimizu   Atsushi Hozawa   Shinichi Kuriyama   Nobuo Fuse   Teiji Tominaga   Shigeo Kure   Nobuo Yaegashi   Kengo Kinoshita   Makoto Sasaki   Hiroshi Tanaka   Masayuki Yamamoto   
Human genome variation   8(1) 44-44   2021年12月
To reveal gene-environment interactions underlying common diseases and estimate the risk for common diseases, the Tohoku Medical Megabank (TMM) project has conducted prospective cohort studies and genomic and multiomics analyses. To establish an i...
 
Akira Uruno   Daisuke Saigusa   Takafumi Suzuki   Akane Yumoto   Tomohiro Nakamura   Naomi Matsukawa   Takahiro Yamazaki   Ristumi Saito   Keiko Taguchi   Mikiko Suzuki   Norio Suzuki   Akihito Otsuki   Fumiki Katsuoka   Eiji Hishinuma   Risa Okada   Seizo Koshiba   Yoshihisa Tomioka   Ritsuko Shimizu   Masaki Shirakawa   Thomas W Kensler   Dai Shiba   Masayuki Yamamoto   
Communications biology   4(1) 1381-1381   2021年12月
Space travel induces stresses that contribute to health problems, as well as inducing the expression of Nrf2 (NF-E2-related factor-2) target genes that mediate adaptive responses to oxidative and other stress responses. The volume of epididymal wh...

MISC

 
 
三枝 大輔   齋藤 律水   川本 孔明   宇留野 晃   可野 邦行   青木 淳賢   山本 雅之   川本 忠文   
JSBMS Letters   44(Suppl.) 122-122   2019年8月   
 
平田 匠   中村 智洋   小暮 真奈   宮川 健   小原 拓   中谷 直樹   宇留野 晃   菅原 準一   栗山 進一   寳澤 篤   
日本循環器病予防学会誌   54(2) 121-121   2019年4月   
 
三枝大輔   三枝大輔   三枝大輔   齋藤律水   齋藤律水   宇留野晃   宇留野晃   
バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集   32nd    2019年
 
松丸大輔   領家梨恵   齋藤律水   三枝大輔   齊藤貴志   西道隆臣   川島隆太   山本雅之   山本雅之   宇留野晃   宇留野晃   本橋ほづみ   
日本生化学会大会(Web)   91st ROMBUNNO.3P‐285 (WEB ONLY)-285]   2018年   
 
阿部考貢   新妻邦泰   鹿毛淳史   藤村幹   三枝大輔   宇留野晃   山本雅之   冨永悌二   
日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集   18th    2017年

書籍等出版物

 
 
Yagishita Y, Uruno A, Yamamoto M(範囲:The NRF2-mediated gene regulation and glucose homeostasis.)
Elsevier Science B.V.   2015年      
 
菅原明, 村上治, 佐藤文俊, 宇留野晃, 森本玲, 工藤正孝, 伊藤貞嘉(範囲:クッシング病 放射線治療)
診断と治療社   2009年      
 
Taniyama Y, Takeuchi K, Sugawara A, Ikeda Y, Sato K, Kondo Y, Kudo M, Uruno A, Ito S(範囲:Effect of steroid hormones on gene transcription of thiazide-sensitive Na-Cl cotransporter.)
Elsevier Science B.V.   2000年      

講演・口頭発表等

 
 
宇留野晃   
第4回 医薬品開発研究センターシンポジウム 「脳と創薬」   2021年8月6日   [招待有り]
 
宇留野 晃   
The Environmental Response V   2019年9月13日   [招待有り]
 
宇留野 晃   
第61回日本糖尿病学会年次学術集会   2018年   日本糖尿病学会   [招待有り]
 
宇留野 晃   
第396回東北医学会例会   東北医学会   [招待有り]
 
宇留野 晃   
第89回日本生化学会大会   日本生化学会   [招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
アルツハイマー病におけるグルタチオン代謝異常の機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
宇留野 晃 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
脳内広範囲薬剤送達技術を用いたChemicalSurgery確立に向けた基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
齋藤 竜太 冨永 悌二 宇留野 晃 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
Nrf2を標的とした糖尿病に合併する認知症発症予防法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
宇留野 晃 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
酸化ストレス増加が引き起こすインスリン抵抗性の病態解明とNrf2の役割(国際共同研究強化)
日本学術振興会: 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
宇留野 晃 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
Nrf2を標的にした糖尿病に合併する認知症発症予防法の開発
日本学術振興会: 基盤研究(C)
宇留野 晃 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

所属学協会

 
 
   
 
日本人類遺伝学会
 
   
 
日本内科学会
 
   
 
日本内分泌学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本生化学会