言語の選択:
 

教育学研究科

研究者リスト >> 小嶋 秀樹
 

小嶋 秀樹

 
アバター
研究者氏名小嶋 秀樹
 
コジマ ヒデキ
URLhttps://www.ei.tohoku.ac.jp/xkozima/
所属東北大学
部署大学院教育学研究科
職名教授
J-Global ID201701004026417640

研究キーワード

 
ロボティクス ,人工知能 ,発達心理学 ,認知科学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 
  • 人文・社会 / 認知科学 / 
  • 情報通信 / 知能ロボティクス / 
  • 情報通信 / 知覚情報処理 / 

受賞

 
2018年4月
電気通信大学同窓会, 同窓会賞
小嶋 秀樹 
 
2009年5月
IEEE International Conference on Robotics and Automation, "Kobe City Mayor's Award" for outstanding performance in the 2009 ICRA Human-Robot Interaction Challenge,BeatBots
Marek Michalowski, Kozima Hideki 
 
2008年5月
IEEE International Conference on Robotics and Automation, The ICRA 2008 Robot Challenge, Winner of the 1st Grand Challenge in Human-Robot Interaction,Keepon
Kozima Hideki, Marek Michalowski 
 
2008年4月
情報通信研究機構, 個人優秀賞,ヒューマン・ロボット・インタラクションの研究と障害児療育等への応用
小嶋 秀樹 
 
2007年12月
ヒューマン・エージェント・インタラクション・シンポジウム, HAI-2006 Outstanding Research 最優秀賞,療育・保育の現場でのヒューマン=ロボット=インタラクション
小嶋 秀樹 仲川こころ 
 

論文

 
 
Hideki Kozima   
Japanese Psychological Research   55(2) 168-174   2013年4月   [査読有り]
Individuals with autism generally show better performance on operating physical objects than in communicating with people. However, we lack a plausible model of autism that explains why their physical and social capabilities develop in separate an...
 
Hideki Kozima   Marek P. Michalowski   Cocoro Nakagawa   
INTERNATIONAL JOURNAL OF SOCIAL ROBOTICS   1(1) 3-18   2009年1月   [査読有り]
Keepon is a small creature-like robot designed for simple, natural, nonverbal interaction with children. The minimal design of Keepon's appearance and behavior is meant to intuitively and comfortably convey the robot's expressions of attention and...
 
小嶋 秀樹   仲川 こころ   安田 有里子   
情報処理   49(1) 36-42   2008年1月   [査読有り]

MISC

 
 
日下 航   神田 尚   尾形 哲也   小嶋 秀樹   奥乃 博   
全国大会講演論文集   71(0) 325-326   2009年3月   
 
尾形哲也   小嶋秀樹   駒谷和範   奥乃博   
電子情報通信学会技術研究報告   106(300(PRMU2006 92-103)) 45-50   2006年10月   
本論文は,神経回路モデルを利用したマルチモーダル変換手法を提案し,これを用いた映像からの音響信号生成と音響信号からのロボットジェスチャ生成の結果について報告する.マルチモーダル変換実現に際し,実環境の視聴覚信号全て構造的に保有するデータベースを作ることは不可能であるため,情報の汎化能力が不可欠となる.そこで我々は高い汎化能力を有するRNNPBと呼ばれる神経回路モデルを採用した.本手法を小型ロボットKeeponに導入し,実験を行った.箱状物体を用いて摩擦音・衝突音を生じる,4種類のイベントを...
 
尾形哲也   服部佑哉   小嶋秀樹   駒谷和範   奥乃博   
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   24th 2L22   2006年9月   
 
服部佑哉   駒谷和範   尾形哲也   小嶋秀樹   奥乃博   
情報処理学会全国大会講演論文集   68th(2) 249-250   2006年3月   
 
服部佑哉   小嶋秀樹   駒谷和範   尾形哲也   奥乃博   
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   23rd 1H14   2005年9月   

書籍等出版物

 
 
小嶋 秀樹(担当:分担執筆, 範囲:第9章「脳の認知粒度からみた自閉症とコミュニケーション」)
ミネルヴァ書房   2019年4月      
 
小嶋 秀樹, 鈴木 優(コンピュータ(担当:共著)
工学社   2015年   (ISBN:9784777519262)   
 
岡田 美智男, 松本 光太郎, 麻生 武, 小嶋 秀樹, 浜田 寿美男(担当:共著)
新曜社   2014年   (ISBN:9784788514041)   
 
小嶋 秀樹(担当:分担執筆, 範囲:てをくむ − 隣接科学(認知科学))
丸善出版   2013年6月   (ISBN:9784621085790)   
 
小嶋 秀樹, 本ロボット学会編(担当:分担執筆, 範囲:ヒトとロボットをつなぐ心理学 pp.16-19)
オーム社   2011年8月   (ISBN:9784274210723)   

講演・口頭発表等

 
 
ASDとWSにみるヒト情報処理とモノ情報処理のへだたり
小嶋 秀樹   
第117回 日本精神神経\ 学会 学術総会 シンポジウム「超社会性を呈する希少疾患に着目した社会性認知研究の\\ 現状と展望」   2021年9月19日   [招待有り]
 
ASD療育においてロボットができる役割
小嶋 秀樹   
第117回 日本精神神経学会 学術総会 \ シンポジウム「ロボット技術が精神科診療において果たす役割」   2021年9月19日   [招待有り]
 
ロボティクス研究からみた感情の成り立ち
小嶋 秀樹   
日本教育心理学会 第63回(2021年) 総会 学会企画シンポジウム「デジタル社会における感情の発達と教育」   2021年8月21日   [招待有り]
 
Epigenesis of social intelligence: Twenty-year research since EpiRob 2001
Hideki Kozima   
International Conference on ICDL and Epigenetic Robotics 2020 (ICDL-EpiRob 2020; Valparaiso, Chile = Online)   2020年10月28日   [招待有り]
 
Simpleなモノらしさ,Noisyなヒトらしさ(指定発言)
小嶋 秀樹   
第116回 日本精神神経学会 学術総会 シンポジウム「自閉症スペクトラム\ 症者へのヒューマノイドロボット研究の今後の展望」   2020年9月29日   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
日本発達心理学会
 
   
 
情報処理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年8月 - 現在