言語の選択:
 

東北アジア研究センター

研究者リスト >> 李 善姫
 

李 善姫

 
アバター
研究者氏名李 善姫
 
イ ソンヒ
URLhttp://www.cneas.tohoku.ac.jp/unit/disaster/
所属東北大学
部署東北アジア研究センター
職名助教
学位国際文化学博士(東北大学)
J-Global ID201701016084549589

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 

経歴

 
2020年2月
 - 
現在
東北大学 東北アジア研究センター 助教 
 

論文

 
 
Shinya Uekusa   Sunhee Lee   
Journal of Ethnic and Migration Studies   46(13) 2782-2799   2020年7月   [査読有り]
 
李善姫   
生活経済政策   266 24-29   2019年3月   [招待有り]
 
李善姫   
東北文化研究室紀要   59別冊 73-87   2018年3月   [招待有り]
 
Sunhee Lee(Translator:Hélène LE BAIL)   
Cahiers du Genre64(Migrations par le mariage et intimités transnationales)   64 45-66   2018年1月   [査読有り]
 
佐竹 眞明   李 原翔   李 善姫   金 愛慶   近藤 敦   賽漢卓娜   津田 友理香   
名古屋学院大学論集. 社会科学篇 = Journal of Nagoya Gakuin University   53(3) 105-137   2017年
本稿は日本における多文化家族=国際結婚家庭に対する支援に関する共同調査に基づく。2014年の東京・神奈川,2015年の東北・宮城,東海・愛知における共同調査については2本の論文により,成果を公表した。多文化家族への支援政策が整備されている韓国でも2015年共同調査を実施し,成果を論文として公刊した。よって,本稿は共同研究による4本目の論文となる。本稿は2015年11月に愛知,16年2月に大阪,神奈川で実施した共同調査に基づく。構成として,まず日本における多文化家族について概要・支援・問題点...

書籍等出版物

 
 
佐竹, 眞明, 金, 愛慶(担当:分担執筆, 範囲:第4章「『ライフスタイル移民』としての日韓国際結婚と移住女性たちのモビリティ―共生する社会をどう実現するのか」/第8章「東北の日韓国際結婚家庭と多文化の子どもたち」)
明石書店   2017年12月   (ISBN:9784750345987)   
 
萩原, 久美子, 皆川, 満寿美, 大沢, 真理(担当:分担執筆, 範囲:「多文化共生―自らを可視化する被災地の結婚移住女性」/コラム/座談会)
岩波書店   2013年4月   (ISBN:9784000246828)
 
李, 善姫, 中村, 文子, 菱山, 宏輔, 大西, 仁, 吉原, 直樹(担当:共編者(共編著 者), 範囲:第1章「グローバル時代の仲介型結婚移民―東北農村の結婚移民女性たちにおけるトランスナショナル・アイデンティティ」)
東信堂   2012年3月   (ISBN:9784798901091)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
加齢・高齢化する結婚移住女性たちのケア環境とモビリティに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
李 善姫 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
移住女性の「新移民コミュニティ」活動と社会的資本に関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
李 善姫 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
「表現の自由」とヘイト・スピーチ法規制をめぐる社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
鄭 暎惠 郭 基煥 李 善姫 師岡 康子 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
多文化家族の支援に向けて―国際結婚家庭と多文化共生
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
佐竹 眞明 賽漢卓娜 近藤 敦 金 愛慶 李 仁子 李 善姫 李 原翔 津田 友理香 ダアノイ メアリーアンジェリン 馬 兪貞 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
震災後の東北における地域再編と結婚移民女性の社会参画に関する文化人類学的考察
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
李 善姫 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月