言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 志田原 美保
 

志田原 美保

 
アバター
研究者氏名志田原 美保
 
シダハラ ミホ
URLhttp://web.tohoku.ac.jp/shidahara/index.html
所属東北大学
部署工学研究科 量子エネルギー工学専攻
職名講師
学位工学博士(東北大学)
J-Global ID201601008908656100

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医用システム / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学 工学研究科 講師 
 
2010年4月
 - 
2018年3月
東北大学 医学系研究科 講師 
 
2006年1月
 - 
2010年3月
放射線医学総合研究所  研究員 
 
2003年1月
 - 
2005年12月
日本学術振興会  特別研究員PD 
 
2002年4月
 - 
2002年12月
国立長寿医療研究センター研究所  流動研究員 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東北大学 工学研究科 量子エネルギー工学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東北大学 工学部 量子エネルギー工学科
 

委員歴

 
2022年3月
 - 
現在
日本核医学会  ダイバーシティー推進準備委員会 委員
 
2021年1月
 - 
現在
IEEE Sendai Women in Engineering  Secretary and Treasurer
 
2018年5月
 - 
現在
日本原子力学会東北支部  幹事
 
2016年12月
 - 
現在
日本核医学会  核医学理工分科会 世話人
 
2015年4月
 - 
現在
日本放射線技術学会  Radiological Physics and Technology Guest Associate editor
 

受賞

 
2021年12月
IEEE Senior Member 昇格
志田原美保 
 
2019年7月
Annals of Nuclear Medicine, Frequently Cited Paper 2018
志田原美保 
 
2010年11月
日本核医学会, 第2回 久田賞,Annals of Nuclear Medicine機関紙論文賞
志田原 美保 
 
2009年10月
日本核医学会, 第6回日本核医学会研究奨励賞
志田原美保 
 
2009年7月
International Society for Cerebral Blood Flow, Finalist for the Niels Lassen Award 2009
志田原美保 
 

論文

 
 
Miho Shidahara   Yoshihito Funaki   Hiroshi Watabe   
Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine   181 110071-110071   2022年3月
PURPOSE: Small animal PET provides the biodistribution of administrated radiotracer in vivo and have a potential to contribute on dosimetry study. The aim of this study is to investigate the effect of region-of-interest (ROI)-delineation in whole-...
 
Masanobu Ibaraki   Keisuke Matsubara   Yuki Shinohara   Miho Shidahara   Kaoru Sato   Hiroyuki Yamamoto   Toshifumi Kinoshita   
Ann Nucl Med   in press    2022年   [査読有り]
 
Keisuke Matsubara   Masanobu Ibaraki   Miho Shidahara   Toshibumi Kinoshita   
Radiological physics and technology   13(4) 348-357   2020年12月
Imprecise registration between positron emission tomography (PET) and anatomical magnetic resonance (MR) images is a critical source of error in MR imaging-guided partial volume correction (MR-PVC). Here, we propose a novel framework for image reg...
 
Senri Oyama   Ayumu Hosoi   Masanobu Ibaraki   Colm J McGinnity   Keisuke Matsubara   Shoichi Watanuki   Hiroshi Watabe   Manabu Tashiro   Miho Shidahara   
EJNMMI physics   7(1) 57-57   2020年9月
BACKGROUND: Novel partial volume correction (PVC) algorithms have been validated by assuming ideal conditions of image processing; however, in real clinical PET studies, the input datasets include error sources which cause error propagation to the...
 
Ryuichi Harada   Yoshimi Hayakawa   Michinori Ezura   Pradith Lerdsirisuk   Yiqing Du   Yoichi Ishikawa   Ren Iwata   Miho Shidahara   Aiko Ishiki   Akio Kikuchi   Hiroyuki Arai   Yukitsuka Kudo   Kazuhiko Yanai   Shozo Furumoto   Nobuyuki Okamura   
Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine      2020年7月   [査読有り]
Reactive astrocytes play a key role in the pathogenesis of various neurodegenerative diseases. Monoamine oxidase-B (MAO-B) is one of the promising targets for the imaging of astrogliosis in the human brain. A novel selective and reversible MAO-B t...

MISC

 
 
佐々木里奈   筒井亮佑   小田桐逸人   KIM KyeongMin   渡部浩司   志田原美保   
核医学技術   40    2020年
 
志田原 美保   猪又 嵩斗   小山 千莉   船木 善仁   田代 学   古本 祥三   谷内 一彦   権田 幸祐   渡部 浩司   
核医学   54(Suppl.) S199-S199   2017年9月   
 
志田原 美保   Nai Ying Hway   四月朔日 聖一   石川 洋一   田代 学   古本 祥三   谷内 一彦   権田 幸祐   渡部 浩司   
核医学   53(Suppl.) S312-S312   2016年10月   
 
Y. Arakawa   M. Shidahara   Y. Nai   S. Furumoto   C. Seki   N. Okamura   M. Tashiro   M. Tashiro   Y. Kudo   K. Yanai   K. Gonda   H. Watabe   
EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   42 S70-S70   2015年10月   
 
荒川 悠真   志田原 美保   Nai Ying Hwey   古本 祥三   関 千江   岡村 信行   田代 学   工藤 幸司   谷内 一彦   権田 幸祐   渡部 浩司   
核医学   52(3) 260-260   2015年9月   

書籍等出版物

 
 
Choi In-Young, Gruetter Rolf, eds, Habib Zaidi, Miho Shidahara(担当:共著, 範囲:Neuroreceptor imaging, 305-329)
Springer   2012年1月25日      
 
志田原 美保(担当:分担執筆, 範囲:3.8 サイクロトロン)
オーム社      
 
Shidahara M, Watabe H, Kanno I(担当:分担執筆, 範囲:Kinetics Models for PET/SPECT Imaging)
Springer      

講演・口頭発表等

 
 
志田原 美保   
第6回画像診断セミナー   2012年2月7日   
 
志田原 美保   
第1回核医学画像解析研究会   2011年11月14日   
 
志田原 美保   犬伏 正幸   田村 元   渡部 浩司   村井 知佳   小泉 満   佐賀 恒夫   
第51回日本核医学会学術総会   2011年10月28日   
 
Shidahara M   Tsoumpas C   McGinnity CJ   Kato T   Tamura H   Hammers A   Watabe H   Turkheimer FE   
IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference   2011年10月23日   
 
田村 元   大田 英輝   永坂 竜男   伊藤 謙吾   志田原 美保   諏訪 亨   小森 芳秋   小原 真   
第39回日本磁気共鳴医学会大会   2011年9月29日   

所属学協会

 
 
   
 
日本核医学会(1997/10-)
 
   
 
日本脳神経核医学研究会(2012/10-)
 
   
 
ISCBFM(2009/03-)
 
   
 
IEEE(2005/10-)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年10月 - 2023年9月
 
複数個体を対象とする動物PET体動補正で実現する無麻酔・非拘束な生体機能評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
志田原 美保 
研究期間: 2021年7月 - 2023年3月
 
X線透視画像上での物体特定により飛躍的な被ばく量低減を実現する新型IVRシステム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
菊池 洋平 小谷 光司 千田 浩一 志田原 美保 渡部 浩司 狩川 大輔 松原 佳亮 松山 成男 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
PET-NIRS融合イメージングによるアルツハイマー病診断の高度化と脳機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
渡部 浩司 田代 学 志田原 美保 茨木 正信 松原 佳亮 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
アルツハイマー病診断のための脳PET画像の部分容積効果補正法の開発・評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
志田原 美保 茨木 正信 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

産業財産権

 
 
伊藤健吾   加藤隆司   河津省司   志田原美保   

その他

 
 
Partial volume correction using Structural-Functional Synergistic Resolution Recovery: comparison with the geometric transfer matrix method
 
 
Quantification of opioid receptor availability following spontaneous epileptic seizures: correction of [11C]diprenorphine PET data for the partial-volume effec
 
 
核医学検査による腫瘍・血流イメージングに適応可能な汎用型自動診断法の開発