言語の選択:
 

研究者業績

研究者リスト >> 安西 眸
 

安西 眸

 
アバター
研究者氏名安西 眸
 
アンザイ ヒトミ
URLhttps://www.ifs.tohoku.ac.jp/jpn/research/dv_crfrd/bfdl/
所属東北大学
部署流体科学研究所 流動創成研究部門 生体流動ダイナミクス研究分野
職名助教
学位博士(工学)(東北大学)
J-Global ID201401086503898497

研究キーワード

 
構造最適化 ,脳動脈瘤 ,数値流体力学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 

委員歴

 
2021年4月
 - 
現在
日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 若手による次世代戦略委員会  若手による次世代戦略委員会 委員
 

受賞

 
2016年11月
13th International IntraCranial Stent Meeting, Poster Award,Correlating MR Wall Enhancement and Wall Shear Stress: Does CFD work to predict aneurysm instability?
Hitomi Anzai Norman Juchler Makoto Ohta Sven Hirsch Daniel A. Rüfenacht Isabel Wanke 
 
2016年11月
13th International IntraCranial Stent Meeting, Poster Award,Exploring the relationship between the inflow zone and strut positions within the aneurysm orifice: a hemodynamic simulation study
Kazuhiro Watanabe Hitomi Anzai Makoto Ohta 
 
2010年11月
Seventh international Conference on Flow Dynamics, Outstanding Award for Poster
Hitomi Anzai Toshio Nakayama Keiko Irie Makoto Ohta 
 

論文

 
 
Hitomi Anzai   Yugo Shindo   Yutaro Kohata   Masahiro Hasegawa   Hidemasa Takana   Tetsuro Matsunaga   Takaaki Akaike   Makoto Ohta   
Scientific reports   12(1) 14849   2022年9月
Computational fluid dynamics is widely used to simulate droplet-spreading behavior due to respiratory events. However, droplet generation inside the body, such as the number, mass, and particle size distribution, has not been quantitatively analyz...
 
Sirui Wang   Dandan Wu   Gaoyang Li   Xiaorui Song   Aike Qiao   Ruichen Li   Youjun Liu   Hitomi Anzai   Hao Liu   
Computer methods and programs in biomedicine   216 106664-106664   2022年4月   [査読有り]
OBJECTIVE: Pulse wave has been considered as a message carrier in the cardiovascular system (CVS), capable of inferring CVS conditions while diagnosing cardiovascular diseases (CVDs). Clarification and prediction of cardiovascular function by mean...
 
Yutaro Kohata   Hitomi Anzai   Makoto Ohta   
UTM-IFS 3rd International Biofluid Symposium 2021      2021年11月   
 
Fangjia Pan   Naoko Mori   Shunji Mugikura   Hitomi Anzai   Makoto Ohta   
UTM-IFS 3rd International Biofluid Symposium 2021      2021年11月   
 
Zi Wang   Narendra Kurnia Putra   Hitomi Anzai   Naofumi Ohtsu   Yukiko Kojima   Hanif Saifurrahman   Makoto Ohta   
UTM-IFS 3rd International Biofluid Symposium 2021      2021年11月   

MISC

 
 
北村洸   麦倉俊司   太田信   安西眸   
日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集(CD-ROM)   30th 1C15   2019年   
 
Yagi Takanobu   Okamoto Yoshihiro   Ohta Makoto   Nakamura Masanori   on behalf of the CFD-BIO study group   Ishida Fujimaro   Shojima Masaaki   Anzai Hitomi   Fujimura Souichiro   Sano Takanori   Shinozaki Shun   Yamanaka Yuuma   Yamamoto Yuuto   
Journal of Biorheology   33(2) 53-64   2019年   
<p>Researchers have aimed to identify unruptured intracranial aneurysms at a higher risk of rupture during follow-up for a long time. Computational fluid dynamics has been used widely to identify a hemodynamic discriminator between ruptured and un...
 
Haoran Wang   Hitomi Anzai   Makoto Ohta   Youjun Liu   
15th ICFD (Internatinal Conference of Fluid Dynamics)      2018年11月   
 
Makoto OHTA   Masanori KUZE   Simon TUPIN   Kaihong YU   Yasutomo SHIMIZU   Hitomi ANZAI   
Conference on Modelling Fluid Flow (CMFF’18)      2018年7月   [査読有り]
 
Yujie Li   Mingzi Zhang   Ko Kitamura   Hitomi anzai   Shuji Mugikura   Makoto Ohta   
8th World Congress of Biomechanics      2018年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
山本 誠, 根本 繁, 髙尾 洋之(担当:共著, 範囲:第4章2-C)
メディカ出版   2017年3月24日   (ISBN:4840461473)   

講演・口頭発表等

 
 
安西眸   
日本機械学会バイオエンジニアリング部門 制御と情報-生体への応用-研究会   2022年1月18日   [招待有り]
 
安西眸   
第4回 SDGs-ID 若手の会   2021年8月27日   [招待有り]
 
進藤有悟   森奈緒子   麦倉俊司   赤池孝章   松永哲郎   太田信   安西眸   
統計数理研究所・東北大学流体科学研究所・材料高等研究所合同ワークショップ   2021年4月21日   
 
神 容慶   北村 洸   太田 信   安西 眸   麦倉 俊司   森 菜緒子   
第54回 日本生体医工学会東北支部大会   2021年1月23日   
 
Yutaro Kohata   Hitomi Anzai   Makoto Ohta   Meghane Decroocq   Carole Frindel   Simon RIT   
2ND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COMPUTATIONAL BIOFLUID 2020   2020年12月16日   

所属学協会

 
 
   
 
日本バイオレオロジー学会
 
   
 
日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
MRA血管走行・壁ストレス標準モデルを用いた脳卒中リスクの可視化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
麦倉 俊司 太田 信 安西 眸 森 菜緒子 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
血液透析シャント狭窄を防ぐ埋込型デバイスの研究開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
梶山 愛 木下 知 鈴木 智之 太田 信 安西 眸 片平 晋太郎 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
3Dプリンタ用PVA材料の構造および熱物性と適応部位の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
太田 信 岡本 吉弘 安西 眸 庄島 正明 TUPIN SIMON 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
脳動脈瘤の進展・破裂抑止と弾性壁効果
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山口 隆平 田中 学 太田 信 TUPIN SIMON 安西 眸 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
飛沫発生シミュレーションによる新型コロナオ ミックス予測の開発 -新型コロナオミックスと サブミクロン流体力学を基盤としたエアロゾル 飛沫及び吸着シミュレーションの開発-
三菱総合研究所: ポストコロナ時代の実現に向けた主要技術の実証・導入に係る事業企画
安西 眸 高奈 秀匡 早川 晃弘 大林 茂 太田 信 赤池 孝章 松永 哲郎 
研究期間: 2021年9月 - 2022年3月

学術貢献活動

 
 

メディア報道

 
 
khb東日本放送   チャージ!   2022年2月   [テレビ・ラジオ番組]
 
仙台放送   Live news イット!   2022年2月   [テレビ・ラジオ番組]
 
河北新報 ONLINE NEWS   2021年11月   [インターネットメディア]
 
日本経済新聞   2021年11月   [インターネットメディア]
 
日経産業新聞   日経産業新聞   2021年3月   [新聞・雑誌]

その他

 
 
As a new targeted, focal treatment of prostate cancer, we evaluate the potential use of steam ablation.
To avoid undesirable side-effect, it is important to ablate only cancerous tissue.
In this project, computational simulation is used to evaluate thermal propagation around medical devices and to optimize the methodology of steam ablation.
 
 
申請者が独自に開発した最適化プログラムに注目され、次世代高速チップマウンター用の高速応答微少流量計の開発に必要な基礎データの収集を行った。本成果は次世代流量計の開発方向性を決める一因として用いられた。