言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 落合 恭子
 

落合 恭子

 
アバター
研究者氏名落合 恭子
 
オチアイ キョウコ
URLhttp://www.biochem.med.tohoku.ac.jp/members/index.html
所属東北大学
部署大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 細胞生物学講座 生物化学分野
職名助教
学位博士(医学)(広島大学)
科研費研究者番号10455785
J-Global ID201401047400820168

研究キーワード

 
クロマチン制御 ,B細胞分化制御 ,遺伝子発現ネットワーク ,転写因子

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 転写因子機能制御
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2011年
 - 
現在
東北大学大学院 医学系研究科生物化学分野 助教 
 
2007年
 - 
2011年
シカゴ大学  Research associate 
 
2007年
   
 
東北大学大学院 医学系研究科生物化学分野 研究支援者 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年1月
広島大学 医歯薬学総合研究科 創生医科学専攻
 
1996年4月
 - 
2002年3月
広島大学 歯学部 歯学科
 

論文

 
 
Kyoko Ochiai   Hiroki Shima   Tsuyoshi Ikura   Marissa C Franke   Evelyn P Sievert   Roger Sciammas   Kazuhiko Igarashi   
STAR protocols   2(3) 100633-100633   2021年9月   [査読有り][招待有り]
Molecular-level understanding of plasma cell (PC) differentiation has been modeled using lipopolysaccharide (LPS) stimulation in vitro. However, this system does not involve the B-cell receptor (BCR)-a critical component of B cell biology. Here, w...
 
Kyoko Ochiai   Mari Yamaoka   Amrutha Swaminathan   Hiroki Shima   Hitoshi Hiura   Mitsuyo Matsumoto   Daisuke Kurotaki   Jun Nakabayashi   Ryo Funayama   Keiko Nakayama   Takahiro Arima   Tomokatsu Ikawa   Tomohiko Tamura   Roger Sciammas   Philippe Bouvet   Tapas K Kundu   Kazuhiko Igarashi   
Cell reports   33(12) 108517-108517   2020年12月   [査読有り]
The chromatin protein positive coactivator 4 (PC4) has multiple functions, including chromatin compaction. However, its role in immune cells is largely unknown. We show that PC4 orchestrates chromatin structure and gene expression in mature B cell...
 
Ochiai K   Kondo H   Okamura Y   Shima H   Kurokochi Y   Kimura K   Funayama R   Nagashima T   Nakayama K   Yui K   Kinoshita K   Igarashi K   
Blood Advances   2(8) 883-894   2018年4月   [査読有り]
 
Toru Tamahara   Kyoko Ochiai   Akihiko Muto   Yukinari Kato   Nicolas Sax   Mitsuyo Matsumoto   Takeyoshi Koseki   Kazuhiko Igarashi   
MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   37(24)    2017年12月   [査読有り]
The transcription factor Bach2 regulates both acquired and innate immunity at multiple steps, including antibody class switching and regulatory T cell development in activated B and T cells, respectively. However, little is known about the molecul...
 
Kazuhiko Igarashi   Kyoko Ochiai   Ari Itoh-Nakadai   Akihiko Muto   
IMMUNOLOGICAL REVIEWS   261(1) 116-125   2014年9月   [査読有り]
Bach2 is a basic region-leucine zipper (bZip) transcription factor that forms heterodimers with small Maf oncoproteins and binds to target genes, thus repressing their expression. Bach2 is required for class switch recombination (CSR) and somatic ...

MISC

 
 
落合恭子   
臨床免疫・アレルギー科   71(3) 1-7   2019年
 
落合 恭子   
炎症と免疫   24(3) 249-252   2016年4月   
細胞分化には種々の遺伝子の発現調節が不可欠である。転写因子は、直接標的遺伝子およびその下流因子群を制御する遺伝子発現ネットワークを起動する。細胞分化における転写因子遺伝子発現ネットワークは単独ではなく、複数の遺伝子発現ネットワークが影響し合う。プレB細胞分化では、少なくとも転写因子Foxo1、IRF4おのおのが制御する遺伝子発現ネットワークが協調して機能する。形質細胞分化では、IRF4は蛋白質量に依存した結合モチーフを介して複数種の遺伝子発現ネットワークを起動することで、遺伝子組換え反応と...
 
落合 恭子   
上原記念生命科学財団研究報告集   29 1-3   2015年12月   
転写因子は、細胞特異的または分化段階特異的に標的遺伝子発現を制御することで細胞分化の方向性を決定する。これまでに、転写因子クロマチン免疫沈降シークエンス法と遺伝子発現解析の双方を実施し、細胞分化誘導時における転写因子直接標的遺伝子を同定した。そして、転写因子と標的遺伝子が構築するGRN(Gene regulatory network)が細胞分化制御に機能することを明らかにした。GRNは、転写因子機能による細胞分化制御の本質であり、ときに自己が制御する遺伝子群によって自己機能増強または減弱を...
 
落合 恭子   
血液内科   68(5) 712-718   2014年5月   
 
玉原亨   佐藤好宏   落合恭子   五十嵐和彦   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0731 (WEB ONLY)   2014年   

講演・口頭発表等

 
 
落合 恭子   
第42回 日本分子生物学会年会   2019年12月5日   
 
落合 恭子   
第41回 日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
 
落合 恭子   
7th Meeting of the Asian Forum of Chromosome and Chromatin Biology   2018年11月15日   [招待有り]
 
落合 恭子   
第46回日本免疫学会学術集会   2017年12月14日   
 
落合 恭子   
The 2017 Japan-NIH Joint Symposium on Advances in Biomedical Research and Disease   2017年2月16日