言語の選択:
 

研究者紹介

東北大学研究者紹介は本学の研究内容や研究者情報を広く社会に紹介するものです。
 

お知らせ

_
 

検索

研究者検索結果一覧 >> 深見 俊輔
 

深見 俊輔

 
アバター
研究者氏名深見 俊輔
 
フカミ シュンスケ
URLhttp://www.spin.riec.tohoku.ac.jp/
所属東北大学
部署電気通信研究所 ナノ・スピン実験施設 スピントロニクス研究室
職名教授
学位博士(工学)(名古屋大学)
J-Global ID201401054922962988

研究キーワード

 
半導体集積回路 ,磁性材料 ,スピントロニクス

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 応用物性 / 

受賞

 
2021年3月
一般財団法人丸文財団, 丸文研究奨励賞,トンネル磁気抵抗素子を用いた確率論的コンピューターの原理実証
深見俊輔 
 
2019年9月
応用物理学会, 優秀論文賞,Analogue spin–orbit torque device for artificial-neural-network-based associative memory operation
William A. Borders 秋間学尚 深見俊輔 守谷哲 栗原祥太 堀尾喜彦 佐藤茂雄 大野英男 
 
2019年3月
田中貴金属記念財団, 「貴金属に関わる研究助成金」ゴールド賞,CoPt系ナノコンポジット材料を用いたアナログナノスピンメモリ素子の創製と脳型情報処理応用
深見 俊輔 
 
2018年9月
日本磁気学会, 優秀研究賞,高速メモリ・人工神経回路網応用に向けた不揮発性スピントロニクス素子技術に関する研究
深見 俊輔 
 
2018年6月
Asian Union of Magnetics Societies, Young Researchers Award,Spin-orbit torque switching and its applications – from high-speed memory to artificial neural network –
深見 俊輔 
 

論文

 
 
Jonathan Gibbons   Takaaki Dohi   Vivek P. Amin   Fei Xue   Haowen Ren   Jun-Wen Xu   Hanu Arava   Soho Shim   Hilal Saglam   Yuzi Liu   John E. Pearson   Nadya Mason   Amanda K. Petford-Long   Paul M. Haney   Mark D. Stiles   Eric E. Fullerton   Andrew D. Kent   Shunsuke Fukami   Axel Hoffmann   
Physical Review Applied   18(2)    2022年8月
 
 
Hiroto Masuda   Takeshi Seki   Yuta Yamane   Rajkumar Modak   Ken-ichi Uchida   Jun’ichi Ieda   Yong-Chang Lau   Shunsuke Fukami   Koki Takanashi   
Physical Review Applied   17 054036-1-054036-9   2022年5月   [査読有り]
 
Tomohiro Uchimura   Ju-Young Yoon   Yuma Sato   Yutaro Takeuchi   Shun Kanai   Ryota Takechi   Keisuke Kishi   Yuta Yamane   Samik DuttaGupta   Jun'ichi Ieda   Hideo Ohno   Shunsuke Fukami   
APPLIED PHYSICS LETTERS   120(17)    2022年4月
We perform hysteresis-loop measurement and domain imaging for ( 1 (1) over bar 00 )-oriented D0(19)-Mn3+xSn1-x (-0.11 <= x <= 0.14) thin films using the magneto-optical Kerr effect (MOKE) and compare it with the anomalous Hall effect (AHE) measure...
 
Yuta Yamane   Shunsuke Fukami   Jun'ichi Ieda   
PHYSICAL REVIEW LETTERS   128(14)    2022年4月
We extend the theory of emergent inductance, which has recently been discovered in spiral magnets, to arbitrary magnetic textures by taking into account spin-orbit couplings arising in the absence of spatial inversion symmetry. We propose a new co...

MISC

 
 
Durgesh Kumar   Tianli Jin   Rachid Sbiaa   Mathias Kläui   Subhankar Bedanta   Shunsuke Fukami   Dafine Ravelosona   See Hun Yang   Xiaoxi Liu   S. N. Piramanayagam   
Physics Reports   958 1-35   2022年5月
Digital data, generated by corporate and individual users, is growing day by day due to a vast range of digital applications. Magnetic hard disk drives (HDDs) currently fulfill the demand for storage space, required by this data growth. Although f...
 
J. Grollier   D. Querlioz   K. Y. Camsari   K. Everschor-Sitte   S. Fukami   M. D. Stiles   
Nature Electronics   3(7) 360-370   2020年7月
Neuromorphic computing uses brain-inspired principles to design circuits that can perform computational tasks with superior power efficiency to conventional computers. Approaches that use traditional electronic devices to create artificial neurons...
 
深見俊輔   大野英男   
日本学術振興会 先端ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会 平成30年度 第6回研究会資料 「スピントロニクスの新たな展開と展望」   17-25   2019年2月   [招待有り]
 
深見 俊輔   大野 英男   
物理科学雑誌『パリティ』   33(12) 60-63   2018年12月   [査読有り][招待有り]
 
深見俊輔   大野英男   
日本磁気学会誌『まぐね』   13(5) 223-228   2018年11月   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
IEEE Magnetics Society
 
   
 
日本磁気学会
 
   
 
応用物理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ブレインモルフィックコンピューティングハードウェア基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
堀尾 喜彦 池口 徹 加藤 秀行 香取 勇一 KURENKOV ALEKSANDR 佐藤 茂雄 島田 裕 鈴木 秀幸 深見 俊輔 藤原 寛太郎 
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
 
ノンコリニアスピントロニクス
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(S)
深見 俊輔 家田 淳一 DUTTAGUPTA SAMIK 金井 駿 張 超亮 
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月
 
スピントロニクスを用いた人工知能ハードウェアパラダイムの創成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別推進研究
大野 英男 遠藤 哲郎 鈴木 大輔 佐藤 茂雄 堀尾 喜彦 深見 俊輔 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
ノンコリニアスピントロニクス
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
深見 俊輔 家田 淳一 DUTTAGUPTA SAMIK 金井 駿 張 超亮 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
反強磁性ヘテロ構造におけるスピン軌道トルク磁化反転の空間・元素・時間分解観察
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
深見 俊輔 KURENKOV ALEKSANDR DUTTAGUPTA SAMIK LLANDRO Justin 
研究期間: 2018年10月 - 2020年3月

その他

 
 
本研究では極微細世代(30nm以下)での電流誘起磁壁移動を実現する新方式を提案し、微細ナノ磁性体の新たな物理を開拓する。またそこで確立した知見をもとに3次元磁壁移動デバイスの世界初の動作実証へと発展させる。
 
 
本研究では、スピン軌道相互作用に由来するトルク―スピン軌道トルク―を用いた新しい磁化制御方式の基礎物理を確立し、それを用いた3端子磁気メモリ素子の実用化のための基盤技術を構築する。