言語の選択:
 

総長

 

大野 英男

 
アバター
研究者氏名大野 英男
 
オオノ ヒデオ
URLhttp://www.ohno.riec.tohoku.ac.jp/japanese/index.html
所属東北大学
部署
職名総長
学位工学博士(東京大学)
J-Global ID200901092204595402

プロフィール

1982年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。
1982年北海道大学工学部講師、1983年北海道大学工学部助教授、この間に1988年~1990年 アメリカ合衆国IBM T. J. Watson Research Center客員研究員。1994年東北大学工学部教授、1995年東北大学電気通信研究所教授(2013年~2018年 所長)。あわせて2010年東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター長、2010年東北大学原子分子材料科学高等研究機構主任研究者、2012年東北大学国際集積エレクトロニクス研究開発センター教授、2016年東北大学スピントロニクス学術連携研究教育センター長を務め、2018年第22代東北大学総長。
2010年~2014年 内閣府 最先端研究開発支援プログラム「省エネルギー・スピントロニクス論理集積回路の研究開発」中心研究者。
専門分野:スピントロニクス、半導体物理・半導体工学

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 結晶工学 / 半導体結晶成長
  • ナノテク・材料 / 応用物性 / 半導体結晶成長
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 半導体デバイス
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学 / 半導体スピントロニクス

委員歴

 
2018年1月
 - 
現在
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  フェロー
 
2013年3月
 - 
現在
American Physical Society (APS)  フェロー
 
2010年4月
 - 
現在
Journal of SPIN  Editional Board (Consulting Editor)
 
2009年4月
 - 
現在
Journal of Magnetics, Korean Magnetics Society  Overseas Editor
 
2009年4月
 - 
現在
NPG Asia Materials  Advisory Board
 

受賞

 
2019年5月
ISCS Heinrich Welker Award,Seminal contributions to the materials science, physics of ferromagnetic III-V semiconductors and spintronics
 
2018年1月
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)フェロー
 
2016年11月
NEC C&C財団, 2016年度C&C賞,スピントロニクス技術に関する先駆的先導的研究への貢献
 
2016年11月
茨城県科学技術振興財団, 第13回江崎玲於奈賞,強磁性物質におけるスピンの電気的制御と素子応用に関する先駆的研究
 
2015年3月
応用物理学会, 応用物理学会化合物半導体エレクトロニクス業績賞(赤﨑勇賞),強磁性化合物半導体の創成とスピントロニクスの先導的研究
 

論文

 
 
Rajeswari Roy Chowdhury   Samik DuttaGupta   Chandan Patra   Oleg A. Tretiakov   Sudarshan Sharma   Shunsuke Fukami   Hideo Ohno   Ravi Prakash Singh   
Scientific Reports   11(1)    2021年7月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Two-dimensional (2D) van der Waals (vdW) magnetic materials have attracted a lot of attention owing to the stabilization of long range magnetic order down to atomic dimensions, and the prospect of novel spintronic devices wi...
 
Takaaki Dohi   Shunsuke Fukami   Hideo Ohno   
Physical Review B   103(21)    2021年6月   [査読有り]
 
Ju-Young Yoon   Yutaro Takeuchi   Samik DuttaGupta   Yuta Yamane   Shun Kanai   Jun’ichi Ieda   Hideo Ohno   Shunsuke Fukami   
AIP Advances   11(6) 065318-065318   2021年6月   [査読有り]
 
Yutaro Takeuchi   Yuta Yamane   Ju-Young Yoon   Ryuichi Itoh   Butsurin Jinnai   Shun Kanai   Jun’ichi Ieda   Shunsuke Fukami   Hideo Ohno   
Nature Materials      2021年5月   [査読有り]
 
Raghav Sharma   Rahul Mishra   Tung Ngo   Yong-Xin Guo   Shunsuke Fukami   Hideo Sato   Hideo Ohno   Hyunsoo Yang   
Nature Communications   12(1)    2021年5月   [査読有り]
<title>Abstract</title>The mutual synchronization of spin-torque oscillators (STOs) is critical for communication, energy harvesting and neuromorphic applications. Short range magnetic coupling-based synchronization has spatial restrictions (few µ...

MISC

 
 
S. Fukami   M. Yamanouchi   T. Koyama   K. Ueda   Y. Yoshimura   K. J. Kim   D. Chiba   D. Chiba   H. Honjo   N. Sakimura   R. Nebashi   Y. Kato   Y. Tsuji   A. Morioka   K. Kinoshita   S. Miura   T. Suzuki   H. Tanigawa   S. Ikeda   S. Ikeda   T. Sugibayashi   N. Kasai   T. Ono   H. Ohno   H. Ohno   
Digest of Technical Papers - Symposium on VLSI Technology   61-62   2012年9月   
High-speed capability and excellent reliability of a magnetic domain wall (DW) motion device required for embedded memory and logic-in-memory applications were achieved by optimizing the film stack structure of Co/Ni wire. Low-current with high-sp...
 
千葉大地   山之内路彦   松倉文礼   T. Dietl   大野英男   
固体物理   42(2) 99-106   2007年2月   
通研インポート200703
 
D. Chiba   F. Matsukura   H. Ohno   
JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   39(13) R215-R225   2006年7月   
Introduction of a high concentration of manganese in III-V semiconductors, such as InAs and GaAs, results in carrier-induced ferromagnetism, which allows us to integrate ferromagnetism in nonmagnetic heterostructures and which modifies their magne...

書籍等出版物

 
 
羽生貴弘, 池田正二, 杉林直彦, 笠井直記, 遠藤哲郎, 大野英男(担当:共著, 範囲:第3章スピントロニクス素子を用いた待機時電力ゼロのLSI技術を提案)
日経BP社   2011年7月29日      
 
T. Dietl, D. Awschalom, M. Kaminska, H. Ohno(担当:編集)
Elsevier Academic Press   2008年11月      
 
T. Dietl, D. Awschalom, M. Kaminska, H. Ohno(担当:共編者(共編著 者))
Elsevier Academic Press   2008年10月   (ISBN:9780080449562)   
 
 
大野英男(担当:単著)
1996年      

講演・口頭発表等

 
 
Spintronics Gateway to Green Society –For smarter, longer, and less -
H. Ohno   
World Materials Forum (online)   2021年6月19日   
 
Spintronics a Gateway to Green Society
H. Ohno   
2021 Spintronics Workshop on LSI (online)   2021年6月13日   
 
What Spintronics Tells You About Future Information Processing
H. Ohno   
NSF Future of Semiconductors and Beyond Workshop, Materials, Devices, and Integration (online)   2021年3月2日   
 
Spintronics nanodevice – From SMALL to SMART
H. Ohno   
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (ICONN 2021) (online)   2021年2月1日   
 
Spintronics Nanodevice – How small can we make it and what else can we use it for
H. Ohno   
On-line SPICE-SPIN+X Seminars (online)   2020年9月20日   

所属学協会

 
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
日本物理学会
 
   
 
アメリカ電気電子学会
 
   
 
アメリカ物理学会
 
   
 
日本結晶成長学会

産業財産権

 
 
大野英男   池田正二   松倉文礼   遠藤将起   金井駿   山本浩之   三浦勝哉   
 
池田正二   大野英男   山本浩之   伊藤顕知   高橋宏昌   
 
 
森安嘉貴   大野英男   大谷啓太   
 
大野英男   池田正二   早川純   

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2012年11月26日
「日本の復興・再生に向けた産学官連携の新しいありかた」パネル討論「イノベーションを支える産学官連携の課題」パネラー
 
【その他】
 2012年10月24日
「三井グループにおいて、異種業種間の業際分野における知識集団としての役割を果たすこと」を目的として活動している三井業際研究所において講演活動を行なった。
 
【その他】
 2012年5月25日
一般を対象に科学について気軽に話し合い、科学の楽しさと社会貢献の姿を知ってもらう。
 
【その他】
 2012年5月19日
「鼎談塩野七生さんを囲んで 瓦礫と大理石:廃墟と繁栄」(鼎談者)
 
【その他】
 2012年2月15日
セミナー&レセプションにおいて講演を行なう

メディア報道

 
 
テレビ朝日   2011年6月   [テレビ・ラジオ番組]
 
東日本放送   2011年1月   [テレビ・ラジオ番組]

その他

 
 
本学は情報通信技術分野とエレクトロニクス材料・デバイス開発に関わるナノテクノロジー分野の研究において長い歴史と実績を有する。これらを継承しながら独創的かつ国際性豊かな研究を行うことのできる人材育成をめざして、世界最高水準の研究開発のための体制を強化し、海外拠点を活用した国際的な教育環境を整備して若手研究者を養成している。
 
 
不揮発性ワーキングメモリを有する耐災害性に優れたコンピュータシステムを実現するために、20nm以下の寸法を有する微細な高速、大容量、耐環境性に優れ、かつ低消費電力を実現する不揮発性スピントロニクスメモリの材料・デバイス技術を開発するとともに、そのコンピュータシステムへの適用法をシミュレーションで明らかにし、耐災害性に優れた安心・安全社会のためにスピントロニクス材料・デバイス基盤技術を確立する。
 
 
電子の持つスピンを利用することで、エネルギーを使わずに情報を記憶することができるスピントロニクス素子を用いた半導体論理集積回路を世界に先駆けて開発する。これにより、従来に比べてエネルギー消費量が極めて少ない電子機器の開発につなげ、省エネルギー社会の実現に貢献する。
 
 
次世代高機能・低消費電力スピンデバイス基盤技術の開発
 
 
スピンダイナミックスとその機能デバイス応用